バイアグラとレビトラとシアリスの違いを表で解説し、3大ED治療薬を徹底比較しました。

日本でも販売されている3大ED(勃起不全)治療薬バイアグラ、レビトラ、シアリスは、世界中で多くのEDに悩む男性の性的パフォーマンスを高め、充実したナイトライフを過ごすサポートをしています。

3大ED治療薬はそれぞれ有効成分が異なり、効果が強力なものや弱いもの、作用時間が長いものや短いもの、副作用が多いものや少ないもの、食事の影響を受けやすいものや受けないものなど、長所と短所があります。ED治療薬は、それぞれシーンにあわせて相性のいいものを服用するのがおススメです。以下の比較表は、3大ED治療薬の違いをわかりやすくまとめました。価格・効果・副作用・即効性・ジェネリックの種類などの情報を参考に、充実した性生活の実現に是非ともご活用ください。


  バイアグラ レビトラ シアリス
主要成分 シルデナフィル(Sildenafil) バルデナフィル(Vardenafil) タダラフィル(Tadalafil)
用量 100mg、50mg、25mg(日本では50mgまで、海外では100mgが主流。)
ODフィルム25mg、ODフィルム50mg
20mg、10mg、5mg、2.5mg(海外のみ) 20mg、10mg、5mg、2.5mg(海外のみ)
製造販売 ファイザー バイエル イーライリリー
特徴 世界で初めて販売された最も有名なED治療薬です。最初のED治療薬としての長い歴史を持ち、安心と実績があります。オーソドックスなED治療薬として性的刺激を受けることで強力な勃起を促すことが可能。カマグラに代表される数多くのジェネリック医薬品あり。 3つの代表的なED治療薬の中で圧倒的に効果が強力。バイアグラの弱点である食事の影響も受けにくく、服用のタイミングをはかる煩わしさからも解放されています。効果が強力なため副作用も他のED治療薬より起こりやすく、併用禁忌も多いので注意が必要。スクリーンリーダーのサポートを有効にしました。 世界シェア第1位のED治療薬。服用すれば36時間もの長時間勃起誘発効果が持続します。ED治療薬の弱点の多くが改善されています。効果は他のED治療薬と比べてマイルドですが、副作用を起こしにくく食事の影響も受けません。ジェネリックの種類も豊富。
当店販売価格 バイアグラ100mg 4,840円~
バイアグラ50mg 4,983円~
レビトラ20mg 4,126円~
レビトラ10mg 5,257円~
レビトラOD10mg(舐めるタイプ)5,685円~
シアリス20mg 6,126円~
シアリス5mg 18,580円~
主なジェネリック薬 カマグラゴールド100mg
カマグラ50mg
カベルタ100mg
シラグラ100mg
カマグラチュアブル錠100mg(舐めるタイプ)
カマグラオーラルゼリー100mg(ジェル状)
センフォース100mg
スハグラ100mg
カマグラ発泡錠100mg(溶いて飲むタイプ)
シログラ100mg(日本語パッケージ)

ジェビトラ20mg
サビトラ20mg
バリフ20mg
ジェビトラ・ソフト錠20mg(舌下吸収タイプ)
ジマトラ20mg(日本語パッケージ)
ジェビトラゼリー20mg(ジェル状)
タダシップ20mg
タダリスSX20mg
エキシラー20mg
エキシラーソフト錠20mg(舌下吸収タイプ)
メガリス20mg
ビダリスタ20mg
フォーゼスト20mg
タダリスタ・プロ(舌下吸収タイプ)
タダソフト20mg(舐めるタイプ)
タダリアODフィルム
タスティリアODフィルム
いつ服用する? 性行為の約1時間前の空腹時に25~50mgを服用。
海外では100mg服用することも可能。100mg錠を。ピルカッターで調節して服用も可能
性行為の約1時間前に10~20mgを服用。
高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害の方は5~10mgを服用。食後の服用も可能。
性行為の約1時間前に10~20mgを服用。
軽度または中等度の肝障害のある方は最高10mgまで。中~重度の腎障害のある方は5~10mgを服用。
効き目の長さ 50mgを服用後40分後程度で効き始め、4時間程度持続。 20mgを服用後30分後程度で効き始め、6時間程度持続。 20mgを服用後30分後程度で効き始め、36時間効果が持続。
食事の影響 3つのED治療薬の中で最も食事の影響を受けやすい。空腹時に服用する必要あり。 標準的な食事(脂肪の割合が約30%)であればほぼ影響なし。 最も食事の影響を受けない。食後(高脂肪食)または空腹時での勃起誘発効果に違いなし。
効果を最大化するために 食事との併用は効果が半減し効果が出始める時間が遅れる。必ず空腹時に服用する。 空腹時は効果が最大。食後の服用は2時間ほど空けるか脂肪分の多い食事を避けるべき。 食事の影響も受けず作用時間が長いので、余裕をもって服用できる。
お酒の影響 アルコールの影響はほぼなし。適量なら問題ない。深酒はNG。 影響はほぼなし。適量であれば心身へリラックスをもたらしむしろ効果UP。 レビトラ系と同じく適量であればプラス効果。影響はほぼないが、飲み過ぎはNG。
副作用 血血管への拡張作用があるので、顔や身体の火照り、軽い頭痛、ふらつき、鼻づまり、光がまぶしくみえるなど。特に初回に起こしやすく、服用を続けると慣れていくことが多い。 バイアグラ系の副作用同様、顔や身体の火照り、足元のふらつき、軽度の頭痛、鼻づまり、動悸など。徐々に慣れることが多い。 副作用は3薬中最も少ない。血管拡張作用のため軽度の火照り、頭痛、鼻づまりなど。

主な併用禁忌薬の販売名一覧表 ニトロペン舌下錠
ミオコールスプレー
アイトロール錠
シグマート錠
アンカロン錠
アデムパス錠
ニトロペン舌下錠
ミオコールスプレー
アイトロール錠
シグマート錠
アンカロン錠
アデムパス錠
ノービア錠
クリキシバンカプセル
レイアタッツカプセル
インビラーゼカプセル
レクシヴァ錠
カレトラ配合錠
ヴィキラックス配合錠
プリジスタ錠
テラビック錠
イトリゾールカプセル
スタリビルド配合錠
キニジン硫酸塩錠
アミサリン錠
ソタコール錠
ニトロペン舌下錠
ミオコールスプレー
アイトロール錠
シグマート錠
アンカロン錠
アデムパス錠
硝酸剤との併用 絶対に併用できない 絶対に併用できない 絶対に併用できない
抗真菌薬との併用 禁忌ではないが、併用注意 ケトコナゾール、イトラコナゾールを服用中はレビトラ(バルデナフィル)を併用できない。 禁忌ではないが、併用注意
HIV治療薬との併用 禁忌ではないが、併用注意 多くのHIV治療薬が禁忌 禁忌ではないが、併用注意
脳梗塞や脳卒中 発症後最低6ヶ月経っていなければ服用不可 発症後最低6ヶ月経っていなければ服用不可 発症後最低6ヶ月経っていなければ服用不可
心筋梗塞 発症後最低6ヶ月経っていなければ服用不可 発症後最低6ヶ月経っていなければ服用不可 発症後最低6ヶ月経っていなければ服用不可
低血圧の場合 低血圧(収縮期/拡張期で90/50mmHg以下)は服用不可 低血圧(収縮期90mmHg以下)は服用不可 低血圧(収縮期/拡張期で90/50mmHg以下)は服用不可
高血圧の場合 安静時の収縮時血圧170mmHgまたは拡張期血圧が100mmHgより高値の方は服用不可※治療による管理がされていれば服用可。 安静時の収縮時血圧170mmHgまたは拡張期血圧が100mmHgより高値の方は服用不可※治療による管理がされていれば服用可。 安静時の収縮時血圧170mmHgまたは拡張期血圧が100mmHgより高値の方は服用不可※治療による管理がされていれば服用可。


またベストケンコーでは、ED治療薬売れ筋ランキングを公開しています。「3つの系統のどれを買うか決めた後、どの商品を買うかで迷ってしまう」というお客様はぜひこちらをご参考ください。


男性のナイトライフ関連商品総合ランキング >


先発ED治療薬売れ筋ランキング >


ジェネリックED治療薬売れ筋ランキング >



3大先発ED治療薬
ジェネリック(後発)ED治療薬