知っておくべき女性に多い5つのの病気

■知っておくべき女性に多い5つのの病気

女性に特有の病気といえば、卵巣、子宮、乳房に関係する病気ですが、中でも多いのは次の5つの病気です。女性のQOL(生活の質)を高めるために、それぞれの病気の「症状の特徴」をぜひ知っておいて、もし発症したときには早めに治療をスタートできるようにしましょう。

■子宮筋腫

女性の4~5人に1人は発症する、婦人科系ではもっとも多い病気です。子宮筋腫は良性の腫瘍で生命には関わりませんが、強い生理痛の原因になります。これから子どもを作ろうという女性にとっては不妊症の原因になります。

筋腫の大きさや数は人によって違いますが、女性ホルモンのエストロゲンの分泌によって起きるので、閉経後は筋腫は小さくなります。しかし、毎月月経のときに強い痛みがあるので、もちろん閉経まで辛抱するというわけにはいきません。

治療には手術で子宮をあるいは筋腫だけを切除する方法と、ホルモン療法で一時的に閉経状態を作る方法があります。どの治療を選択するかは、年齢や症状によって医師と相談しながら決めます。月経痛の痛みは鎮痛剤で和らげることができます。

■子宮内膜症

受精卵が着床するベッドになる子宮内膜が、子宮以外の場所でも発達して周期的に成長と剥落をくり返す病気です。強い生理痛があるほか、卵巣などにチョコレート嚢胞とよばれる血液のかたまりができることがあります。

子宮筋腫と同じエストロゲン依存性の病気で、女性の10人に1人が発症するといわれています。妊娠経験がない、初潮年齢が低かったなど、結果的に月経の回数が多かった女性が40代になって発症するというのが典型的なケースです。

治療にはやはり手術と薬物療法の選択肢があります。将来妊娠を希望するかなど、ケースバイケースで選択します。痛みを抑えるには痛みの原因となるプロスタグランディンの分泌を抑える薬が処方されます。

■乳がん

乳がんも妊娠経験がない、初潮が早かったなど、エストロゲンの分泌する器官の長かった人が発症しやすい病気です。乳がんには日本の女性の18人に1人が罹患し、年々罹患率が高くなる傾向にあります。

乳がんは早期発見で治る確率の高いがんなので、「定期健診・早期発見」が何より大切です。

■卵巣嚢腫(のうしゅ)

巣にできる良性の腫瘍で、分泌液がたまって袋状にふくらんだものが卵巣嚢腫です。若い女性にも発症する可能性があり進行すると不妊症の原因になりますが、自覚症状がほとんどありません。

早期発見には定期的な婦人科診断が必要です。治療は手術と経過観察に分れますが、手術で卵巣の片方を摘出しても妊娠の可能性はあります。

■子宮頸がん

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)というウィルスの感染が原因でできるがんで、性行為のときに感染すると考えられています。したがって性行為でのコンドーム使用が予防に効果があります。

HPVに感染しているかどうかは子宮の入り口から粘液のサンプルを取ることで簡単に検査することができます。早期に発見すると治癒率が高く、妊娠・出産も可能です。

女性ホルモンを効率よく補給するには
  • プレミアコンティニュアス

    プレミアコンティニュアス

    エストロゲン・黄体ホルモン配合剤です。顔・頸部・胸部のほてり、顔面紅潮、激しい熱と体中の発汗等の症状を伴ってあらわれる更年期障害や骨粗鬆症に服用されています。

    1箱あたり¥8,780〜

    ご購入はこちら

  • プレマリンクリーム(女性ホルモン)5箱パック

    プレマリンクリーム(女性ホルモン)5箱パック

    エストロゲン欠乏による更年期障害の女性ホルモン(卵胞ホルモン)補充療法として用いられれるホルモン薬です。

    1箱あたり¥2,050〜

    ご購入はこちら

商品一覧を見る

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る