緑内障・白内障

緑内障は眼圧が高くなることで視神経が圧迫され視野が欠けていく症状です。白内障はレンズにあたる水晶体がにごり見えにくくなる症状です。

【緑内障・白内障の症状】

緑内障は眼圧が高いなどが原因で目の神経が損傷し、視力が障害されていく症状です。緑内障は視野の中心より少しずれたところから視野が欠けはじめますが最初は気がつかないことが多く、症状が進むにつれ視野が狭くなっていきます。放置すると光を失う可能性がある恐ろしい疾患です。

白内障は水晶体のにごりが原因で、早い人では50歳代でかすみ目の症状が現れてきます。白内障の症状が出始める頃は年齢的にも老眼と思い込んでしまいがちです。光をまぶしく感じたり、文字がぼやけて見える、暗くなると物が見づらくなるなどの症状があれば、病院で早めに検査をしてもらいましょう。

【緑内障・白内障の改善方法】

緑内障は症状の進行を遅らせることが大切です。極度の興奮やイライラは眼圧を上昇させます。ストレスを溜め込まないようにしましょう。無理な姿勢で長時間目を酷使するのは眼圧が上がるのでよくありません。

コーヒー、緑茶などカフェインの取りすぎにも注意しましょう。白内障は初期では進行を遅らせることができる場合もありますが、改善は一般に難しく、必要以上に目に負担をかけることは避けましょう。

【緑内障・白内障の治療薬】

緑内障の治療薬にはアルファガン点眼薬(酒石酸ブリモニジン)などがあります。目の中を流れる房水の産生の抑え、流出を促進するので眼圧を下げる効果に優れています。白内障の治療薬にはキャンC、シーナック(Nアセテルカルノシン)があります。

白内障は進行すると手術という治療しかありませんでしたが、これらのお薬は加齢や糖尿病性の白内障の改善に効果があるといわれています。現在使用している薬があれば併用できるかどうかの注意が必要です。

おすすめ商品

オススメ商品

キャンC(白内障点眼薬)

  • 成分:Nアセチルカルノシンなど
詳細はこちら
オススメ商品

シーナック(白内障点眼薬)

  • 成分:Nアセチルカルノシンなど
詳細はこちら

この商品もいっしょに買われました!