男性が悩む「勃起不全」と「精力減退」-原因と対処方法は?

■男性が悩む「勃起不全」と「精力減退」-原因と対処方法は?

男性の悩みの中で多くを占めるのが、「勃起不全」と「精力減退」といわれています。どちらも同じ系列に並べられてしまいがちですが、それぞれに症状と原因はことなります。勃起不全とは、いわゆるEDと呼ばれている男性の性機能障害のことです。この場合、性欲は普通にあるのに、なぜか勃起しないとか、性行為の最中に萎えてしまうというような症状が起きます。性欲はあるので、男性にとっては悩ましい症状であり、男性としての自信を無くしてしまう人もいるようです。

 

勃起不全というと、加齢が原因ではと思われがちですが、実は20代の若い男性にも増えているので要注意です。中高年の男性に生じる勃起不全は、加齢による男性ホルモンのテストステロンが減少することに伴う性欲低下が原因であることが多いのですが、若い男性の場合は仕事などによるストレスが主な原因となります。勃起不全の改善には、バイアグラやシアリス、トレビアといったED治療薬を使うのが効果的です。ただ、勃起不全の治療には保険が効かないため、高額になることが少なくありません。個人輸入だと安く手に入ることもありますが、その場合もかかりつけの医師にまずは相談するのがオススメです。

 

精力減退は、男性ホルモンのテストステロンの分泌が減少してしまうことが原因で起こります。最近では男性でも更年期障害になるという認識は増えてきましたが、このテストステロンの減少は男性の更年期障害を誘発します。更年期障害になると、性欲がわかなくなってしまいますし、勃起力が低下して、全身に力がみなぎらなくなってしまい、結果として精力減退につながってしまうのです。ですから、精力減退を改善するには、加齢やストレスによるテストステロンの分泌量の減少を抑えることが重要になってきます。食生活やストレスを溜めない生活を送ることは基本ですが、減っていくテストステロンの量をキープするには、男性ホルモンの薬や、その分泌を促進する精力剤を使うことも効果的です。

 

■テストステロンの量をキープするには?ー精のつく食事をするだけでは不十分?

30代半ば過ぎから性欲の減退を感じる男性は少なくないようですが、その理由のひとつが男性ホルモン・テストステロンの減少だと言われています。男らしさを発揮させる役割を持つテストステロンは20代をピークに加齢とともに減少していきますので、このテストステロンの分泌量を増やしたり、性欲を高める効果のある成分を食材やサプリメントで摂り入れることが必要になります。特に性欲を高める栄養素として効果があるのが、亜鉛やビタミンB群、アルギニンといったビタミンやミネラル類です。

 

こうした栄養素は性欲を高める効果が確かにありますが、体内でしっかりと作用させるためにはストレスを溜め込まないことや適度な運動をすることが大切になってきます。ストレスや運動不足が性欲減退や精力低下にどうかかわっているかを考えつつ、どのようにストレスを発散し適度な運動を継続できるか方法を紹介していきたいと思います。

 

ストレスを溜め込んでしまうと、疲労感が溜まり、やる気も失われていきます。やる気がなくなると、仕事だけでなく性生活に対する意欲も減退していってしまうものです。可能であればストレスのない状況で生活するのが好ましいですが、現代社会に生きている以上はストレスから逃れるというのは不可能に近いことです。それで、ストレスをうまく発散させて溜め込まないようにしていくことが重要になります。その方法としておススメなのが運動です。

 

運動をすると気分転換になりますし、体がリラックスした状態にすることができますのでストレスを発散することができます。とはいえ、適度な運動をする効果はストレスの発散だけではありません。運動不足になると体内の代謝が落ち、血液の流れも滞りがちになり血管の健康状態も衰えていきます。血液の流れが悪く、血管の状態も悪いとED(勃起不全)になりやすくなります。それでウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動をして血行や血管の状態を改善するようにしましょう。

 

ストレスを溜め込まないようにし、適度な運動をしながら、性欲を高める亜鉛やビタミンB群、アルギニンなどのミネラルを食材やサプリから摂り入れることで、一度落ちた性欲でも再び高めることができるでしょう。

 

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

性欲・精力・バイタリティの改善に
3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック