種類・原因別の脱毛症治療法

脱毛には様々な種類があることをご存知でしょうか。

いわゆる男性のハゲと言われている男性型脱毛、女性に起こるびまん性の脱毛、ストレスによる円形脱毛症、他にはやけどやアザ、事故後、内科的疾患、薬剤による副作用、白癬菌感染などによる脱毛があります。自分で髪の毛を引き抜いてしまうことによる脱毛は、小学生くらいの子供に起こることがありトリコチロマニアと呼ばれています。

今回は比較的多い男性型脱毛と女性のびまん性脱毛について原因や治療法についてまとめます。

男性型脱毛は思春期以降の日本人男性の約30%に起こる可能性があり、500万人から1000万人が治療を希望していると言われています。前頭部や頭頂部など局所的に始まることが多く、最終的に全体に進行することもあります。原因としては遺伝や頭皮の弾力性の低下、老化、ストレス、暑さ、不適切なヘアケアなどが挙げられます。遺伝傾向があることは分かっていますが、未だに脱毛症に関連する遺伝子は特定されていません。人間の皮膚は加齢と共に弾力性が減少して硬くなりますが、頭皮にも同じことが起こります。頭皮の弾力性が低下すると毛包の血流が低下し、脱毛を起こしやすいと言われています。しかし頭皮が柔らかい人でも脱毛を起こすことがあるので、全ての人に当てはまるわけではないようです。暑い夏の後に脱毛が進行する人がいるため、日光による頭皮へのダメージが原因の1つとして考えられています。またシャンプーやドライヤーの過度な使用、パーマやカラーリングなど不適切なヘアケアを行うと毛包にダメージを与えてしまうことがあります。男性型脱毛症には男性ホルモンの関与が指摘されており、女性ホルモン剤や抗男性ホルモン剤などが使用されることがありますが副作用が起きることもあります。他には血管拡張剤や栄養剤などが治療に用いられることがあります。

女性のびまん性脱毛症は中年期以降の女性に多く、男性型脱毛症のような局所から始まるわけではなく全体的に薄くなる傾向があります。そのため髪の毛の分け目が目立つようになった、水に濡れた後に頭皮が目立つなどで気付くことが多いです。原因としては、血行障害やストレス、過度なダイエットによる栄養不足、出産によるホルモンバランスの変化、貧血、ピルの副作用、肥満、過度のヘアケアなどが考えられます。男性型脱毛と違って男性ホルモンの関与は大きくないと言われており、治療には血流改善薬や栄養剤が使用されます。


女性・男性の薄毛に効果がある育毛剤とは 

最近は女性にも脱毛症が増えていると言われています。

男性型脱毛症の場合には前頭部や頭頂部などの局所から始まり全体へ進行しますが、女性型脱毛症の場合には全体的に薄くなるという特徴があります。男性型脱毛症は男性ホルモンが関与していると分かっており、プロペシアという男性ホルモンの生成を抑制する内服薬が適応になっています。しかし女性の脱毛症の場合には、男性ホルモンの関与も多少はあるとは言われていますが他の要因も大きく、詳細が不明なため副作用を考慮しプロペシアは使用してはいけないことになっています。今回は女性の方にも使える育毛剤を紹介します。

女性型脱毛症は中年以降に見られることが多いと言われていますが、最近では30歳代から薄毛に悩む女性が増えています。その原因としては女性の社会進出によるストレスの増大、生活習慣の乱れなどが考えられます。女性の薄毛の場合には、全体的に薄くなってくるので髪の毛の分け目が目立つ、ヘアスタイルが決まらない、水に濡れると地肌が目立つなどで気付くことが多いです。原因としては先ほど挙げたストレス、生活習慣の乱れだけではなく、女性ホルモンの変化、肥満、栄養不足、過度のヘアケア、動脈硬化の進行、ピルの内服などがあります。出産後に脱毛を経験した女性も多いと思いますが、女性ホルモンと髪は大きく関係しています。女性は年齢と共に女性ホルモンが減少し、閉経と共に更年期を迎えます。それに伴い薄毛が進行するのは自然な現象です。一方で最近では30歳代からプレ更年期と呼ばれ、薄毛や更年期障害のようないらいら、頭痛、めまいなどの症状に悩まされる女性もいます。

つまり女性が薄毛のための育毛剤を選ぶ時には、ストレスや生活習慣による頭皮やヘアサイクルの乱れを改善するもの、つまり頭皮の血行を促進し保湿も行うタイプの育毛剤か女性ホルモンに似た働きをもつ成分を含んだ育毛剤が良いと考えられます。

今回は3つの女性のための育毛剤を紹介します。まず「花蘭咲」ですが、この育毛剤は血行促進作用の高い特許成分が配合されており幅広い年齢層に使用できます。もう1つは「マイナチュレ」で、女性用育毛剤の定番とも言われ世界基準の品質審査をクリアし、安心して使用できます。薄毛で悩む30歳代の女性からも支持されている育毛剤で、有効成分が血行促進や毛根細胞の活性化を行い、頭皮環境を髪が育ちやすい状態へ変化させるそうです。最後に紹介するのは女性ホルモンの働きに注目して開発された「デルメッド ヘアエッセンス」です。年齢と共に減少する女性ホルモンに着目しているので、女性特有の薄毛の悩みの改善に効果が期待されています。自分に合った育毛剤を使用しながら、生活習慣も改善し薄毛の悩みを克服しましょう。

 

育毛剤の「プロペシア」の効果と注意点 

男性型脱毛症は思春期以降の男性には誰でも起こる可能性があります。日本人では約30%の男性が男性型脱毛症になり、500万人から1000万人が治療を希望しているとも言われています。白人の場合にはもっと多いことがわかっています。

男性型脱毛症に対して厚生労働省が認可している医薬品は、プロペシアとミノキシジルになります。ミノキシジルは血管拡張薬として知られ頭皮の血行改善に効果があると言われています。プロペシアは男性ホルモンを抑制することによって男性型脱毛症に効果があると認められています。

男性型脱毛症の原因として、男性ホルモンの過剰分泌との関連が指摘されています。男性ホルモンであるテストステロンからジヒドロテストステロンに変換され、ジヒドロテストステロンが毛包に作用すると毛髪が細くなり、抜けやすくなることがわかっています。プロペシアは、テストステロンからジヒドロテストステロンに変換する酵素を阻害し、結果的にジヒドロテストステロンの産生を抑制します。すでに世界60か国以上で使用されており、国内でも臨床試験が行われ有効性、安全性が確認されています。具体的にはプロペシア1mgの1年間内服で58%、2年間内服で68%、3年間内服で78%の改善効果が認められました。またプロペシア1mgの1年間内服で40%、2年間で31%、3年間で20%の現状維持効果が認められました。男性型脱毛は放っておくとどんどん進行すると言われている中で、改善効果と現状維持効果を合算すると98%以上の方に何らかの効果を認めたことになります。ただし、この研究の対象者は心身ともに健康な20歳以上50歳以下の方が対象だったので、20歳未満の方には適応がなく、50歳以上の方には同様の効果が見られない可能性もあります。また男性ホルモンが大きく関与している男性型脱毛症には適応がありますが、男性ホルモンの関与が少ないと推定されている女性のびまん性脱毛症には適応がありません。

プロペシアは3か月以上の継続内服により効果が発現する可能性があると言われていますが、少なくとも6か月以上内服して効果を見る必要があります。途中で内服を中止すると元の状態に戻るか、脱毛が進行していきます。副作用としては、性欲減退やインポテンツがありますが国内では1%未満の頻度です。ただ頻度は多くありませんが、肝機能障害や過敏症などの重度の副作用を起こすこともあるため内服後に異変を感じた場合には早めに医師に相談するように勧められています。

 

この商品もいっしょに買われました!