30代男性の6割はは自分は早すぎると思っている

■30代男性の6割はが自分には早すぎると思っている

30代の男性を対象に未婚・既婚50%ずつに人にアンケートを取ったところ、性の悩みのトップ3は「早すぎる」「もっとたくさんしたい」「相手を満足させているか不安」でした。 中でも「早すぎる」と思っている人は6割もいることがわかっています。

また、「30歳を過ぎてから硬さや持続力が衰えた」「中折れしてしまう」という答えがかなり多いこともわかっています。

■初期のEDの疑い

EDといわれる勃起障害は「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

つまり完全に勃起ができない状態ではなく、なにかしらの悩みがある場合はEDの疑いがあるという事です。まだ自分はEDではないと認めたくない年齢ではありますが、初期のEDと言えるのかもしれません。

■悩みを解決するために

悩んで強壮剤を使用する人もいるようですが、その効果に関して満足していない人も多く、年齢のせいだと諦めてしまう人も少なくありません。インターネットをはじめとする情報からED治療薬を知ってはいても病院を受診して薬をもらうのには抵抗があり、受診する人はあまり多くありません。しかし最近ではEDを専門としたクリニックも増えており、受診しやすい環境が少しずつ整いつつあります。

ED治療薬としてバイアグラが最も有名ですが、他にもレビトラ・シアリスといった薬も厚生労働省の認可を受けています。これらの薬は血管を拡張させる事で海綿体への血液の流入を促進し、勃起させたり持続時間を長くしたりする薬です。海外ではこれらのジェネリック医薬品としてカマグラゴールド、ジェビトラ、タダシップがあります。

またこのうちの二成分を配合したスーパーPフォース、スーパーカマグラや、日本では認可されていない成分のエバーラストという薬もあります。 個人が自分自身の使用目的のために海外で医薬品を購入し持って帰ってくることを、数量を限定して認めています。個人輸入をして個人で使う分には問題なく、その個人輸入を代行しているところで購入することができます。

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

現役サポート!夜の強い味方
もっとナイトライフを楽しむ
満足度UP!お役立ちアイテム