カテゴリー

2017年の花粉症対策と治療薬

早めの対策が重要!つらい花粉症の時期をどう乗り越えますか?
2月といえば立春です。暦の上では春の初めですが、まだまだ寒い時期は続きますね。
そんな中、皆様の花粉症対策はお済でしょうか。暖かくなり花粉の飛散量がピークになる前に準備したほうがいいお薬と今年の花粉の飛散傾向を紹介致します。

花粉症の対策と治療

花粉の時期

花粉症対策に最も重要なことが、『初期療法』です。初期療法とは花粉の時期(花粉が飛び始める時期)よりも前に花粉症治療薬で予防を開始することで、症状が出る前に行う花粉症対策のことです。特に花粉症の症状がきつい方は初期療法が必須と言えます。花粉症治療薬により症状の発症を抑えたり、遅らせたり、大幅に症状を軽減するには初期の療法が大切です。

いつごろから花粉症対策を始めるべき?

スギ花粉の飛散時期

2017年のスギ花粉前線はみ2月上旬より九州北部や九州北部、中国地方、四国・東海地方の一部から花粉シーズンが始まると予想されています。

次に関東地方では、例年より飛散開始が少し早めの2月中旬頃からと予想されており、3月中旬頃に飛散量がピークに達するようで、4月中旬頃まで続くと予想されています。
最後に関西地方でスギ花粉が飛散し始める時期は、2月下旬頃からと予想されているようです。3月上旬から飛散量がピークに達し、4月上旬頃まで続くと予想されています。また、2017年は、九州・四国・近畿地方で非常に多く、中国・東海地方で多く飛散する見込みです。
スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。

花粉症の症状に合わせた治療

花粉症のアレルギーには様々な症状があり、主要な症状は、「くしゃみ、鼻水」、「鼻づまり」、「涙」、「身のかゆみ」などでしょう。くしゃみ、鼻づまりやその他の症状には『抗ヒスタミン薬』が用いられます。
抗ヒスタミン薬では第2世代のザイザルという花粉症・アレルギー性鼻炎治療薬や、アレグラジルテックと呼ばれる同じく第2世代の抗ヒスタミン薬が世界中で使用されます。
第2世代の抗ヒスタミン薬の特徴は、眠気などの副作用が極限まで低いことです。また、即効性がたかく、効果の持続力もあり、今では第2世代の抗ヒスタミン薬は花粉症の症状の予防や改善に処方される定番薬です。

>今年の花粉症特集はこちら ↓

一番人気の「花粉症・アレルギー性鼻炎」治療薬と点眼薬と点鼻薬

アレグラ Aventis Pharma (アベンティス・ファーマ)1箱(10錠入)あたり1,375円から詳細を見る

ジルテック10mg Dr. Reddy's Laboralories(ドクターレディズ ラボラトリー)1箱(100錠入)あたり2,484円から詳細を見る

ザイザル5mg Chiesi Farmaceutici (チエシ・ファーマ) 1箱(20錠入)あたり771円から 詳細を見る

フルナーゼ点鼻液 GlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン) 1箱(120プッシュ)あたり1,375円から 詳細を見る

イフ2点眼液 Cipla (シプラ) 1箱(5ml入)あたり879円 詳細を見る

ナファゾリン・フェニレフリン点眼薬(充血除去・潤い) Intas Pharma (インタス・ファーマ) 1箱(10ml入)あたり759円 詳細を見る

この商品もいっしょに買われました!