生理痛を改善する生活習慣とピルの服用

■子宮内膜症とは

子宮内膜は受精卵が着床してそこで育っていくベッドです。排卵後、受精しなかったときは子宮内膜は剥離して月経の血とともに排出され、子宮内ではまた新たな子宮内膜が形成されます。この形成と剥離のリズムを作っているのがエストロゲンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンです。

しかし、ときとしてこの子宮内膜が子宮以外のところで育ったり、剥離したりすることをくり返すことがあります。これが子宮内膜症で、できる場所は、卵巣、膣、外陰部、膀胱、直腸、腹壁などさまざまです。子宮内膜症自体は良性の腫瘍なのですが再発を繰り返すことが多く、将来ガン化したり、不妊の原因となる厄介な病です。

■症状

出来る場所によっては剥離した内膜や血液を体外に排出できず、チョコレート嚢胞という血の塊になったり、近くの臓器と癒着したりします。

子宮内膜症の症状

強い月経痛が典型的な症状で、月が替わるごとに痛みが増します。内膜ができて癒着する場所によっては腰痛、性交痛、排便痛があることがあります。また、卵管などに内膜ができると不妊症になります。月経がある年齢の女性のおよそ10%に子宮内膜症があると言われています。妊娠経験のない女性にとくに多く発症します。

■子宮内膜症の原因


原因はよく分っていませんが、月経時にはがれ落ちた子宮内膜の一部が、卵管を通って卵巣や他の臓器で増殖するという説があります。また最近、アレルギーが原因だという説も唱えられて注目されています。

■治療法と治療薬

症状が軽い場合はお腹を温めるなどの生活習慣の改善で症状がやわらぎますが、それでは改善しない場合は、手術や薬物療法で治療します。

薬物療法でもっとも一般的で副作用が少ないのが低用量ピルの使用です。避妊と月経痛の改善が同時にできます。長期間の服用が可能なので、若いうちに子宮内膜症が見つかったときは、妊娠を希望するときまで低用量ピルを服用して症状を軽くすることができます。低用量ピルは使用期間に制限はなく長期的使えるので、妊娠の可能性を残したい場合には非常に有効です。

症状が重い場合はホルモン療法の「偽閉経療法」をおこないます。月経にともなう病気なのでホルモンによって一時的に閉経の状態を作ると、症状が出ないのです。

おなじホルモン療法でも「偽閉経療法」より副作用が少なく長期間継続できるのが「黄体ホルモン療法」です。飲み始めは不正出血がありますが、飲み続けることによって月経がほとんどなり、チョコレート嚢腫などの病変や癒着が小さくなります。

出産経験のある女性は黄体ホルモンを配合した「ミレーナ」という子宮内避妊具を使用することで避妊とともに子宮内膜症の治療ができます。「ミレーナ」は健康保険が適用されるようになりました。ベストケンコーでは各種低用量ピルを取り扱っておりますので、体調に合ったクスリを選んでいただくことが可能です。

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

低用量ピルで子宮内膜症を治療

この商品もいっしょに買われました!