ベストケンコーで取り扱いのピルには、大きくわけで2種類あります。低用量ピルと事後ピル(モーニングアフターピル)です。低用量ピルとは、エストロゲン、プロゲステロンなどのホルモン量を半分以下に抑えることで、副作用症状を極力抑えながらも高い避妊効果を発揮できるピルです。また、事後ピル(モーニングアフターピル)とは、避妊に失敗したときなどに服用する緊急用避妊ピルです。事後ピルは、モーニングアフターピルや、緊急避難ピルとも呼ばれています。

 

低用量ピルの成分の違い

低用量ピルは、トリキュラー、ダイアン35、ジャニャ、ジネット35、ヤスミンなどがあります。トリキュラーは、日本でもっとも多く処方されている定番の低用量ピルです。また、ダイアンは、体の小さなアジア人のために開発された完全で完全な避妊をもたらすピルとして海外で人気です。ヤスミンは、新世代低用量ピルといわれ、ピルの服用で気になるホルモンバランスの変化や体重の変化を抑制するピルです。

 

商品参考画像 商品名 成分 商品詳細
triquilar.jpg
トリキュラー Levonorgestrel30mcg(レボノルゲストレル) / Ethinyl Estradiol125mcg(エチニルエストラジオール) トリキュラーは、日本でもっとも人気がある3相性の28日タイプの低用量ピルです。トリキュラー28と21は、同じ成分量ですが、21には、7錠の偽セタボが含まれておりません。
diane35.jpg
ダイアン

Cyproterone acetate(酢酸シプロテロン) 2mg/
ethinylestradiol(エチニルエストラジオール)0.035mg

ダイアン35はアジア人の為に作られた安全で確実な避妊をもたらす低用量避妊ピルです。避妊以外にも男性型の多毛症や抜け毛、ニキビなどにも効果があるようです。
NOVELON.jpg
ノベロン デソゲストレル(Desogestrel) 0.15mg/
エチニールエストラディオール(Ethinylestradiol) 0.03mg

『ノベロン』はマーベロンのジェネリックで、避妊効果はもちろん、生理痛、生理不順の解消、卵巣がんの予防、子宮内膜症等の子宮系の病気の改善にも用いられているピルです。 

yasmin.jpg
ヤスミン Drospirenone(ドロスピレノン)3mg,Ethinylestradiol(エチニルエストラジオール)0.03mg ヤスミンは、ホルモンバランスの変化による体重変化や、ニキビ発生の抑制効果をもつ新世代低用量ピルです。新種成分であるドロスピレノンを含有する新しいタイプの避妊用ピルです。
MICROGYNON.jpg
マイクロジノン21 レボノルゲストレル(levonorgestrel) 0.15mg
エチニールエストラディオール(Ethinylestradiol) 0.03mg
第二世代経口避妊薬と呼ばれる安全性と避妊率N高い経口ピルです。トリキュラーと同じバイエル社から販売されています。1種類の錠剤にすべての成分が入っているマイクロジノンは、トリキュラー異なり飲み違いを心配する必要がありません。

 

 

事後ピル(モーニングアフターピル)

「モーニングアフターピル」は、避妊に失敗した際など望まぬ妊娠を回避するため服用する緊急用ピルです。「事後ピル」または「緊急避妊薬」とも呼ばれています。事後ピルは、日本では認可されていないため、日本の薬局やドラッグストアでは販売されていません。医師へ相談の上、処方してもらうか、個人輸入で海外から入手するのが一般的のようです。

 

商品参考画像 商品名 成分 商品詳細
ipill-1.jpg
アイピル
Levonorgestrel(レボノルゲストレル)1.5mg
アイピルは、性行為後72時間以内であれば妊娠を防ぐことが可能なピルです。性交後のアイピルの服用が早ければ早い程成功率が高くなります。
ella.jpg
ella
(エラワンジェネリック)
Ulipristal acetate(ウリプリスタル酢酸エステル) 30mg ella(エラワン)は性行為中の避妊失敗をフォローするアフターピルで、120時間(5日以内)に1錠服用すると効果を発揮するので、ノルレボよりも時間的な余裕があります。

 

ピル・避妊薬の取り扱い商品一覧

 

※ 各医薬品の情報は、一般的に公開されている情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは、各商品の効果効能、使用方法などについて一切の責任を負いかねます。医薬品のご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。
※ このページの価格は、予告なしに変更される場合がございます。商品の価格は必ずご注文の際のショッピングカートにて再度確認してください。