40代が性欲の曲がり角と言われる理由とは?ー原因分析から改善方法までー

■40代が性欲の曲がり角と言われる理由とは?

40代に入ると「性欲が最近落ちたな~」「勃起しても硬さがなくなってきた~」と性欲や精力の低下を自覚する男性が増えるそうです。とはいえ、40代になってもまだまだ性生活を楽しみたいと思っている男性は少なくないはずです。そこで、ここでは40代が性欲の曲がり角と言われている理由と対策を紹介していきたいと思います。

 

40代が性欲の曲がり角と言われる理由は、若い時からの生活習慣の乱れや表われてくる年齢が40代であること、もうひとつは30代から男性ホルモンが減少してくること、この2つの理由が主なものです。どのように対策できるかを考えるためにも、まずは原因をしっかり把握しておきましょう。

 

若い時であれば生活習慣が乱れていても若さで乗り切ることができますが、30代後半40代になってくると若い時と同じようにはいきません。また、喫煙や休肝日を設けずにお酒を毎日飲んでいると性欲が減退していく原因になります。それで、40代で性欲の減退が自覚する前に、バランスの良い食事、適度な運動をして健康的な生活習慣を送るように努力していくことが大切です。

 

2つ目の理由は男性ホルモンの減少ですが、ホルモンの中でも特にテストステロンの分泌量の低下が性欲の減退や男性の性機能の低下を招いている原因と言われています。このテストステロンは20代をピークに加齢とともに減少していくものですが、ストレスや睡眠不足などでさらに分泌量が落ちてしまいます。テストステロンの減少に対して対策も取らないと、坂を転がるように勃起力の低下、勃起不全(ED)と男性の性機能障害が進行していきます。

 

性欲減退や精力の低下を止めて男らしさを取り戻すためにできる一番確実で安全な方法は「運動」です。とくにウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と筋トレやスクワットなどの無酸素運動を組み合わせると効果的です。運動することでテストステロンの分泌が増えるので、一定期間続けていくと運動することに対する意欲も強まっていきます。また、亜鉛やアルギニンなどの精力回復に効くサプリメントを摂ることで相乗効果も生まれますのでオススメです。

■日常生活で簡単にできる精力維持と改善方法

男性の精力の強さを決めているのが、男性ホルモン・テストステロンの分泌量です。テストステロンは男性フェロモンの象徴でもあるため、この分泌量が高まれば女性からの人気やモテ具合も比例して高まるという研究報告もあるほどです。とはいえ、このテストステロンは20代をピークに加齢とともに分泌量が低下していくものなので、精力の強さを維持したいと思うのであれば普段の生活において意識的な努力をしていくことが必要になります。

 

精力の維持と性機能の改善するために心がけるべきことは、生活習慣を見直して「体内の血流をスムーズにする」ということです。血液の流れがスムーズであるかどうかは、性機能とりわけ勃起力に大きく関わっています。ペニスが勃起する仕組みは、ペニスの海綿体に血液が流れ込むことによって起きます。ED患者の場合は、ペニスの海綿体に血液が流れ込まなくなるため勃起できなかったり、維持できない状態になります。

 

では、血液の流れを良くするために普段の生活で何ができるでしょうか。ひと言でいえば健康的な生活を送るように努力するということです。具体的には、喫煙や過度の飲酒を避け、バランスの良い食事を摂り、適度な運動をすることです。こうした生活を送るということが実は一番難しいことではありますが、それによって健康的で若々しい精力を維持できますので、努力する価値はあるのではないでしょうか。

 

健康的な生活は血液の流れをスムーズ以外にもメリットがあります。喫煙や飲酒を避けることで、精力を維持するのに欠かせない男性ホルモンであるテストステロンの減少を抑えることができますし、バランスの良い食事や適度の運動をすることは体内でテストステロン生成を促進します。一度EDまでなってしまうと医薬品でしか改善することができなくなりますので、「精力が減退してきた」「勃起力が落ちた」と思ったら、すぐに精力を維持するために生活習慣を見直すようにしましょう。

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

性欲・精力・バイタリティの改善に
3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック