EDの予防とED治療薬

■バイアグラは毎日飲んでも大丈夫?

バイアグラはED治療薬ですが、PDE5阻害薬と言ってもともとは肺動脈性肺高血圧症の治療薬として開発されたものです。 肺動脈性肺高血圧症の治療の場合は服用量や服用回数は違いますが内容成分は同じです。 ED治療薬として服用する場合は24時間の間隔をあければ服用しても問題ありません。 シアリス・レビトラも同じく肺動脈性肺高血圧の薬として使われている成分ですので同じく問題ありません。 ただしシアリスの場合はバイアグラやレビトラよりも効果持続時間が36時間と長いため、体の中に薬の成分が残っている可能性があります。 しかしかなり微量になっているため気にするほどではなく、添付文書にも24時間以上の間隔をあける事となっているので大丈夫です。

■ED治療薬の薬理効果ろ注意事項

肺動脈性肺高血圧は心臓から這いに血液を送りこむ肺動脈が狭くなったことが原因で起こる病気です。 PDE5阻害薬は血管拡張物質を増やすことで肺動脈を広げて症状を改善します。 そのため、特に既往症がなければ問題はありませんが、肝機能や腎機能に病気がある場合は注意が必要になります。 また血圧が高かったり、血圧管理が安定していない人にも使用が制限されている場合があります。 その他には、作用が強くなる可能性があるため、狭心症や心不全の治療薬として使われている硝酸塩を含む薬との併用はできません。 他にも抗真菌薬の内服であるイトラコナゾールや慢性肝炎の治療薬のテラプレビル、エイズ治療薬のリトナビルも一緒に使うことはできません。 いくつか注意しなくては点がありますので、医療機関を受診した際に必ず既往歴や併用薬について伝えるようにしましょう。

■EDを予防するためには

ED(勃起障害)は生活習慣病と密接な関係があります。 EDの状態は陰茎の海綿体にうまく血液が流れず勃起できない、または勃起が長続きしない状態です。 生活習慣病によって動脈硬化などの血管障害が起こります。こういった血管障害がEDを引き起こすと考えられています。動脈硬化などの生活習慣病を持つ人がEDになりやすいというデータも出ており、EDも血管障害の一つなので、広義において生活習慣病の一つという事が出来ます。 生活習慣病とは糖尿病・高血圧・高脂血症などが知られていますが、EDの予防もこれらの生活習慣病に対する予防と同じです。

■規則正しい生活の大切さ

バランスの良い食生活を心がけ、定期的な有酸素運動を続け、規則正しい生活リズムを整えることが重要です。またストレスを出来る限りため込まず上手に発散させることも必要です。 食生活に関しては、食事の摂取カロリーを基準値以内にしておくことは不可欠で、食事内容も肉類を控えめにして魚や野菜を増やすように心がけましょう。 基準としては標準体重×25~30kcalを目安としましょう。 特に魚に含まれるEPAやDHAは血液の流れを良くし、動脈硬化を防ぐことがわかっています。また食物繊維を多く摂る事で糖質や脂質の吸収が抑えられます。 定期的にウォーキングなどの有酸素運動を継続する事で消費カロリーを増やすとともに、基礎代謝をあげて太りにくい体質にすることができます。

■生活リズムを整える

また生活リズムを整えることで体内時計を正常にし、体内のホルモン状態を整えましょう。ホルモンの状態が整うと睡眠の質が整い、肥満・高血圧・糖尿病になりにくくなるという研究結果が発表されています。 ストレスのない人は存在しないと思いますが、ストレスを上手に発散させる工夫をしましょう。趣味を持つのもいいですし、体を動かすこともいいでしょう。知人と会う事や買い物・食事など、自分に合ったストレス発散方法を見つけましょう。 歳だからとEDになったことを諦めてしまうのではなく、そうなる前にできる限り予防して活力のある生活を心がけましょう。 それでもEDになってしまったりED予備軍の状態になってしまった場合、安全に使えるED治療薬があります。バイアグラ・レビトラ・シアリスは医師の処方があれば服用できますので何事も前向きに考えることが大事です。

 

↑お悩み別特集TOPへ戻る

3大ED治療剤
人気ED医薬品のジェネリック
性欲・精力・バイタリティの改善に

この商品もいっしょに買われました!