驚愕の事実!まつ毛にかかる負担

■まつげエクステ、つけまつ毛、マスカラ…1番まつ毛にダメージを与えるのは?

誰もが憧れる、パッチリした目!アイメイクは季節ごとに色を変えたり、マットに仕上げたり、キラキラさせたり、楽しいですよね。 そして、もちろんまつげはボリュームアップ!! つけまつ毛、まつげエクステ、マスカラ、今では色んな方法があります。 まつ毛エクステは、あたかも自分のまつ毛が「太く」「長く」「多く」になったようになりますが、実は、まつ毛をボリュームアップさせるほど、「自まつ毛」に驚くほど負担がかかってるんです。

 

■驚愕の事実!まつ毛にかかる負担

知らず知らずのうちにダメージを受ける「まつ毛」。どのくらいのダメージを受けるのか見て行きましょう。
  • まつ毛エクステの負担
  • まつ毛エクステは、グルー(接着剤)で人工毛を自まつ毛に貼りつける施術で、あたかも自分のまつ毛がフサフサになったかのように見せてくれます。 しかし、グルーの化学成分の刺激で炎症を起こすなどのトラブルが後を絶たず、特に肌が弱い人は注意が必要です。

     

  • つけまつ毛
  • まつげエクステのグルー(接着剤)をつけるのは1度ですが、つけまつ毛は毎日、毎日、つけては外すという行為を繰り返します。 まつ毛を外すので、一見、負担が少ないように見えますが、つけて、外すということを毎日行うので、かなりの負担が自まつげにかかってしまいます。 つけまつ毛を取るときにグルー(接着剤)がついている状態でつい引っ張ると、目元には大変な負担がかかっているんです。 なので、外すときに自まつ毛も一緒に抜けてしまった・・・ということが起こります。

     

  • マスカラ
  • マスカラで1番負担になっているのは、ビューラーです。ビューラーが自まつげにかなりの負担をかけます。特に古くなったマスカラは要注意。金属の部分でまつ毛を挟むと負担は倍増します。 まつげパーマはもってのほかで一番負担をかけると言われています。 さらに気をつけたいのが、クレンジング。お湯で落ちるタイプが一番負担が少なく、ウォータープルーフは落ちにくい分、まつ毛への負担も大きいです。クレンジングのやり方しだいでは将来のシワの数が変わってきます。

     

    ■自分のまつ毛をいたわりながら、ボリュームアップするには

    まつ毛に負担はかけたくないけど、まつ毛をボリュームアップしたい!そんな願いを叶えるアイテムが、「まつ毛育毛剤」です。

    いきなり、まつ毛エクステのようにフサフサなまつ毛にはなりませんが、使うほど自分のまつ毛が育ちます。 日本の美容クリニックでも、ラティース、グラッシュビスタと言ったまつげ育毛剤が購入できますが、ルミガン、ケアプロストなどの自分のまつ毛をいたわり、育てるにはまつ毛育毛剤が最適です。

     

    あわせて知りたい

    ↑お悩み別特集TOPへ戻る