カテゴリー
高脂血症の人はバイアグラを使用できるか

■高脂血症とは

高脂血症とは血液内に脂質が過剰に含まれてしまう状態のことをいい、具体的には血中に存在する善玉コレステロールが減少し、総コレステロール値が過剰になってしまっている方のことを言います。脂質異常症は血清の脂質代謝異常の名称です。高脂血症や、高コレステロールという呼ばれ方が一般的です。高脂血症の動脈硬化は、勃起障害EDの原因になりえます。脂質異常症は血液中にふくまれるコレステロールや中性脂肪などが基準値より多い状態のことをいいます。血液中に余分な脂質が多くなると、動脈硬化を引き起こしやすくなり、脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高くなります。それを高脂血症と呼びます。高脂血症は大きく2つに分けられており1つは原発性高脂血症と呼ばれるもので、もとになる病気がなくて高脂血症を示すものの事で、もう1つは二次性高脂血症と呼ばれるもので、糖尿病、甲状腺機能低下症、クッシング症候群ネフローゼ症候群などに分類されます。

■EDの種類

EDには心因性EDと器質性EDがありますが、高脂血症におけるEDは器質性になります。器質性EDとは、身体に何らかの原因があるため物理的に勃起が阻害されるEDのことをいいます。この器質性EDを詳しく分別すると、加齢や高血圧糖尿病、高脂血症などの生活習慣病に起因する動脈硬化、前立腺障害の外科的手術による陰茎付近の神経や血管の損傷などの血管障害によるもの、または不慮な事故による脊椎などの脳から陰茎までの伝達神経の損傷による神経障害によるもの、加齢やストレス、喫煙ン、飲酒などによる男性ホルモンの1つであるテストステロンの低下等の内部分泌機能低下によるものが挙げられます。

血中の善玉コレステロールの値が低くなるほどEDを発症する人の割合は急増していき正常な数値の人に比べると高脂血症の方はEDとなる可能性が2倍以上にもなるという結果がでています。

■高脂血症とEDの関係

高脂血症など生活習慣病からEDになる理由を簡単にいうと、血管が不健康だからです。細い血管の陰茎動脈の障害からEDが起こります。勃起の際に重要なのが、茎周辺部の血流が安定している状態です。高脂血症などの生活習慣病は陰茎の血管に悪影響を及ぼし、血流を十分に送り込むことができない状態となるため血流が滞り、勃起しにくい状態になってしまいます。そのままの生活習慣を続けていると、動脈硬化はどんどん進み、さらに重い疾患が現れる可能性があります。EDは全身の血管障害の中で最初に起こる症状といわれており、この段階で早めに治療することが大事です。EDを自覚したら全身疾患の兆候かもしれませんので積極的に治療を受ける事をお勧めします。ED治療には、PDE5阻害薬が使用されており、勃起を妨げるPDE5の働きを阻害して、勃起の持続を補助する働きをします。

■高脂血症の人はバイアグラを服用しても大丈夫?

加齢や生活習慣病などが引き起こす動脈硬化によるEDの場合はバイアグラなどのED治療薬で大きな効果が期待できます。高脂血症は、動脈硬化の進行を早めるため、糖尿病や高血圧症と並んでEDになりやすくなる生活習慣病の1つです。高脂血症による血中脂質地が高くなると、血液がドロドロの状態になり血液の流れが悪くなります。そのため、陰茎の海綿体に血液が流れにくくなることでEDになる可能性が高くなります。EDの方には当然、高脂血症治療薬を服用している方も多いわけです。高脂血症は、男性器の動脈硬化から、勃起不全を引き起こしやすくなります。高脂血症の治療をすることでEDの治療につながることになります。高脂血症は生活習慣病の中でも他の薬と併用しやすい疾患になります。バイアグラとの併用についてですが、高脂血症の方はバイアグラだけでなく、いずれのED治療薬とも併用が可能です。バイアグラは血流を良くする薬として有名ですが、強い薬のため服用を考えている方の中には心臓に負担がかかるのではと不安に思う方もいるはずです。バイアグラは服用することで血液の流れを良くするので、心臓の負担はむしろ減ると考えられます。またバイアグラはED治療意外にも酸化ストレスの軽減、テストステロンの増加、前立腺肥大症の予防、血液を柔らかくする効果やアンチエイジング効果など様々な健康効果も期待されています。ED治療で生活習慣病予防にもつながりますので、早めの併用が望ましいでしょう。

■EDの基礎知識

加齢や生活習慣病などが引き起こす動脈硬化によるEDの場合はバイアグラなどのED治療薬で大きな効果が期待できます。高脂血症は、動脈硬化の進行を早めるため、糖尿病や高血圧症と並んでEDになりやすくなる生活習慣病の1つです。高脂血症による血中脂質地が高くなると、血液がドロドロの状態になり血液の流れが悪くなります。そのため、陰茎の海綿体に血液が流れにくくなることでEDになる可能性が高くなります。EDの方には当然、高脂血症治療薬を服用している方も多いわけです。高脂血症は、男性器の動脈硬化から、勃起不全を引き起こしやすくなります。高脂血症の治療をすることでEDの治療につながることになります。高脂血症は生活習慣病の中でも他の薬と併用しやすい疾患になります。バイアグラとの併用についてですが、高脂血症の方はバイアグラだけでなく、いずれのED治療薬とも併用が可能です。バイアグラは血流を良くする薬として有名ですが、強い薬のため服用を考えている方の中には心臓に負担がかかるのではと不安に思う方もいるはずです。バイアグラは服用することで血液の流れを良くするので、心臓の負担はむしろ減ると考えられます。またバイアグラはED治療意外にも酸化ストレスの軽減、テストステロンの増加、前立腺肥大症の予防、血液を柔らかくする効果やアンチエイジング効果など様々な健康効果も期待されています。ED治療で生活習慣病予防にもつながりますので、早めの併用が望ましいでしょう。

EDは陰茎が性行為をおこなう際に必要な硬さが持続できなくなる症状です。EDは単に加齢が原因なだけでなく、様々な原因が勃起不全を引き起こすことになるのがわかってきました。その理由の1つとして精神的な不安や日常生活におけるストレスなどが原因でおこる心因性のものと、血流を阻害する生活習慣病が原因になりことがあります。特に生活習慣病から引き起こされるEDは血流を阻害する様々な症状を起こすため深刻なEDの原因となってしまいます。心臓病や糖尿病、高血圧や高脂血症は身体に大きな影響を与え、血流を悪くしてしまいます。特に高脂血症などの脂質異常症は脂肪やコレステロールが血管につまるため、血流を阻害してしまうため勃起不全の原因になることが多いです。高脂血症は自覚症状がないことが多く、治療に対するモチベーションが上がらないことが多いですが、この病気は動脈硬化の原因であることは間違いなく、命に関わる病気ですので注意が必要です。この高脂血症をはじめとする、生活習慣病から引き起こされるEDとは一体どのような疾患なのでしょうか。

症状としてEDという疾患は勃起不全あるいは勃起障害のことで男性なら多くの方が起こる病気です。勃起というのは神経系と血管系が正常な状態で作用することで起こります。しかし、何らかの原因により障害が起こることでEDが発症されます。主な原因として昔から言われてきたのが加齢や精神的ものが原因といわれています。ですが近年では高脂血症や糖尿病などの生活習慣病が大きな原因になることがわかってきました。ほとんどのEDは治療が可能だといわれており、治療のはじめとして行われるのが喫煙や高コレステロール値などの生活習慣病の関連因子を取りのぞくことからはじまります。

治療薬として最近はいろいろな作用を持つ薬が開発されていますが、その中で代表的なED治療薬としてバイアグラがあります。バイアグラは1988年にアメリカで販売が開始され、日本でも1989年に認可され使用できるようになったED治療薬です。作用としては陰茎の血管拡張を起こす化学物質の急速な分解を阻害することにより、勃起を促進します。ED治療薬として今でも絶大な人気を誇るバイアグラですが、併用禁忌薬などがあり特にニトログリセリンや硝酸剤による治療をしている方は服用できないことになっています。生活習慣病の1つである高脂血症の場合でお、EDの治療薬は服用可能です。しかし、薬を服用する前にもしくは、薬を服用しながらでも生活習慣病を見なおしてみることをオススメします。

■生活習慣病を知る

生活習慣病とは日頃の不規則な生活習慣によって引き起こされる病気です。喫煙、飲酒、運動不足、食事などの習慣が深く関わっているものと考えられています。主な生活習慣病として、糖尿病、高脂血症などがあり、これらの病気が勃起障害の背景にあることが多いようです。肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症は死の四重奏と呼ばれ、これらの全てに異常が見られる場合には、虚血性心臓病になる確率が極めて高くなります。ED治療を行うのも確かに大切ですが、これらの異常をひとつでも減らす努力が必要になります。まずは規則正しい生活、適度な運動、栄養バランスの整った食生活、適量のお酒、タバコなど、ご自身にあった生活を見なおしてみると良いでしょう。

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック

この商品もいっしょに買われました!