産後の抜け毛の原因と対策

近年、抜け毛は男性だけに限らず多くの女性が悩む深刻な問題になっています。抜け毛の原因には様々な要因が考えられ主なものとして老化、ストレス、過剰なダイエットなどが挙げられます。

 

また頭皮の血行不良が原因で毛根に栄養が行き届かなくなり髪が未成長のまま抜けてしまうこともあります。

そして女性特有の悩みとして産後の抜け毛があります。出産によりホルモンのバランスが崩れ、脱毛が起こりやすくなり、放置したままでいると1年以上も継続することもありますので、当然子育てする母親にとっては大きなストレスになります。

■産後の抜け毛の要因

抜け毛の期間には個人差がありますが、半年~一年程すると、子宮や卵巣などの身体機能が妊娠前の状態に戻り、それに伴い女性ホルモンの分泌も正常に戻りますので髪の毛も自然と生えてきます。産後脱毛症は原因を探り、早めに対処することが必要になってきます。

 

出産経験のない方にとっては産後脱毛症というのはあまりピンとこないかもしれませんが、産後に抜け毛の症状が現れる割合は全体の約7割程といわれ一度抜け始めると、約半年抜け続けると言われています。

先程も説明がありましたが産後の抜け毛の主な原因は女性ホルモンの減少が大きく関係しています。

 

女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンの2種類があり、妊娠をしていない時はプロゲステロンとエストロゲンが2週間ごとに交互に働きますが、妊娠中はプロゲステロンのみが優位に働くためホルモンバランスが乱れ身体に何らかに支障をきたし抜け毛を引き起こします。

 

女性ホルモンは妊娠中、子宮形成や流産防止などの妊娠維持の為に働きます。そして妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンの分泌量が多くなりますので髪にボリュームが出やすくなります。

 

しかし、産後はプロゲステロンの分泌が一気に減少するため、妊娠中とは真逆になってしまい髪の毛が細く弱くなって抜け毛も増えやすくなります。その他にも出産後の育児による生活リズムの変化や精神的なストレスなども抜け毛が増える要因として考えられています。

 

ただし、出産後の抜け毛の増加は決して珍しいことではなく多くの方が経験することですので、抜け毛が増えてきたからといって必要以上に神経質になると、それがストレスとなり、かえって髪に悪影響を与えてしまいます。

■産後の抜け毛の対策と治療

産後の抜け毛の対策として、いつも以上に頭皮と髪の毛に気をつかいながら生活していくことが重要です。効率的な対策と早めの対処をすることで以前のような美しい髪を取り戻すことができます。

 

生活のリズムを整える

 

産後は赤ちゃんの夜泣きや授乳など赤ちゃん中心の生活になります。産後は特に女性の体質が変わりやすく、コンディションを整えるのが難しいです。育児で睡眠時間が十分に確保できず疲労も重なることで頭皮環境も悪化し抜け毛が増えやすくなります。

 

また、育児が忙しく自分の食事がしっかり摂れないことで栄養不足になることも抜け毛と関係があるようです。

産後の生活習慣の変化は誰でも経験することですが、忙しい中でもできるだけ生活のリズムは整えるように対処していきましょう。

 

まずは睡眠ですが、育児期間は睡眠時間が減る事は仕方のないことですが、睡眠に質を高めることで抜け毛の改善には効果的です。22時~2時の間は副交感神経が活性する時間帯ですので、その時間に睡眠を摂ることが質の良い睡眠をとるポイントです。

 

この時間帯に睡眠を摂ることができれば、睡眠時間が多少短くなっても効果があるのですが、育児をしながら決まった時間に睡眠をとることは簡単ではありません。もし睡眠での抜け毛改善が難しい場合は、食事で生活のリズムを整える方法もあります。

 

抜け毛の改善に効果があると言われる栄養素に、カルシウム、ミネラル、たんぱく質、ビタミンB群があります。これらの栄養素を含む食事を意識的に摂取することで抜け毛改善に期待できます。最近では効率的に栄養素が摂取できるサプリメントもありますので、食事の時間がゆっくりとれない方はサプリメントを試してみると良いでしょう。

 

ストレス解消が大事

 

産後の抜け毛対策で最も効果的と言われているのがストレス解消です。育児は睡眠不足などが原因で体力的な問題だけでなく、精神的にも不安定になってしまうことがあります。そのような精神的ストレスを溜めこむことで育児ノイローゼに陥ってしまう場合も少なくありません。

 

たまには息抜きとして自分の趣味や好きな事をしてストレスを解消したり、育児の悩みを相談したるすることでストレス解消になります。産後の悩みを抱えているいる母親は周りにも数多くいるはずです。ママ友達と悩みを共有したり、一緒に楽しむ事がストレス解消には大きな効果をもたらします。過度なストレスは抜け毛を促進させてしまう働きがあるので、適度な息抜きは必要不可欠です。

 

育児はストレスがたまって当然です。ほとんどの方が産後3ヶ月で最初の育児ストレスのピークがやってきて3ヶ月を過ぎると徐々に軽減されていくと言われています。これはあくまで一般的な例であり、育児は長期戦ですので、長い育児を乗り越えていくために一番良い解消法は、自分が少しでも楽な気持ちになれる環境を作る事だと考えます。

 

薄毛予防には適度な運動

 

髪の毛は血液の循環によって大きな影響を受けます。産後は血行不良になりやすく、髪の毛自体が弱く髪の毛が健康でないため抜けやすくなります。血流を良くするには固まった体をほぐすことが効果的ですので運動も必要になります。

 

運動の際の注意点として、出産で増加した体重を無理に減らそうとして急激に運動したり、過剰なダイエットをしたりすると、ホルモンバランスが崩れ栄養失調になる恐れもあり、髪の毛に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

無理のない適度な運動は血行促進には非常に効果がありおすすめです。まずは、誰でも簡単にできるウォーキングから始めてみると良いと思います。また、お風呂上りや、就寝前にマッサージやストレッチで首や肩などをほぐしてあげると頭皮への血流を促しますので効果的です。

 

適度な運動は筋肉の緊張を和らげ、頭皮への血流が良くなるので抜け毛予防に期待できます。運動は継続することが大事ですので、無理をせず続けられる簡単な運動から始めてみてはいかがでしょうか。

■育毛剤で効率的に薄毛改善

産後の抜け毛は女性にとってはデリケートな悩みであり、できるだけ早く対処したいところです。現在は女性専用育毛剤というものがあり、授乳中でも安心して使える育毛剤があるので、産後の抜け毛予防として、妊娠中からでも使用できます。

 

産後に育毛剤を使う場合は、頭皮にやさしいものを選ぶことをおすすめします。具体的には余計な添加物が含まれていない無添加のものが良いでしょう。添加物は頭皮への刺激となりますので、授乳中の場合は特に無添加の育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

産後は授乳期となりますので、自分の体に使用するものは赤ちゃんへの影響を十分に考えてから使用する必要があります。体の中に成分を入れるときは特に気をつかうようにしましょう。

 

薄毛が進行してしまうと、元の状態に戻すのに長い時間を要することになります。産後の抜け毛を安易に考える事はトラブルのリスクを高めてしまうので、決して放っておかず早めの対策を行っていきましょう。少しでも異変に気づいたら頭皮ケアを開始しましょう。

 

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る