脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多い場所を中心に起こる皮膚炎のことです。主に頭皮や顔(特に鼻の周りなど)に発生し、生後3か月くらいまでの赤ちゃんと、思春期以降の成人に多い病気として有名。

赤ちゃんの場合、自然治癒することも多いですが、成人の場合、慢性化して再発を繰り返すことがあるため適切な治療が必要です。

【脂漏性皮膚炎の症状】

脂漏性皮膚炎の症状はかゆみ、炎症、皮膚のカサつきなどがあります。とくに頭皮に発生することが多く、皮膚がはがれてくるためフケと勘違いしてしまうことが多いです。放置してしまうと皮脂が酸化して、ニオイを放つ原因になったり、脱毛の原因にもなります。

脂漏性皮膚炎のおもな原因は「マラセチア」という真菌(カビ)。マラセチアは皮脂を好み、皮脂が多い場所で繁殖します。この菌は誰にでも存在する常在菌ですが、皮脂の過剰分泌などによって、大きく繁殖してしまうと、その老廃物が皮膚に悪影響を与えてしまうのです。

【脂漏性皮膚炎の改善方法】

おもな原因はマラセチアですから、この菌を発生させないことが改善方法に繋がります。具体的にはマラセチアの増殖を抑えるための薬の使用や、皮膚を清潔に保つことが脂漏性皮膚炎の改善に役立ちます。

【脂漏性皮膚炎の治療薬】

脂漏性皮膚炎の治療薬には、マラセチアの増殖を防ぐ抗真菌薬と、炎症を抑えるためのステロイド外用薬があります。 かゆみが強い場合、抗ヒスタミン剤やビタミン剤を使用することもあります。また、頭皮に症状がある場合、専用のシャンプーもおすすめです。

『KZローション(ケトコナゾール)」という専用シャンプーがあり、脂漏性皮膚炎の症状を抑えて、フケやかゆみを防いでくれます。AGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストテロンを抑制する効果もあるため、 育毛シャンプーとしても期待できます。

おすすめ商品

オススメ商品

KZローション(ケトコナゾール)

    プレマリン(Premarin)は、女性ホルモンとして働く卵胞ホルモン薬です。閉経前後に少量を用いることで、更年期障害にともなう不快な症状が改善されると言われています。

詳細はこちら