胃もたれやげっぷ・・・
機能性ディスペプシア
可能性があります
食べすぎてもいないのに胃もたれがするのは何故?

脂っこいものを食べすぎたときに胃がもたれたり、早食いをした後にげっぷが出たりすることは誰にでもありますが、ふつうに食事をしていてもよくこういう症状が出る場合は機能性ディスペプシアという病気の可能性があります。

聞き慣れない病名だと思いますが、最近見つかった病気というわけではなく、以前は慢性胃炎とか神経性胃炎と呼ばれていたものです。名前が変わったの理由は、内視鏡で見てもどこにも炎症を起こしていないことが多く、胃炎という病名がふさわしくないと判断されたからです。
内視鏡で見ても異常は見つからない

内視鏡で見ても異常はないのに胃の機能に異常があるのが機能性ディスペプシアです。ディスペプシアとは消化不良のことです。症状としては、胃もたれ、げっぷの他に、胃部膨満感、胸焼け、胃痛などがあります。物を食べも胃が広がらず、すぐに満腹感を感じてしまい、それ以上食べると胃が痛くなるという症状が出る日ともあります。

見たところはどこも悪くないのにこういう症状がある原因はよく分っていませんが、何らかの理由で胃の神経が過敏になっている、あるいは胃の運動機能に異常が出ているせいだと考えられています。精神的なストレスや不規則な生活、睡眠不足、過労などが関係していることが多いようです。

以前の呼名の神経性胃炎といえば思い当たる人が多いでしょうが、機能性ディスペプシアはめずらしい病気ではなく、日本人の4人に1人はかかっている病気だという調査もあります。
機能性ディスペプシアの治療は?

機能性ディスペプシアの治療は、まず胃に炎症や潰瘍など器質性の病気がないことを確認してから行ないます。治療薬としては、症状に合わせて「胃の運動を活発にする薬」や「胃酸の分泌を抑制する薬」などが使用されます。場合によっては、抗うつ剤や抗不安薬が処方されることもあります。ピロリ菌に感染している場合は、それを除去することが症状が改善することもあります。

また、機能性ディスペプシアでは薬物療法よりもむしろ、生活習慣の見直しと改善が重要になります。ストレスのない生活をしなさいと言ってもムリな面があるので、まず①充分な睡眠②運動③規則正しい食事が大切です。タバコを吸っている人は「禁煙しなさい」と言われることを覚悟してください。空腹時にタバコを吸ったときの胃にキューっとくる感じを思い出してみると、タバコの胃への影響がよく分ります。
食後の胃痛は胃潰瘍かも

空腹のときに胃が痛くなるのは十二指腸潰瘍の特徴ですが、食事中や食後にきまって胃が痛くなるときは胃潰瘍の可能性があります。どちらも痛みの原因は胃酸が粘膜を荒らし、浸食するからです。治療はディスペプシア同様にプロトンポンプ阻害薬などで胃酸を過度な分泌を抑えることです。
H2ブロッカーとプロトンポンプ阻害薬の違いは?

胃や消化器官系の疾患の主要な原因は「胃酸の過剰分泌」で、H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)、プロトンポンプ阻害薬が主に用いられます。何れも、過剰な胃酸の分泌を抑制して「胸焼け」「胃炎」「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「逆流性食道炎」などを改善する主要なお薬です。胃酸分泌を抑制する作用が「プロトンポンプ阻害薬」のほうが強く、作用が長く続きます。また、プロトンポンプ阻害薬は抗生物質と一緒にピロリ菌の除去にも用いられます。
胃のトラブルに - プロトンポンプ阻害薬

この商品もいっしょに買われました!