勃起習慣を大切に
一日一勃ちで生涯現役!
継続は力なり
使わないと衰えるのが「廃用退化」

プロスキーヤーの三浦雄一郎さんが80歳でエベレストの登頂に成功して大きな話題になりました。彼がエベレストに挑戦するきっかけになったのは、プロスキーヤーの現役を退いてからまったくトレーニングをしなくなり、60代のときに数百メートルの小さな山へ登る体力もなくなっていることに気づいて愕然としたからだといいます。
脚力も心肺機能も使わないとだんだん衰えていきます。これは廃用退化とか廃用委縮と言われる現象で、体のある器官を長いあいだ使わないでいると、その器官が機能不全に陥ることがあります。
勃起や射精という男性の性機能も同じで、長いあいだ勃起させず、発射させないで置くと、その能力がじょじょに低下してきます。
「陰茎リハビリテーション」とは?

陰茎リハビリテーションというのは、まさにペニスの廃用委縮を予防するリハビリで、前立腺の摘出手術後に行われます。この手術をすると勃起に関わる神経がダメージを受けて1~2年の間勃起不全の症状が出るからです。
その期間ペニスを勃起しないままに放置すると、陰茎海綿体のスポンジ機能が損なわれて、神経の働きがもとに戻っても硬く勃起しなくなるのです。陰茎リハビリテーションでは、まずED治療薬で勃起をうながしそれで効果がない場合は海綿体への注射などで強制的に勃起させます。
このような手術後に限らず、勃起機能を80代でも90代でも保とうとしたら「1日1勃ち」のベニスのリハビリが有効です。1日に1回はペニスの海綿体に血液を充満して、陰茎動脈の血管機能、海綿体のスポンジ機能に「まだ現役だ」ということを認識させるのです。
1日1勃ちの強力な援軍がED治療薬

若い男性ならセックスをしなくても朝立ちがこのリハビリ機能を果たしますが、朝立ちも弱くなったとかめったになくなったという場合は注意が必要です。中折れが続いてセックスするのが面倒になり、セックスれが続いているという、初期のED症状も放置すると廃用退化が進むことになります。
この「立ちしぶるペニス」を硬く勃起させるリハビリに確実に役立つのが、バイアグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬です。前立腺肥大の手術後のように、とりあえずセックスする予定はなくても、ED治療薬を飲んでAVを見て勃起させるというだけでもリハビリになります。もちろん、ついでにマスターベーションをするのもおおいに結構です。
『セックス以外にバイアグラなんて高価だよ!』と言うのはもっともな話で、昔は考えられなかったことですが、幸い今では『数分の一の薬価』のジェネリックがあります。
1週1発射も大切です

射精については、日本には昔から「淫して漏らさず」などといって射精をガマンするのが偉いかのようなことわざがありますが、それは間違いです。1日1発射はさすがに疲れるでしょうが、60代、70代でも週に1回くらいの射精は心がけたいものです。

人生1回きりです。皆さんも生涯現役を目指されてはどうでしょうか。
不安、緊張でED治療薬の効果が落ちる?

セックスで過去にうまく勃起できなかった、途中で硬さがなくなり中折れしたなどの経験はある意味「トラウマ」として脳裏に残り、次もまた同じように勃起できずにセックスで失敗するのではないかという不安を感じます。
不安や緊張などは自律神経の「交感神経」が優勢になっている状態で、神経がピリピリした状態になり、勃起の邪魔をします。
そういった場合、ED治療薬の効果が落ちやすく、セックスにはリラックス状態(いわゆる自律神経の副交感神経が優勢な状態)が必要なのです。
不安や緊張でED治療薬の効果がいまいちという方は「安定剤」による心身のリラックス効果を利用することができます。
3大ED治療薬 - 実績とユーザー数なら
ジェネリックED治療薬 - 人気も右肩上がり
早漏改善薬 - 早漏およびEDも同時に改善したい方
効き目が早い「チュアブル錠」 - 噛んで、水無しでも服用可能!
女性用バイアグラ - 女性の快感を大幅アップ
テストステロン補充 - 加齢による性欲、バイタリティの低下に

この商品もいっしょに買われました!