落ち込みがひどい、やる気がでない時は

■うつ病は、特別な人だけがかかる病気ではありません。

これといった理由が思い当たらないのに気分が落ち込んだり、よく眠れなかったりする状態が2週間以上続くと、うつ病の可能性があります。 日本では生涯、約15人に1人がうつ病を経験するといわれているほど身近な病気です。もともと真面目すぎたり、食生活のバランスや生活習慣が乱れがちの人は、うつ病にかかるリスクが高くなるといわれているので、日常生活の中でできる予防法の実践をおすすめします。

■完璧を目指しすぎると心が疲れ、うつ病にかかりやすくなります。

うつ病にかかりやすい性格パターンとして、責任感が強い人、完璧主義の人が挙げられます。仕事をする上で責任感やベストな結果を出そうとする気持ちはとても大切ですが、突き詰めすぎると大きなストレスになります。 現実は、自分の思い描いた通りの結果にならないことの方が多いので「こうでなければいけない」と決めつける思考から、「これでもいいかな」という柔軟な思考に変えることが大切です。

■うつ病は、特別な人だけがかかる病気ではありません。

これといった理由が思い当たらないのに気分が落ち込んだり、よく眠れなかったりする状態が2週間以上続くと、うつ病の可能性があります。 日本では生涯、約15人に1人がうつ病を経験するといわれているほど身近な病気です。もともと真面目すぎたり、食生活のバランスや生活習慣が乱れがちの人は、うつ病にかかるリスクが高くなるといわれているので、日常生活の中でできる予防法の実践をおすすめします。

■完璧を目指しすぎると心が疲れ、うつ病にかかりやすくなります。

うつ病にかかりやすい性格パターンとして、責任感が強い人、完璧主義の人が挙げられます。仕事をする上で責任感やベストな結果を出そうとする気持ちはとても大切ですが、突き詰めすぎると大きなストレスになります。 現実は、自分の思い描いた通りの結果にならないことの方が多いので「こうでなければいけない」と決めつける思考から、「これでもいいかな」という柔軟な思考に変えることが大切です。

■単なる落ち込みではなく、長く続く落ち込みには要注意。

「なんとなく気分がのらない」という日は誰にでもありますが、うつ病は、これといった理由が思い当たらないのに、ひどく落ち込んだ気分になり、それが長く続く状態のことをいいます。 うつの症状には、精神的なものと身体的なものがあります。精神的症状としては、気分の落ち込み、趣味が楽しめなくなる、集中力がなくなる、人と会うのがいやになる、マイナス思考になる、死にたくなる…などが代表的です。身体的症状としては、不眠または寝すぎる、食欲不振または食べ過ぎる、疲れやすい、月経不順、頭痛や肩こりなどが挙げられます。

■ 嬉しい出来事さえ、うつ病のきっかけに。

うつ病の発症には、脳の神経伝達物質の減少が関わっているといわれています。発症のきっかけとして最も大きいのはストレスです。職場などでの人間関係の悩み、肉親との死別、離婚など、誰が見てもストレスがかかる出来事はもちろん、結婚や昇進、出産などといった喜ばしいはずの出来事も、本人がストレスを感じていればうつ病のきっかけとなり得るのです。

■脳内の神経伝達物質・セロトニンを増やしてうつ病を予防。

うつ病は脳内の神経伝達物質であるセロトニンの働きが悪くなることで発症するといわれています。つまり、セロトニンを増やすことがうつ病予防につながるといえるのです。 セロトニンは、トリプトファンという成分からつくられます。トリプトファンはバナナやプロセスチーズ、豆乳などに多く含まれているので、これらの食品を積極的に摂るとよいでしょう。

■太陽の光とリズム運動でセロトニンを増やしましょう。

セロトニンを増やすもうひとつの方法として、太陽の光を浴びることが挙げられます。朝、起きたらすぐにカーテンを開けたり、明るい時間に散歩に行くなどして、日光を浴びることをおすすめします。 夜間勤務などで昼間に睡眠をとらなければいけない人は、部屋の中で足踏みなどのリズムを刻む運動を1日10分やることで、セロトニンの分泌をよくすることができるそうです。

■ うつ病で病院に行く目安は?

ひどい落ち込みなど、うつ病らしき症状が2週間以上続く場合は受診した方がいいでしょう。早く治療を始めるほど回復も早いといわれます。 治療としては、抗うつ薬の服用や精神療法(カウンセリングなど)が中心になります。お栗に抵抗感を持つ人は多いですが、分泌が悪くなってしまった脳の神経伝達物質の働きを高める作用があるので、抑うつ気分が取り除かれ不安や緊張も和らぎます。うつ病は脳に問題があって発症する病気なので、気の持ちようだけで治すのは簡単なことではありません。我慢しないで、お薬の力を借りることを考えてみましょう。

 

良質な睡眠で健康UP
  • メラトニン

    メラトニン

    眠りを誘うホルモン「メラトニン」のジェネリック薬「メロセット」です。内在性のメラトニンは、周期的なリズムと内部の同調に働き、睡眠サイクルやホルモンリズムを整えます。

    1箱あたり¥2,216〜

    ご購入はこちら

  • 植物性メラトニン3mg

    植物性メラトニン3mg

    メラトニンは、脳内の松果体(しょうかたい)から分泌されるホルモンの一種で、脈拍、体温、血圧を調整し、睡眠と覚醒のリズムを作り出す成分です。メラトニンが体内時計に働きかけることにより、通常は暗い場所で夜間と認知されると分泌され、日中の日光の光により分泌が抑えられます。

    1箱あたり¥2,193〜

    ご購入はこちら

  • 【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善)

    【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善)

    タガラは心と身体をリラックスさせて、不眠症や睡眠障害を改善する天然成分配合のサプリメントです。インドのアーユルヴェーダでは睡眠導入剤として使われています。

    1箱あたり¥2,193〜

    ご購入はこちら

SSRI系抗うつ剤
  • プロザック

    プロザック

    プロザックは脳内伝達物質セロトニンの受容体をブロックすることで、セロトニンの再取り込みを阻害し、脳内のセロトニン濃度を高めるSSRI系抗うつ剤です。

    1箱あたり¥ 2,396〜

    ご購入はこちら

  • フルニル20mg

    フルニル20mg

    フルニルは塩酸フルオキセチンを有効成分としたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とよばれる第三世代の抗うつ剤です。

    1箱あたり¥ 3,056〜

    ご購入はこちら

  • パキシルジェネリック(ペクセップ)20mg

    パキシルジェネリック(ペクセップ)20mg

    タガラは心と身体をリラックスさせて、不眠症や睡眠障害を改善する天然成分配合のサプリメントです。インドのアーユルヴェーダでは睡眠導入剤として使われています。

    1箱あたり¥ 7,626〜

    ご購入はこちら

商品一覧を見る