カテゴリー

自慰行為の危険性とEDの関係

自慰行為の危険性とEDの関係

性行為の時になると勃起できない

EDとは、勃起機能の低下を意味しています。EDは一般に言われる性機能障害そのものではなく、その一部の事を指します。性交渉をするために必要である十分な勃起が得られない場合や、勃起を維持できないために性交ができない状態のことです。完全に勃起ができない状態と思う人もいるかも知れませんが、勃起に時間がかかったり勃起しても途中で萎えてしまう方もEDの可能性があります。

EDの中には自慰では問題なく勃起するが、性行為の時になると勃起できない、中折れするなどの症状を持つ人がいます。自慰は人間の性的感情の高ぶりによって起きますが、自慰行為自体は健全な反応であるので問題はありません。自慰行為よりも性交のときに勃起が難しくなる理由は、性交が自分以外の誰かを必要とする行為だからです。逆に自慰行為のときは、リラックスした状態なので副交感神経が働き勃起のメカニズムも機能しやすくなります。性行為は相手がいるからこそ心身共に充実感を得られるものですが、緊張を伴うためにEDの人にはハードルが高くなります。自慰行為は性交時に悪影響を与えるかと言われれば自慰行為自体は悪くないが悪影響を及ぼすこともあると言う事でしょう。

具体的には何が悪いのか、まず挙げられるのが良くない自慰行為の方法により、性交時に勃起しにくくなることがあります。通常の性交とは大きく異なった状態での性的刺激を続けることによって、通常の性交では興奮しなかったり、女性器による刺激では快感が得られなかったり、勃起が持続できないといった問題が起こります。特に若い年齢の20代から30代の方によく見られる症状です。自慰のし過ぎが原因でEDになることがあるのでしょうか? 自慰そのものがしてはいけない行為ではありません。しかし必要以上に強く握り締めたり激しくこすりすぎるなど刺激が強すぎる事をすると、実際の性行為では勃起しにくくなるという例があります。実際に畳にこすり付けるという自慰方法をとっている人もいます。 激しすぎる自慰をしていると女性の膣での刺激では感じにくくなってしまうのです。 激しすぎる自慰をしないように心がけてみる事が必要ですが、急にはやめることもできないでしょう。勃起することは血流を高め、陰茎にある海綿体の萎縮を防ぎます。射精することで前立腺の血流もよくなります。しかし長期間にわたり性交や自慰行為しない状態が続くと、勃起はどんどん困難になっていきます。また睾丸の精子の生産量も落ちてしまいます。その内廃用性萎縮となり体が勝手に使っていない機能は必要ないと判断し、使わないところからどんどん衰えていきます。逆に言えば、使っていれば衰えを防ぐことができるという事になるので、 少しずつ回数を減らしていったり、自慰の方法を変えてみるのもいいかもしれません。

半勃起のまま射精してはいけない

また自慰行為の際の射精までの時間の短さも関係しています。通常自慰行為をする際はあまり時間をかけません。5分ほどで射精まで持っていく方が多いようですが、半勃起のまま射精してはいけません。半勃起のまま射精に慣れそういった習慣が身についてしまっていると、いざ女性と性行為をした際に膣内で挿入する前に射精してしまうことが起きてしまうのです。

この様に自慰行為による様々な影響がありますので、自慰行為はほどほどにしてあまり習慣づけないようにしましょう。また、激しい刺激ではなく、長くゆっくりと刺激をするようにしてみましょう。一般に、男性が自分で力を調節しながら行う自慰行為と女性器との摩擦による快感を比べると後者の方が刺激が弱いため、あまり自慰行為による強い刺激に慣れてしまうと、ペニスを挿入しても快感が得られなくなるようです。 激しい自慰が原因の中折れにはED治療薬が効果的だと言われています。 最初は勃起するのに途中でなえてしまうのは勃起を維持するだけの刺激が続かないのが原因です。EDが気になり始めたら、できるだけ早く対策を始めることが重要です。

EDになる要因はいろいろありますが、特に多いのが心因性と呼ばれる、精神的なストレスなどが原因で起こるEDです。自律神経には交感神経と副交感神経があり、勃起は副交感神経、射精は交感神経がつかさどる言われます。勃起は少しリラックスした方が勃起しやすく、対して射精は攻撃的になっているときに起こりやすいです。人間の体は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っており、人間は順応能力が高いので勃起しにくい場合はED薬で勃起させ、徐々に薬の回数を減らしていく事で改善されます。EDをそのまま放置していたとしても症状が改善されることはありません。むしろ勃起できない期間が長くなるとそれだけ回復も難しくなってしまいます。その続かない勃起をED治療薬で維持させるのです。

ED治療薬は文字通り治療に使うもの

また自慰行為の際の射精までの時間の短さも関係しています。通常自慰行為をする際はあまり時間をかけません。5分ほどで射精まで持っていく方が多いようですが、半勃

ではED治療薬を飲んで自慰行為はどうなのでしょうか? ED治療薬を使い自慰行為を考えている人はED治療薬を単なる勃起補助剤だと思っている所があります。ED治療薬は文字通り治療に使うものなのです。たしかにED治療薬というのは常習性もなければ、体に影響が残る事もありません。また薬効が効かなくなることもありません。作用している間は血行が良くなるので理論的にも健康に良いことにもなっています。ですがED治療薬に頼って勃起させることを当たり前にすると自力で勃起持続する力はつきません。ED治療薬はペニスの海綿体にある勃起阻害物質PDESの動きを封じ込めることで、海綿体からの血液流出をブロックする働きがあります。これはシステマチックな作用であって、この勃起は本来の持続力、勃起力にかかわりなく継続できるということになります。これは、本来持っている持続力や勃起力は使わずに勃起しているということになりますから、いくら薬効に常習性がないと言っても、乱発して使い続ければ、自然に勃起持続力が落ちてしまう可能性があります。

ED治療薬はバイアグラをはじめレビトラ・シアリスなどいくつかの薬がありますが、個人の体質や症状によって効果が変わりますので、専門医に相談して処方してもらう事が重要です。EDで悩んでいる方に知ってもらいたいのはEDとは決して特殊な病気ではないということです。風邪や歯痛と同じように、誰もが発症する可能性のある病気なのです。現代病の代表の1つである、うつ病が心の風邪と言われている様に、EDは性器の風邪のようなものなのです。特に若い人に知っていただきたいのは、EDは高齢者の病気ではなく若い人達にも一般的な病気だということです。EDが多い年齢層として1つは50歳~60歳代で、もう1つは20歳代~30歳代なのです。治療薬として 海外ではジェネリックのED治療薬、カマグラゴールド、タダシップ、ジェビドラなどが発売されており、先発品とほぼ同じ効果を有しますが、個人輸入代行のインターネットなどでは偽物もあり、素人では偽物がどうかはほとんどわからず見分けがつきません。ですので、信用できるルートを選びましょう。 少しでも不安になるようであれば診察を受けて処方してもらう方が確実でしょう。 EDは普通の病気と同じように治療をきちんとすれば症状が好転する病気です。ED症状がでてきたら精神的や肉体的の原因を探って対策を立てる事が大切です。生活習慣病やストレスなどの原因に余裕を持って対処するのが症状改善の近道といえるでしょう。

現役サポート!夜の強い味方
満足度UP!お役立ちアイテム

この商品もいっしょに買われました!