自律神経の乱れと薄毛の関係

■自律神経の乱れと薄毛の深い関係

現代の社会生活の中で、ストレスがなく暮らしている人は果たしているのでしょうか?身体的、精神的ストレスを抱えながら生きているいる人が多く、仕事やプライベートでストレスを感じない人の方が少ないかもしれません。ストレスなどによって引き起こされる自律神経の乱れは、ホルモンバランスをくずし髪に影響を与えます。 自律神経の崩れは薄毛を進行させる 自律神経は内臓やホルモンの働きを作用する機能があります。緊張状態が続いていると、毛細血管を収縮させ血行が悪くなります。そうなると、栄養を運ぶ血液が減少して本来の発毛サイクルの機能が維持できなくなります。それにより様々な悪影響が起こってきます。例をあげると、血行不良による頭皮環境の悪化、睡眠不足、内臓機能の低下が挙げられます。 では、自律神経の乱れを改善・解消につなげるにはどのような対策があるのでしょうか? 適度な有酸素運動 ウォーキングやジョギング等がおすすめですが、家に中でも軽いストレッチをしたりするだけでも効果はあります。またお風呂に入りリフレッシュするのも良いでしょう。

■更年期の育毛対策

女性の薄毛の原因はとても複雑で特定するのが難しいと言われています。更年期を迎えると急激に減るのが女性ホルモンです。そのせいで急に薄毛になるなどの特有の症状を引き起こします。それが更年期障害の1つと考えられます。 更年期になると抜け毛が増える理由は、 女性ホルモンにはエストロゲンという毛髪を発達させる働きがあります。

エストロゲンは毛髪の発達だけでなく、毛髪の成長を持続させる働きもあります。その為、女性ホルモンが減少してくると髪の毛の成長が短くなり、本数が減ったり、髪の毛が痩せる現象が起こります。更年期の薄毛は改善が難しいと言われています。 こうなる前になにか予防しておけば良かった、と後悔する前に早めに対処で少しでも進行を遅らせましょう 抜け毛対策は後回しにしないで、異変を感じたら即対策しましょう。 食生活の見直し 髪に効果のある食事を多くとるようにしましょう。特に豆類を意識して摂ることが大切です。

■バランスの良い食事を心がける!

野菜、海藻類を中心に、ミネラルと食物繊維を多く摂るようにして下さい。 ビタミンC摂取はストレス対策にもなります。 必要な栄養素で補う 通常の食事では補うのが難しい栄養素を手軽に摂取する事が出来ます。主な栄養素としては 酵素・ローヤルゼリー・プラセンタ等が有ります。 このように自律神経と薄毛の関係はストレスや身体機能が大きな要因になっていると思われます。ストレスが直接的な原因ではないものの、薄毛との関連性は充分にあります。 まずは、生活習慣を見直し、ストレスを少しでも解消できる環境作りをしていき日常生活で受けるストレスをなるべく少なくする様にしていきましょう。

■規則正しい生活

早寝早起きをすることで、髪やお肌の成長を促すようにしましょう。 特に成長ホルモンが活発な22時~2時の間の睡眠は大事です。頭皮マッサージは、頭皮の下から上に沿ってマッサージすることで血行を促進し新陳代謝を高めることができます。 育毛剤 有効成分が直接的に頭皮の血行を促進します。髪の毛が薄くなり始めたらまず取り入れましょう。 薄毛の原因は色々な要因があるので、対策方法も様々あります。育毛剤やシャンプーもありますがそれ以外にも食生活を改めたり、マッサージで血流を改善したりと手軽な方法もありますので、試してみてください。 効果がなかなか現れなくても、きちんとした対策をしていれば髪はきっと元気に生えてくるのであきらめないで継続するようにして下さい。

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

この商品もいっしょに買われました!