紫外線ダメージによる「老人性色素斑」

■紫外線ダメージによるシミは40代以降からよく見られます。

なんとなく鏡を見ていたら「シミ発見!」。40代を過ぎるとよくある光景ですが、実はそのシミ「老人性色素斑」かもしれません。ちょっとショッキングな名称ですが、これまで浴び続けてきた紫外線が原因で現れるシミのことです。主に40代以上の人に現れやすいシミですが、色白だったり、スポーツなどで外にいることが多い人だと20代くらいから現れることもあります。

■加齢により新陳代謝が悪くなり、メラニン色素が沈着することで起こります。

シミができる場所は、顔や手など日光にあたりやすい部分が中心です。人体にはもともと紫外線ダメージを防ぐ機能が備わっていて、メラニン細胞の働きにより皮膚を黒くし、紫外線が真皮まで届いて細胞を傷つけないように守ります。日焼けは肌の防御反応なのです。

通常、日焼けをして肌が黒くなっても、新陳代謝によってメラニン色素が排出されることで肌はもとの色にもどります。しかし加齢によって肌の新陳代謝が悪くなったり、若くても紫外線を浴びすぎたりするとメラニンが過剰に作られて沈着し、シミになってしまいます。

■レーザー治療のほか、メラニンをブロックするクリームでも対策できます。

シミを防ぐためには紫外線を避けることが一番です。しかし、一生に浴びる紫外線量の半分は18歳までの子ども時代に浴びているといわれているので、大人になってからいくら気をつけても限界があります。 ではもう対策はないのか…といえば、そんなことはありません。皮膚科などでレーザー治療やケミカルピーリングをすることでシミを消すことができます。

でも皮膚科の治療にはお金がかかるし、忙しくて行く時間がない!という人も多いと思います。そんな人におすすめなのがハイドロキノンクリームです。メラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素を作る細胞(メラノサイト)そのものを減少させる働きを持っています。美白効果があることで知られているビタミンC やプラセンタの10〜100倍の効果があるといわれています。

 

肝斑に有効な美肌クリーム・内服薬
  • トラネキサム酸500mg

    トラネキサム酸500mg

    肌細胞の中のメラノサイトは、女性ホルモンや紫外線などの刺激でシミの原因となるメラニンを大量に作りはじめます。 トラネキサム酸はこのメラノサイトの活性を促すプラスミンの働きを抑えて、シミを作る最初の段階をブロックします。

    1箱あたり¥ 7,193〜

    ご購入はこちら

  • ハイドロキノンクリーム

    ハイドロキノンクリーム

    ビタミンCやプラセンタのようなシミ予防だけではなく、メラノサイトに働き出来てしまったシミにも効果を発揮する美白効果の著しく高いお薬です。

    1箱あたり¥ 956〜

    ご購入はこちら

  • コスメライトクリーム

    コスメライトクリーム

    メラニン色素の排出を促すトレチノインと、メラノサイトに働きかけ色素を作る働きを抑えるハイドロキノン、Wの美白システムで肌を白く保つことのできる、より効果的な美白クリームです。

    1箱あたり¥ 1,156〜

    ご購入はこちら

 

シミを撃退!もうシミを増やしたくない方へ
  • トレチノインジェル01%

    トレチノインジェル01%

    シワ対策やニキビ治療に用いられるトレチノイン配合薬「レチンA」のジェネリックです。 レチンAは、皮膚科にてニキビ跡の治療目的に使用されていましたが、肌へのピーリング効果に着目され、シミ・シワなどの改善用途に使用されるようになったクリームです。

    1箱あたり¥ 986〜

    ご購入はこちら

  • パースピレックスロール

    パバ

    パバは細胞の中や皮膚の角質層に入り込んで紫外線を吸収します。皮膚を通る紫外線が減少するので、日焼けによるしみやくすみも防ぎ、美白効果が期待できます。

    1箱あたり¥ 1,898〜

    ご購入はこちら

  • ルミキシルブライトニングクリーム30ml

    ルミキシルブライトニングクリーム30ml

    米国スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された美白成分「ルミキシルペプチド」を配合した世界中で大人気の美白クリームです。「ハイドロキノン」よりもさらに17倍も高い有効性を持つことが実証されています。

    1箱あたり¥ 9,350

    ご購入はこちら

商品一覧を見る

あわせて知りたい

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

この商品もいっしょに買われました!