カテゴリー

AGAとは?

AGAとは、「Androgenetic Alopecia(アンドロジェネティック・アロペシア)」の頭文字をとったもので、男性脱毛症(思春期以降の男性の進行性の脱毛症)のことです。 年齢や栄養状態とは無関係に、抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。具体的な実感としては、シャンプー後や起床時の枕元の抜け毛が増えてきた、髪の毛が細くなった、お風呂やプール上がりに頭部の地肌が透けて見えるなどの症状が認められます。

AGAは薄毛や抜け毛の総称として使われることもありますが、円形脱毛症などと異なり、AGAは厳密には“男性ホルモン”が関係する脱毛症を指します。男性の薄毛の原因のうち95%がAGAであることがわかっています。

AGAの主な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)で、AGAに悩む男性は脱毛箇所の頭皮に通常よりも多くのDHTが認められます。このDHTが毛乳頭細胞(毛根)に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期の髪の毛に対して退行期および休止期に移行する信号を出してしまうのです。その結果、退行期の細い髪の毛が増えたり、太く長く成長する前に髪の毛が抜けたりしてしまい、薄毛が発症します。DHTは男性ホルモン(テストステロン)が毛根近くの皮脂腺から分泌される5α還元酵素(Ⅱ型5αリダクターゼ)という物質によって変換されることで産生されます。つまり、 AGAの薄毛サイクルを断ち切るには、テストステロン→DHTという変換の流れを止めることが重要ということになります。薄毛の原因は様々ですが、AGAの場合には従来の育毛剤や増毛剤のみでの対策は難しく、症状の進行を食い止めるためには専門的な治療が必要であることがわかってきました。

  • AGAのタイプ

    ①頭頂部から薄毛が発症するタイプ

    ②額の生え際から後退するタイプ

    ③頭頂部と生え際の同時に薄毛が進行するタイプ

  • AGAの原因

    ①男性ホルモンの影響

    男性ホルモンそのものが原因なのではなく、男性ホルモンが5α還元酵素によってAGAを引き起こす物質DHTへ変換されてしまうことが原因となります。

    ②遺伝

    女性のみが持つX染色体に存在するAR遺伝子がAGAと関係しているといわれています。AR遺伝子は男性ホルモン受容体に関わる遺伝子で、有無ではなく遺伝子内の特定の塩基配列の長さがAGAのリスクに影響するとされています。 男性のX染色体は母親由来のものだけですので、薄毛は母方から遺伝します。母方の祖父の頭髪状態で薄毛遺伝の可能性を判断することができます。専用の検査キットや遺伝子検査で診断することも可能です。

    ③生活習慣

    喫煙によるニコチン摂取、ストレスによる自律神経のバランスの乱れ、食生活の乱れなどの生活習慣により、新陳代謝が低下して、血行不良となり、毛乳頭に発毛するための栄養が届かなくなることも、AGAの原因のひとつです。


日本人のAGAについて

日本人男性(20〜69歳)を対象とした調査から解析された数値では、薄毛を認識している男性は1260万人、薄毛を気にしている男性は800万人になるという結果が出ています。日本の全人口と照らし合わせてみると約10%ですが、AGAは男性のみの症状ですので、成人男性に限定すると4人に1人が薄毛を認識しているということになります。また、日本人男性のAGA発症率は約32%といわれており、 年代ごとに発症率は上がっていくため割合は変わるものの、いずれは3人に1人がAGAを発症するということになります。生活習慣や環境の変化により増加していると思われがちですが、AGAの発症率は30年前とほとんど変わっていません。

対してアメリカでは、推定3778万人、7人に1人が、何らかの形でAGAの治療を行っているといわれています。欧米人男性の約50%がAGAを発症しているともいわれています。

日本人男性のAGA発症率が高いのか低いのかの判断は人それぞれだと思いますが、男性である以上、AGAを発症するリスクがあるということになります。

欧米では薄毛の改善を生活習慣の見直しから始めることが多く、ヘアケアが先行する日本人のAGA治療とは異なる傾向にあります。


AGAの症状(症状の進行)

症状やその進行には個人差がありますが、共通することはAGAの症状は進行性であり、放っておくと抜け毛・薄毛がゆっくりと進行していくという点です。症状が出現するのは頭頂部や額の生え際で、該当部位の薄毛が認められます。AGAの原因物質DHTをつくりだす5α還元酵素は全身のあらゆる部位に発現します。これが頭皮で発現してDHTを産生すると、 頭頂部と前頭部の髪が軟毛化して短く細くなり、薄毛となっていきます。頭頂部だとO型の脱毛、前頭部(額の生え際)だとM字型というのがAGAに特徴的な薄毛の症状です。

AGAではヘアサイクルが短くなっており、成長期が短縮しています。そのため、髪が早く退行期・休止期に移行してしまい毛包が充分に成長せず小さくなっていく毛包のミニチュア化、成長期の髪の割合が減少し、 細く柔らかい毛や抜け毛が増加するという硬毛の軟毛化という2つの現象が起こっています。

ヘアサイクルの比較

正常時:休止期3〜4カ月、成長期2〜6年、退行期2週間

AGA:休止期3〜4カ月、成長期 数カ月〜1年、退行期2週間

休止期と退行期の期間に違いはありませんが、AGAではヘアサイクルにおいて成長期の占める時期が圧倒的に短くなっていることがわかります。この現象により健康な発毛・育毛の期間が充分に取れず、抜け毛や薄毛が進行していきます。


AGAの対策

①AGA治療薬など専門的な治療

一般病院や専門クリニックでAGAの治療を受けることができます。治療薬の処方以外にもAGA専門ケアの指導があります。

受診しなくても、自分で治療を行うことも可能です。充分な知識を得た上で、用法用量を守るという前提で、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルなどのAGA治療薬を使用すればAGAの症状改善に効果が期待できます。 ただし万が一副作用が出た場合や身体に異常を感じた場合には必ず医療機関を受診するようにしてください。個人輸入や通信販売で購入した治療薬で副作用を起こした場合には、メーカーもどこの保障もないことを認識しておいてください。

②生活習慣の改善

喫煙による血管収縮で頭皮への血行が悪くなり、頭皮環境の悪化が薄毛を進行させてしまいます。パソコンやスマートフォンの長時間使用による眼精疲労、肩こりも血行不良の原因となります。髪が成長するためには睡眠も必要ですので、睡眠不足も薄毛の大敵です。

③ストレスの解消

ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、血管収縮が起こり血行不良となります。頭皮への血流を維持するためにも、ストレスを溜めないようにしましょう。

④食生活の見直し

食事から摂取された栄養素は生命に直接関与する部分(心臓や脳など)から順番に使われます。髪の毛は比較的後回しですので、栄養不足になると頭皮や髪が成長するための養分がなくなってしまいます。 食生活が偏っている方は見直しを行い、頭皮環境改善のためにも、バランスの良い食事を心がけましょう。

⑤シャンプーなどのヘアケア製品にこだわる

別項で詳しく述べますが、生活の中で最も抜け毛が起こりやすいのがシャンプーをしているときです。頭皮環境を悪くさせないような適切な洗髪方法と頭皮をいたわる成分を含んだシャンプーの使用は抜け毛・薄毛の改善につながります。

⑥サプリメント摂取

別項でも触れていますが、サプリメントの摂取で、頭皮環境を整え健康な発毛・育毛に必要な栄養素を効率的に補給できます。食生活の見直しとともに、取り入れてみると良いでしょう。

⑦育毛剤の使用

治療薬よりも手軽で気楽に導入できるのが育毛剤です。使用して直ぐに効果を実感してAGAが改善するわけではないことを認識しておきましょう。医薬部外品(薬用)の育毛剤には有効成分が含まれており、抜け毛を抑制する効果が認められているものもあります。

⑧植毛治療

自毛による植毛は推奨されていますが、人工毛植毛は行わないよう勧められています。(男性型脱毛症診療ガイドラインによる)ご自身でしっかりと検討し、主治医がいれば相談してみるとよいでしょう。


ミノキシジル

ミノキシジルは,発毛効果の認められた有効成分で、現在では内服薬と外用薬(塗り薬)に分かれています。

作用効率に関しては内服薬の方が高いことが特徴です.内服するだけで塗布する手間がいらず、血液に乗って体内循環するため、有効成分が均等に行き渡り、毛乳頭(毛根)が均一に活性化されることで血行促進や発毛効果が期待できます。作用時間が長いため毛乳頭の代謝が活性化されやすいという利点もあります。 ミノキシジル内服薬の最大のメリットは生え際の発毛効果だといわれています.狭い毛穴など外用薬が浸透しにくい部分の毛根を刺激することができ, AGAの発症時に髪が後退しやすく、急速に毛穴の収縮が起こりやすい額の生え際でその効果が顕著に現れるということになります。

本来は血圧を下げる目的で開発された薬ですので、ご使用の際、低血圧症状にはお気を付けください。健康体であれば特に大きな副作用は認められにくいですが、ある程度心臓への負担がかかりますので、動悸や頻脈が起こることもあります。頭部以外の全身の体毛へ発毛効果をもたらすため、 体毛の増加は薬の効果に伴う必然的な副作用です。服用を中止すれば半年ほどで本来の状態に戻ります。

外用薬では、有効成分が頭皮吸収され皮膚浸透となるので、経口吸収と比較して体内吸収率が下がります。皮脂など頭皮の状態による塗りムラや体温の個人差による薬の変化が影響して、作用が安定しないことがあります。しかし、気になる部分に直接的に塗布できるというのは精神的にも良い効果をもたらすことが期待できます。 リアップという製品として市販されており、有効成分の配合濃度が日本皮膚科学会推奨の水準まで達しています。内服と同様に血管拡張作用や毛母細胞の活性化など、発毛を促進させる作用が認められています。

発毛効果の認められたミノキシジルは、薄毛の進行を止めるフィナステリドとの併用が可能で、むしろ併用することでより大きな発毛・育毛効果が期待できます。


フィナステリド

AGA治療薬プロペシアなどに含まれる有効成分フィナステリドは、男性ホルモンからAGAの原因物質DHTをつくってしまう5α還元酵素(Ⅱ型)を阻害することにより、DHTの生成を抑制します。この作用によりヘアサイクルの成長期が長くなるため、 細くなった髪の毛にコシが出たり、休止期にある毛穴が成長して新しく生えてくる髪の毛が改善されたりという効果を生み出して、薄毛を改善し、AGAの進行をストップします.

プロペシアの場合、改善効果と維持効果を合算すると98%以上の人に効果があるというデータもあります。明らかに症状が改善するというよりは、抜け毛の進行が止まる、もしくは現状維持が可能という場合が多いです。 しかしAGAは放置しておくと進行してしまい、何も手を打たなければ悪化していく一方ですので、薄毛が気になる方にとっては効果的であると考えられます。

治療効果には個人差がありますが、服用開始から半年〜1年経つと、明らかな抜け毛の減少が起こり、後退していた生え際が前進し、4人に1人が効果を実感します.服用1年〜3年で薄毛が徐々に減り、4人に3人は効果を実感するようになります。そして服用4年以降で改善した髪の毛が維持されるようになります。服用を継続することで毛髪状態の改善率が高まり, AGAの進行を遅らせることが可能になります。効果が確認できるまでには通常約半年以上の連続使用が必要となります。また、効果が認められても服用を中止すると症状は再び進行してしまいます。

最も多いと言われている副作用の男性機能の低下(勃起不全や性欲減退、射精障害など)に関しては、フィナステリドが原因ではなく、リスクに対する不安や思い込みといった精神的なものが原因である可能性が非常に高いと考えられています。実際の医学研究でもフィナステリドに男性機能を低下させる作用は認められませんでした。 精神的な原因を除くと副作用発生率は1%以下と非常に低く、安全な成分といえるでしょう。


デュタステリド

デュタステリドは、プロペシアなど他のAGA治療薬の有効成分であるフィナステリドと同様、5α還元酵素を阻害する成分なのですが、Ⅰ型とⅡ型の両方を阻害する作用を持っています。AGAの薄毛を緩和させるメカニズムは、 フィナステリドと同じく、男性ホルモンからDHTが生成されるのを抑制するというものです。

海外での臨床試験において、デュタステリドのAGAへの効果はフィナステリドよりも高いとう結果が出ました。フィナステリドの10分の1の量でより高い効果が認められたという内容です。また半減期が5週間と非常に長いため、有効成分が体内に残りやすく、持続性が高いのも特徴のひとつです。

基本的な副作用や禁忌はフィナステリドと共通していますが、効果の高さゆえ、デュタステリドならではの副作用がありますので、服用に際しては充分な注意が必要となります。5α還元酵素のⅠ型も阻害する作用は、副作用にも影響してきます。 フィナステリドでは報告されていない精子数減少というデュタステリドの副作用が報告されています。


シャンプーやサプリメント

 1日の生活の中で最も毛が抜けやすいのが洗髪時といわれていますので、シャンプー選びは大切です。頭皮を傷つけないように優しく洗い、しっかりと洗い流す、正しい洗髪方法を実行しましょう。育毛シャンプーと呼ばれる商品には実は育毛効果はなく、育毛・発毛しやすい頭皮の状態をつくり維持する目的で使用します。AGAの方は、男性ホルモンやDHTの作用により頭皮環境が脂っぽくなりがちです。皮脂の過剰分泌により、 頭皮の毛穴詰まりや酸化が起こるとAGAが悪化する可能性がありますので、頭皮環境の改善が望めるシャンプーを選びましょう。頭皮に優しい弱酸性タイプのもの、皮膚の栄養を与えるαリノレン酸や保湿成分フコダイン、バイオTGAやオクラエキス、ピロミジロールが配合されているもの、天然成分やアミノ酸が含まれているもの、などが皮脂バランスを整えて適度な油分を維持するシャンプーの目安となります。 ご自分の髪質やお悩みに合ったシャンプーを選び、育毛をサポートしましょう。

 サプリメントは医薬品ではなく健康食品ですので、直接AGAに効果を示すわけではありません。主に栄養面から頭皮環境を整えて、頭皮や毛髪を保護することを目的としています。メーカー推奨の適切な量を継続して摂取することで効果が現れやすくなります。 以下の成分が含まれているものがAGA対策に有効と考えられますので参考にしてみてください。

  • DHT(AGAの原因物質)の生成を抑制する成分:ノコギリヤシ(フィナステリドと同様の作用を持つ天然成分)、イソフラボン(髪の原料ともなる植物性たんぱく質)、カプサイシンなど
  • 代謝促進と細胞の再生を促す成分:亜鉛(牡蠣やウナギに多く含まれる)、ウコン、ビタミン類(ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ビオチン)、ミネラル類など
  • 毛母細胞の活性化、血流改善する成分:ビタミンE、アミノ酸、高麗人参、イチョウ葉エキスなど