薄毛や抜け毛のメカニズムについて

最近、髪の毛が抜けやすかったり、薄毛が気になってきたと言う方はいませんか?人間の体内には男性ホルモンがあり、この男性ホルモンは筋肉を作ったり髭を生やしたりする働きがあるのですが、男性ホルモンは薄毛と大きな関係があると言われています。

また薄毛の原因の1つとして生活習慣の変化も関係していると言われています。近年では薄毛に悩んでいる女性の方も多く、男性と同様に髪の毛を気にしている方が多いです。

薄毛の原因は人それぞれ異なり、さまざまな要因によって引き起こされることになります。薄毛や抜け毛が起こる原因はとても深刻な問題であり、必ず何らかの原因があって薄毛になっているわけですのでメカニズムと根本原因を説明していきたいと思います。

薄毛対策をはじめようと考えるならば、薄毛になった根本的な原因を探ることが、最適な対策をするために重要になってきます。薄毛や抜け毛のメカニズムを理解しておくことで効率的な対策をきちんとたてることができます。

■AGAのメカニズム(男性型脱毛症)

AGAとは男性型脱毛症のことであり、男性ホルモンが主な要因となって起こる病気です。症状として前頭部や頭頂部が薄くなることが多く、最初は抜け毛が増えてきて次第に毛髪が細くなっていき最終的には地肌が見える程になります。

男性ホルモンとAGAは密接な関係があると言われていますが、男性ホルモンが直接的に脱毛を働きかけているわけではありません。男性ホルモンの一種にテストステロンがありますが、AGAの要因はこのテストステロンが頭皮に存在する5α-リダクターゼという還元酵素が出会うことで毛サイクルに異常を引き起こします。

テストステロンが5α-リダクターゼによってDHTに変化し、これにアンドロゲンレセプターが反応することで抜け毛になるという流れがAGAのメカニズムになります。

テストステロンは本来すべての男性にあるものですが、個人差が出てくる理由として2つの原因が考えられます。その1つにAGAの一番の要因でもある5αリダクターゼの活性の高さが関係してきます。5αリダクターゼが高い人はDHTに代謝される量が多くなるので薄毛になりやすいと言われています。

そして、もう1つに要因としてアンドロゲンレセプターの感受性によって変わってきます。毛乳頭に存在するアンドロゲンレセプターにDHTが反応することで抜け毛が起こることから、このアンドロゲンレセプターの感受性が高い方ほどAGAになりやすいといえます。

■女性の薄毛におけるメカニズム

薄毛に悩む女性は年々増加の傾向にあり、今では10人に1人の女性が薄毛に悩んでいるといわれています。薄毛は男性だけのものではなく、多くの女性が悩みを抱える時代になりました。

男性の場合一般的にホルモンや遺伝子が薄毛に関係していることが多いですが、女性の場合は、男性ホルモンの影響はほとんどうけることがないので男性とは薄毛の原因が異なる場合があります。

男女ともに薄毛の原因にはストレスや生活習慣の乱れが影響している場合があるのですが、女性の場合は男性に比べると特にストレスや生活習慣が主な原因になってきます。

そして、女性の薄毛の特徴として抜け毛により薄くなるというよりも毛髪がやせ細ってしまうため全体的にボリュームが無くなり薄くなったように感じます。

女性の薄毛や抜け毛は、ホルモンバランスの乱れが主な要因であり仕事上のストレスや不眠による睡眠不足など不規則な生活習慣が引き金になって発症してしまうことも少なくありません。

また、女性の薄毛の原因には女性ホルモンのバランスや頭皮の血行の悪さが原因になっていることもあり、ホルモンバランスの減少により女性も少量もっている男性ホルモンが優位になり、抜け毛につながることがあります。そして、頭皮の血行が悪いと栄養が髪の毛に届かず髪の毛のボリュームがなくなってしまうこともあります。

これらのことから抜け毛を防ぐためにはホルモンバランスを整えて、頭皮の血行を良くしていくことが大事です。

■ 生活習慣の乱れが引き起こす薄毛への影響

生活習慣や食生活の乱れは薄毛に大きな影響を与えると言われています。その中で食事からの影響ですが不規則な食事習慣と脂っこい食事の摂り過ぎが髪の毛に悪影響を与えると考えます。

その理由として、脂っこい食事を摂りすぎることで5αリダクターゼとジヒドロテストステロンが結ぶ付きやすくなり、ジヒドロテストステロンを生みだす事で男性ホルモンのテストステロンが増えます。よって頭皮から過剰に皮脂が分泌され毛穴がつまることで薄毛を引き起こすとされています。それに加え、現代人に多いバランスの悪い食事がさらに薄毛への影響を強めることになります。

そして、毛髪の成長に深い関係のある睡眠時間も大事になってきます。健康な毛髪を生みだすために必要な成長ホルモンは睡眠中にたくさん分泌されるのですが、仕事やプライベートが忙しく睡眠時間を十分にとらなかったりすると成長ホルモンが分泌されず肌や髪に行き届きません。

睡眠は身体の修復や維持するために必要なものですが、睡眠不足で一番影響を受けるのが髪だと言われています。睡眠不足になると男性ホルモンが過剰になり分泌も増えるため頭皮がべたつきやすくなり毛穴が詰まりやすくなります。

また、直接的な原因ではありませんが運動不足も薄毛に影響があると言われています。AGAの原因として男性ホルモンの働きが関係しており、運動不足は男性ホルモンのバランスを崩しやすくなるためAGAを引き起こす要因となることがあります。

適度な運動をすることで血行が改善され新陳代謝が活性化され、男性ホルモンのバランスを整えてくれる効果がありますので、薄毛の治療には正しい運動を合わせることが効果的になります。

 

■ 薄毛の予防と改善策について

薄毛の予防や改善には頭皮の血行促進が重要になってきます。血行を良くするためには生活習慣を改善する必要があります。

上記でも説明しましたが、血の巡りを良くするには運動と食事のバランスが大事になってきます。適度な運動で必要な筋肉量をつけることで血流を良好に保つことができます。そして食事に関してですが、脂肪分を多く摂ることで、血液の流れはどんどん悪くなります。血液の状態を改善するためには肉や揚物などの脂っこい食事はなるべく控え、青魚や野菜を意識して摂るようにしましょう。

また、薄毛はストレスとの関係性が非常に高く、意識的にストレスを発散することが薄毛や抜け毛の軽減につながります。ストレスは血管を収縮させてしまい髪に悪影響を与えることになります。自分の趣味などでストレスを発散する方法もありますが、精神的なリラックス効果があっても体の中はリラックスできていない場合があります。

一日のストレスをリセットする意味でもおすすめなのが就寝前のストレッチです。体をほぐすイメージでゆっくりと行うと良いでしょう。他にもゆっくりとお風呂に入りながら肩や首などをマッサージするのもリラックス効果があるのでおすすめです。大事なのは気持ちが落ち着く時間を確保することです。

そして、薄毛の予防・改善には育毛剤の利用も方法の1つです。生活習慣の改善だけでは難しい場合、育毛剤を使いながら生活習慣を改善することで効率的に予防・治療ができます。育毛剤を使うことで血行を促進し髪の毛に栄養が行きわたる働きをしてくれますので薄毛改善する上で優れた効果を発揮してくれます。ただし育毛剤の効果を最大限に得るためには生活習慣の改善が必要ですので覚えておきましょう。

 

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

AGAには、フィナステリド薬(抜け毛防止)
発毛促進には、ミノキシジル薬