男性更年期障害を予防するためにできることは?

■男性更年期障害を予防するためにできることは?

男性が更年期障害を発症してしまうと、集中力の低下や無気力、不眠、不安感、イライラさらには勃起障害を含む精力の低下に悩まされることになります。こうした更年期の症状が出はじめてしまうと、以前の生活に戻るまでにかなりの体力と気力が必要になります。更年期障害は早いと40代前半から表われてくると言われていますので、30代後半から更年期障害の予防に取り組んでおくと安心です。

 

更年期障害の原因は男性ホルモンのテストステロンの分泌が急に減少してしまう事で起こります。テストステロン値は20代をピークに年々低下していくものですが、緩やかな減少が続いていけばホルモンバランスが急激に崩れて体の不調を感じるという事はありません。ただ、過度のストレスや生活習慣の乱れていると急激にテストステロン値が低下してしまい、様々な更年期障害の症状が表われてしまうことがあります。

 

それで、男性更年期障害の予防のためにまず、ストレスを溜め込まないようにすること、また質の良い睡眠をしっかり取ることなどが大切です。更年期障害に大きく関わっているテストステロンは、夜間眠っている間に分泌されるため、ぐっすりと眠ることはそれだけで更年期予防になります。また、軽い筋トレやウォーキングなどの有酸素運動、ストレッチだけでもテストステロンの分泌が促進されますので、習慣にするようにしましょう。

 

テストステロンの分泌量を増やすためには、コレステロールが含まれた食材―例えば、卵・魚卵・肝などーを摂り入れることもお勧めです。コレステロールはテストステロンの原料になる有機化合物の一種ですので、過剰摂取にならないように気を付けながら摂り入れると効果的です。栄養バランスのとれた食生活、適度な運動、十分な睡眠、ストレスを溜めない健康的な生活習慣を送ることでテストステロンの分泌を促進し、更年期障害を予防することができます。

■男性ホルモン・テストステロンは体内でどう作用する?

それでは、ホルモン・テストステロンは体内でどう作用するかより詳しく見てみましょう。

テストステロン値の低下は、実は性欲の低下に大きく関わっていると言われています。実際、テストステロン値が低下している男性の20%近くが性欲低下や勃起障害であることを認識しています。

 

それで、最近「性欲が落ちた」「昔のように完全な勃起になかなか至らない」「途中で中折れしてしまう」といった精力に関する悩みを感じだしたら、テストステロン値を上げることで悩みを解消することができるかもしれません。性欲が低下していたり、勃起障害といった症状が表われていたりするようであれば、適度な運動をし、十分な睡眠と栄養バランスのとれた食事をすることで改善することができます。

 

テストステロンの分泌が活発になると、器質性の勃起力の低下を改善することができます。器質性のものとは体に何らかの原因があって物理的に勃起が阻害されている状態のことですが、その原因のひとつにテストステロンの内部分泌機能の低下が挙げられます。それで、テストステロンの分泌量を増やすことができれば、完全な勃起、そして中折れしない勃起力を回復させることができるかもしれません。ちなみに器質性の反対は心因性ということで、器質性がどういうものかちょっとイメージしやすいかもしれません。

 

テストステロンの分泌量を増加させるには、タンパク質を充分に摂る事や十分な睡眠、女性と話す、オナニーを控えるなど幾つかの方法がありますが、一番気軽にできるところでは男性ホルモンを増加させるサプリメントを摂取することです。中折れの改善や勃起力のアップに効果があるアミノ酸の一種にアルギニンがありますが、このアミノ酸は男性ホルモン・テストステロンの分泌も促進してくれますので、この成分が入ったサプリメントを服用していくと性欲の低下や勃起障害に悩まされることを防ぐことができるでしょう。

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

性欲・精力・バイタリティの改善には
3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック