童貞EDはED治療薬で確実に改善できる

■勃起不全の種類

勃起不全には2種類あり器質性EDと心因性EDがあります。器質性とは、身体の血流が悪くなったり、男性ホルモンの分泌量が低下したりすることにより勃起することができなくなってしまう症状のことを言います。心因性EDは一度の性交の失敗が要因となって性交ができなくなったりすることをいいます。例えば初めての性交にあまりにも緊張してしまい勃起不全になることを、ED治療の専門家の間では「童貞ED」と呼んでいます。童貞EDの特徴としては、前戯の段階ではカッチカチに勃起していたものが、いざ挿入するという時に膣の入り口をスムーズに見つけることができないなどの理由で焦りと緊張が高まり、徐々に萎えていってしまうというものです。このような方は意外と多く、治療がなかなか難しいです。

■心因性のEDの改善には

この童貞EDは一般に心因性のEDという括りになりますので、童貞EDを改善するためにはリラックスして心の余裕を持つことが大切になってきます。基本的には何よりも体調を整えることです。体調管理をすることで基本的な体質改善が少しづつ行われていきます。そして、精神的にも落ち着きとゆとりを得られるようになり自分本来の勃起力が徐々に戻ってきます。そして気持ちを切り替える事が大事です。行為中勃起しなかったり、1~2回失敗しただけで、また次も勃起しないのではないかと思い悩む傾向が童貞の方にはあります。男性の精神状態はペニスにとても強く影響します。ですので1~2回失敗したとしても勃起しないと思い込むのではなく前向き思うことがとても大事です。実際、心で前向きに思うまでには時間がかかる方もいるかと思いますそこで、性交時に勃起不全にならないようにED治療薬を用いり緊張が原因で失敗しないようにED治療薬を使用する方法もあります。薬に頼りたくないという気持ちも分かりますが初体験だと、上手くいかないことがどうしてもあり失敗が続くことでさらに深みにはまってしまう恐れもありますので出来るだけ万全な状態で臨む方が良いと思います。童貞の方の勃起不全は一度成功して自信がつくことで次からの行為は上手くいく方が多いのでED治療薬に頼るのも1つの手ではないでしょうか。

■パートナーの助けを借りることも一つの手

初めての性交に緊張して最初のうまく挿入できずに萎えてしまうとしても、パートナーの助けを借りることで基本的にはその晩のうちになんとかなるものです。ただ、童貞EDをその日のうちに解決できずにこじらせてしまうと、ED症状を治すのが難しくなってしまいます。次の機会の時にも前回の失敗が頭をよぎり、今回は何としても挿入に成功しなければならないとプレッシャーを感じて「また勃たない…」という悪循環にはまりかねないからです。自慰行為ではちゃんと勃起するし射精もできるのに本番になると勃起しないという童貞の方は多いです。このほとんどが初めての性交での緊張が原因と考えられています。人間は自分が経験した事がないことには強く不安を感じることが多く、それが緊張状態につながっています。これは心因性の一時的な勃起不全で緊張型EDと呼ばれています。

心因性が要因のEDの方の特徴としてプライドの高い方が多い傾向があります。性交に対する男のプライドはEDを発症しやすくなりますので相手にEDである事をカミングアウトすることもED改善の1つの方法です。EDであることが相手に知られると男として頼りにされなくなるのではないかと心配するのは思い込みにすぎません。自分がEDだと告白することで、女性の方からED克服の為に誘導してくれる場合もありますし、ED治療薬服用への理解をしてくれるはずですので、開き直り勃起しない事実を告げる事も必要でしょう。EDを告白することで安心感がでてリラックスした状態になり自然とED改善につながっていくことでしょう。一度自信を無くしたとしても童貞の方は失敗よりも性交への好奇心が強いので一度うまくいけば自信を取り戻すので、あまり深刻な状態にならないのがほとんどですので、性格的に緊張しやすい方は部屋を暗くするなど自分が安心できる状態を作ることが大切です。

■ED治療薬で緊張緩和や中折れを防止する

童貞のまま結婚し、初夜でこの童貞EDの症状が出てしまうと男性にとっても女性にとっても心の傷が大きくなってしまいます。これが2回目でうまくいったら問題がありませんが、悪循環にはまりEDのためにセックスレスになると離婚にまで発展しかねない可能性がなくもありません。それで、初めてのセックスに失敗したのであれば、無策で2回目のチャレンジをするのは危険です。その前に、自信を持てる材料や自分を奮い立たせる強い味方を手に入れておくことが必要です。自信を手に入れたり、自分を奮い立たせたりするのにうってつけなのはED治療薬です。即効性を求めるのであればバイアグラ、レビトラ、シアリスといったED治療薬があります。勃起不全に効果があり、性的な刺激を受けた時に正常な勃起を促してくれる安全なお薬です。どれも1時間以内に効いてくるので行為の1時間前に服用しておけば良いでしょう。

その中でも、一番の即効性と強さを誇るレビトラがお勧めです。レビトラは、男性機能の勃起不全や、勃起を持続できない方の治療を目的としたED治療薬です。空腹時に服用すれば最低5時間~6時間の効果がみられます。一方シアリスは、長時間の勃起効果のために早めに飲むことで自然な勃起感がでてきます。また、性交中挿入までは勃起していたのに途中で中折れしてしまう方もおります。中折れして射精もできない状態ではお互いに満足できません。そのような方にもED治療薬は手助けしてくれると思います。ED治療薬の有効性は、約80%以上あると言われ非常に高い効果が期待できます。また童貞でも健康な方であれば有効率は95% とさらに高くなります。ED治療薬はただ飲めばいいと言う訳ではなく、服用のタイミングが重要になってきます。ED治療薬は空腹時に空腹時に服用しなければ効果は下がってしまいますので注意が必要です。また、使用を考えている方は常用薬がある場合や既往歴は必ず医師に申告して服用できるか確認してもらうようにしましょう。ED治療薬は説明を聞いて正しく使用することをお勧めします。

■ED治療薬の効果

ED治療薬は、男性が服用することで、いずれも身体の血管を拡張させ全身の血液の流れを安定させ、陰茎の海綿体に直接作用して勃起を促しますので、エッチな気分になったり、性的な刺激を受けたりしたら効果がはっきり現れます。この状態にしておけば、すぐに萎えてしまうという心配がないので、落ち着いて挿入することができます。童貞EDは早く成功体験を積んで自信を付けることが一番の解決方法です。自信がつけばその後ED治療薬に頼らずともセックスを楽しむことができるでしょう。

ED治療薬は、タバコのニコチンや飲酒によるアルコールの様に中毒性、依存性、または妊娠への心配はありませんのでニトログリセリンとの併用以外に関してはとても安全なお薬といえるでしょう。男性の勃起というのは非常に繊細なもので童貞の方に限らず多くの男性が持っている悩みですので、一人で悩んでいるようでしたら決してそうではないので安心してください。たとえ自分の気持ちが後ろ向きであっても薬は陰茎に直接働きかけてくれますので、自信をつける元となってくれると思います。

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

もっとナイトライフを楽しむ
現役サポート!夜の強い味方
満足度UP!お役立ちアイテム

この商品もいっしょに買われました!