3大ED治療薬と呼ばれるバイアグラ、レビトラ、シアリスは、それぞれ日本国内のクリニックや泌尿器科で簡単に処方してもらうことができる勃起不全の治療薬で、世界中で20代から70代までの多くの男性に愛用されています。

3種はそれぞれ有効成分が異なり、効果や特徴に一長一短があります。ED治療薬の服用は、自らの身体と相性のよいものに出会うことが大切です。以下の比較表に、3種の違いをわかりやすくまとめました。価格・効果・副作用・即効性・ジェネリックの種類などの情報を、よりよい性生活の実現のために是非ともご活用ください。


  バイアグラ系 レビトラ系 シアリス系
主要成分 シルデナフィル(Sildenafil) バルデナフィル(Vardenafil) タダラフィル(Tadalafil)
用量

25mg、50mg、100mg(日本国内では50mg錠までの処方、海外では100mgが主流。)

10mg、20mg 10mg、20mg
メーカー ファイザー社(米) バイエル社(独) イーライリリー社(米)
価格 バイアグラ100mg 4,840円~
バイアグラ50mg 4,983円~
レビトラ20mg 4,126円~
レビトラ10mg 5,257円~
レビトラOD10mg(舐めるタイプ)5,685円~
シアリス20mg 6,126円~
シアリス5mg 18,580円~
ジェネリック薬 カマグラゴールド100mg
カマグラ50mg
カベルタ100mg
シラグラ100mg
カマグラチュアブル錠100mg(舐めるタイプ)
カマグラオーラルゼリー100mg(ジェル状)
センフォース100mg
スハグラ100mg
カマグラ発泡錠100mg(溶いて飲むタイプ)
シログラ100mg(日本語パッケージ)

ジェビトラ20mg
サビトラ20mg
バリフ20mg
ジェビトラ・ソフト錠20mg(舌下吸収タイプ)
ジマトラ20mg(日本語パッケージ)
ジェビトラゼリー20mg(ジェル状)
タダシップ20mg
タダリスSX20mg
エキシラー20mg
エキシラーソフト錠20mg(舌下吸収タイプ)
メガリス20mg
ビダリスタ20mg
フォーゼスト20mg
タダリスタ・プロ(舌下吸収タイプ)
タダソフト20mg(舐めるタイプ)
特徴 世界初のED治療向け医薬品で、日本ではED治療薬の代名詞となっている。我が国での正式な販売開始は1999年。特徴は、長い実績とユーザー数。ガツンとくるような力強さを備えた安定の勃起力。カマグラに代表される数多くのジェネリックの存在。 バイアグラに次いで市場へ参入したドイツ生まれのED治療薬。成分が溶けやすいため人体への吸収が早く、服用から効果発現までのリードタイムが3種のなかで最も早い。水と一緒に経口服用した後15分程度で効いてくる。レビトラの有効成分は、射精を遅らせる早漏改善効果もあるといわれる。併用禁忌が多いので注意が必要。 シアリスは3種の中で最も効きが長く、先行する2薬の弱点を一部克服している。バイアグラ系と比べると勃起の力強さは多少劣るが、その分顔の火照りや心臓への負担など副作用が軽減されている。さらに、1錠で最大36時間継続する効果の持続時間は日を跨いで愉しむことを可能にする。ジェネリックの種類も豊富。
いつ服用する? 空腹時に服用すると30分程度で効果が現れる。性行為の1時間ほど前に25mg~100mgを服用。100mg錠をピルカッターで調整して服用も可能。 空腹時に服用すると15分程度で効果が現れる。性行為を始める1時間ほど前に10mg~20mgを服用する。 作用時間が長い反面、効きがくるまでに1~2時間かかる。性行為の3時間ほど前に服用。空腹時が望ましいが、食後でも服用可能という利点がある。
効き目の長さ 50mgは5時間程度 10mgは5時間程度
20mgは8~10時間程度
10mgは20~24時間程度
20mgは30~36時間程度
食事の影響 3薬中最も食事の影響を受けやすい。脂肪分が多い食事は絶対に避けるべき。 バイアグラ系ほどではないが、シアリス系よりは影響を受けやすい。 最も食事の影響が低い。
効果を高めるには 食事との併用は効果が半減する。食後に服用する場合は2時間ほどは空けてから。基本的には空腹時に服用する。 空腹時は効果が最大。食後の服用は2時間ほど空けるべき。 食事の影響をうけにくいが、作用時間が長いので空腹時を選んで余裕をもって服用しておくのがスマート。
お酒の影響 アルコールの影響はそれほど心配しなくてよい。適量なら問題ない。当然、個人のアルコール許容量も大きく影響する。 アルコールはレビトラの有効成分への影響は小さい。適量であれば心身へリラックスをもたらしむしろ効果UP。飲みすぎはNG。 レビトラ系に同じく適量であればプラス効果。
副作用 血管への拡張作用があるので、顔や身体の火照り、軽い頭痛、ふらつき、鼻づまり、光がまぶしくみえるなどの副作用アリ。特に初回に感じやすく、服用を続けると慣れていくことが多い。 バイアグラ系の副作用同様、顔や身体の火照り、足元のふらつき、軽度の頭痛、鼻づまり、動悸などの副作用アリ。徐々に慣れる。

副作用は3薬中最も小さい。血管拡張作用のため極めて軽度の火照り、頭痛、鼻づまりなどを感じるユーザーもいる。服用2回目以降に軽減されていくことが多い

硝酸剤との併用 絶対に併用できない 絶対に併用できない 絶対に併用できない
抗真菌薬との併用 使用可 ケトコナゾール、イトラコナゾールを服用中はレビトラ系(バルデナフィル)は使用できない。 使用可
HIV治療薬との併用 使用可 併用できない 使用可
脳梗塞や脳卒中

発症後最低6ヶ月経っていれば服用可

発症後最低6ヶ月経っていれば服用可 発症後最低6ヶ月経っていれば服用可
心筋梗塞 発症後最低6ヶ月経っていれば服用可 発症後最低6ヶ月経っていれば服用可 発症後最低6ヶ月経っていれば服用可
低血圧の場合

血圧が最大90mmHg未満、または最小50mmHg未満の場合は服用NG。※薬剤で血圧が正常範囲にコントロールできていれば服用可。

血圧が最大90mmHg以下の場合は服用NG。※薬剤で血圧が正常範囲にコントロールできていれば服用可

血圧が最大90mmHg未満、または最小50mmHg未満の場合は服用NG。薬剤で血圧が正常範囲にコントロールできていれば服用可
高血圧の場合 血圧が最大170mmHg以上、または最小100mmHg以上の場合は服用NG。※薬剤で血圧が正常範囲にコントロールできていれば服用可。 血圧が最大170mmHg以上、または最小100mmHg以上の場合は服用NG。※薬剤で血圧が正常範囲にコントロールできていれば服用可 圧が最大170mmHg以上、または最小100mmHg以上の場合は服用NG。※薬剤で血圧が正常範囲にコントロールできていれば服用可


またベストケンコーでは、ED治療薬売れ筋ランキングを公開しています。「3つの系統のどれを買うか決めた後、どの商品を買うかで迷ってしまう」というお客様はぜひこちらをご参考ください。


男性のナイトライフ関連商品総合ランキング


先発ED治療薬売れ筋ランキング


ジェネリックED治療薬売れ筋ランキング



3大先発ED治療薬
ジェネリック(後発)ED治療薬

この商品もいっしょに買われました!