カテゴリー

女性の性欲減退、8つの理由


女性の性欲減退の理由はここにあった!


「最近、セックスをしようとすると妻が拒否することが多くなった」「彼女がセックスにあまり前向きでなくなった」こんな悩みを抱えている男性は世の中に多くいるようです。女性自身も「最近、性欲がわかない」などで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。女性は仕事と家庭の両立で大変忙しく、性欲よりも疲労が勝ってしまっていることで「女性の性欲が単純に減退している」ということが原因かもしれません。性欲が減退する原因は精神的なものや年齢的なものなど様々あり、いくつかの原因が積み重なって起こっています。そこで、ここでは女性の性欲が減退してしまう原因を紹介していきます。当てはまった理由を改善できれば、再び愛のあるセックスを楽しむことができます。


知っておくべき8つの原因

ホルモンバランスの変化

性欲には体内で分泌されるテストステロンという男性ホルモンが深く関係していて、女性の性欲のピークは30代後半といわれています。テストステロンは女性でも常に少量ずつ分泌されていますが、10~20代の年齢が若いうちはエストロゲンやプロゲステロンなど女性ホルモンの陰に隠れています。

しかし、年齢を重ねて30~40代になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌は急激に減少していくので、男性ホルモンのテストステロンの働きが目立つようになります。このテストステロンの働きによって、女性は30代後半で特に性欲が高まると言われています。

ストレス

毎日の家事や育児に追われて自分の時間がなくなると余裕が持てなくなり、徐々にストレスが溜まってきます。ストレスは自律神経のバランスを乱し、うつ病や他の精神病の原因になってしまいます。ストレスが溜まった精神状態では性欲よりも、自分の身体が疲れを取るために身体を休まそうと防衛反応が働くので、セックスを楽しむ気分には到底なれません。

対策としては、女性にかかる負担を減らして、自分のストレス発散できる時間を作ってあげる事が大切です。自分1人で抱え込むのではなくパートナーを頼って話をしたり、家事を手伝ってもらったり、自分に余裕が持てるようにうまくバランスを取りましょう。

睡眠不足

睡眠は女性に限らず疲労回復のためには大切な時間です。睡眠時間が十分に取れないと、その分の疲労やストレスは身体に蓄積され、セックスを求められても「疲れるからしたくない」という結論に至ってしまいます。男性でも、疲れているときには性欲より早く眠りたいの方に意識が向いてしまうと思います。

この原因の解決方法は睡眠不足を解消することです。一方的な性欲を押し付けるのではなく、十分な睡眠をとり疲労を回復できるようにパートナーの体調管理にも気を配ると2人でセックスを楽しめるようになります。

アルコール

ほどほどのアルコールはストレスを解消したり、ムードを盛り上げて性欲を増進することに役立ちます。アルコールを摂取すると、気持ちの緊張が解放され楽しい気分になります。体内でも快感物質とされるドーパミンという脳の神経伝達物質が分泌され、本能的な三大欲求を高めるので性欲も増進されます。また、男性ホルモンのテストステロンの分泌も活発になるので、性欲が高まります。

しかし、アルコールを過剰摂取すると神経が麻痺してきて感度が鈍くなってしまいます。男性であれば勃起の妨げになってしまうなど、アルコールの過剰摂取やアルコールを日常的に摂取していると性欲の低下を招く原因になってしまいます。適度なアルコール摂取は体にも良い影響を与えますが、過剰摂取は身体の負担にもなってしまいます。マイナスに働かないように飲み過ぎず、たしなむ程度にしておきましょう。

特に赤ワインに含まれるポリフェノールは、性欲を高める脳内ホルモンの分泌を促してくれる働きがあるので性欲増進の効果を期待したい方にはオススメです。

更年期

更年期になると、セックスを楽しみたいという思いの反面、女性の半数以上は性欲の減退を感じてしまうようです。更年期になるとエストロゲンが減少する影響で膣が渇きやすくなり、萎縮してしまいます。そのため、性交時の痛みを感じやすくなります。

年齢に起因するものなので避けることができないですが、ムードを高め十分な前戯をしたり、潤滑ゼリーなどを使用することで痛みを感じることなく満足度の高いセックスをすることができます。

うつ病

うつ病は不眠や食欲の低下、気分が沈むなどの症状とともに性欲の低下も症状の一つです。実際にうつ病を発症した方は、三大欲求が全く湧かなくなってしまう方もいるそうです。眠れず、気分が優れないのに性欲が高まるはずがありません。また、うつ病の治療で使用している精神安定剤は、身体や精神面の緊張をほぐすリラックス作用があるので、副作用症状として性欲の減退があらわれてしまうことがあります。

うつ病などの精神疾患は早期発見・早期治療が大切です。薬の副作用症状で性欲減退があらわれたとしても、まずは治療を最優先で行って下さい。うつ病の症状が改善されると、自然と性欲も湧いてくるようになるでしょう。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの分泌量が低下してしまうことを指します。甲状腺ホルモンは身体の成長や発育、脳の活性化など身体の重要な機能を調整する働きを持っていて、性ホルモンにも深く関係していると言われています。甲状腺機能低下症になると月経周期が乱れたり、月経前症候群(PMS)が悪化してしまったりと悪影響を与えてしまいます。他にも、甲状腺機能低下症は性欲に関係する男性ホルモンのテストステロンにも影響を与えるので性欲が減退してしまいます。

また、精神状態が不安定になることも性欲が減退する原因の1つになります。パートナーや自分がバセドウ病を発症している場合は、性欲が減退する原因にもなり得ることを理解して、性欲が減退していても責めずにまずは病気の治療に専念することが大切です。

過去のトラウマ

精神的な部分は関係ないと思われがちですが、心と身体は深く結びついています。過去の失恋や失敗体験がトラウマとなり脳に根付き、性欲減退につながっていることも。自分で意識していなくても、気持ちのどこかでは気にしているためセックスに対してネガティブになっている可能性があります。男性でも勃起不全(ED)の原因となってしまうように、女性でもネガティブ体験は気持ちをオープンにできず性欲の減退につながります。性欲の減退の原因は様々ありますが、どれにも当てはまらない場合は自分の過去を振り返ってみて下さい。何か原因が見つかるかもしれません。精神面が原因と分かれば、病院でカウンセリングを受けるなどの対策を見つけることができます。




性欲減退の解決方法

コーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインは、性的な興奮を呼び起こす脳神経を刺激し、性的欲求を高めます。普段からコーヒーを飲まない方は、特に効果が得られやすいのでコーヒーを飲んでみて下さい。残念ですが、普段からコーヒーを飲んでいる方は劇的な効果は望めないようです。

部屋の明かりを消す

部屋を暗くすると、物の形や色がはっきり見えないので、性欲を高める脳内ホルモンのメラトニンの分泌量が増えます。メラトニンの分泌量が増えると性欲が増します。また、部屋を暗くすると体型がはっきり見えないので、コンプレックスがあっても多少は隠されます。なので、セックスに対しての抵抗を軽減し、積極的にプレイすることができるでしょう。

女性の精力剤

女性の性欲促進に効く、女性用のバイアグラとして販売されているラブグラなどが注目を集めています。他にも、媚薬・サプリメントなど色々な種類のものが販売されています。精神的な面はなかなか解決が難しいことが現実です。自分1人で悩むのではなく、薬やサプリメントに頼ってみることも解決方法の1つです。

「性欲がない」ことを相談するためだけに病院を受診するのが恥ずかしい方は、ベストケンコーで購入することができます。是非一度試してみて下さい。

女性のナイトライフをサポート

 

即効性なら、女性用媚薬
よりよい睡眠を
疲れた身体に!体力回復

この商品もいっしょに買われました!