カテゴリー

シアリスジェネリックに関する全て

シアリスとは


シアリスは勃起不全(ED)の治療薬としてバイアグラやレビトラの次に日本で販売が開始されました。


シアリスはそれまで主流で使用されていたバイアグラやレビトラに比べて効果の持続時間がかなり長く、食事の影響も受けにくいので、初めての方でも内服しやすく、使いやすい薬として人気がありました。


シアリス有効成分のタダラフィルは水に溶けにくいため、内服後ゆっくりと体内で溶けて作用します。効果があらわれるまでの時間は30分~4時間と個人差があるため、性行為前の内服時間の調整が必要になります。


しかし、薬の効果持続時間はとても長く、シアリス10㎎で20~24時間、シアリス20㎎で30~36時間効果があると言われています。金曜日に内服すれば土日はずっと効果が持続した状態なので、週末は勃起不全を気にせず性行為を楽しむことができるので「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。


シアリスの効果が持続している間は、性的刺激に対して勃起しやすいように補助してくれる薬なので、効果が持続しているからと言ってずっと勃起いているわけではありません。そのため、性行為以外の私生活に支障をきたす心配はありません。


また、シアリスの有効成分であるタダラフィルはEDの治療薬としてだけでなく肺動脈性肺高血圧症や前立腺肥大症の有効成分としても含まれていて、様々な場面で活躍しています。


日本でのシアリスジェネリックとは


ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことで、既に販売されている先発医薬品の特許が切れてからでないと日本国内で販売することはできません。シアリスの特許が切れるのは2020年頃と言われているので、国内でシアリスのジェネリック薬が販売されるまでにはもう少し時間が必要です。


海外のシアリスジェネリックは


シアリスのジェネリック医薬品は日本ではまだ認可がおりておらず販売されていませんが、インドでは何種類ものシアリスのジェネリック医薬品が販売されています。


インドでは日本のように薬などに対する物質特許と言われるものが2005年までなかったので、シアリスの特許の有無に関わらず研究・開発を進めジェネリック医薬品として販売することができていました。


しかし、2005年以降に特許が取られている薬に新たに研究・販売することは禁止されました。そのため、同じED治療薬として販売されているレビトラのジェネリック薬は製造・販売が中止となったので、シアリスのジェネリック薬も製造・販売が中止される可能性も考えられます。


シアリスジェネリックの種類


シアリスジェネリックは主にインドの製薬会社から様々な種類のものが販売されています。そのシアリスジェネリックの中でも人気の高いタダリス、タダシップ、タダリフト、メガリス、エレクタリス、フォーゼストのそれぞれの特徴を紹介します。


どの薬にも有効成分であるタダラフィルは含まれているので、効果や副作用はほとんど同じです。しかし、ジェネリック医薬品は先発医薬品と多少、製造方法や形状が異なるので効果のあらわれ方に少し差が出る可能性もあります。


タダリス
タダリスには10㎎と20㎎があり、自分に合わせてどちらの用量を内服するか選ぶことができます。シアリスが世界中で認可されて使用されているのに比べて、タダリスはインド国内でしか認可されていません。しかし、タダリスを販売しているアジャンタ・ファーマ社という製薬会社はバイアグラのジェネリック薬として販売されているカマグラの販売もしているのでED治療薬の研究に力を入れていることが伺えます。


タダシップ
タダシップは20㎎しか販売されていませんが、以前のED治療薬に比べて副作用症状があらわれることが少ないので、安心して使用することができます。インドでは有名なシプラ社から販売されているので、商品に信頼性もあり、安心して使用できます。


タダリフト
製薬会社の中でも大手のファイザー社から販売されているシアリスのジェネリック医薬品です。大手の製薬会社から販売されていることで、人気もあり、愛用者も多いです。心因性・器質性・混合性と勃起不全のどの原因にも幅広く効果を発揮してくれます。


メガリス
メガリスには10㎎と20㎎の2種類の用量があるので、どちらの薬を内服するか選ぶことができます。タダラフィルは水に溶けにくいので、3~4時間前に内服しなければなりませんが、メガリスは1時間前に内服すれば良いので、焦って内服する必要もありません。


≫エレクタリス
エレクタリスはタダシップと同じシプラ者から販売されています。見た目も形状もタダシップとほとんど同じです。違いは、エレクタリスには20㎎しかないということです。効果や副作用に違いはほとんどないので、安心して使用して頂けます。


フォーゼスト
フォーゼストを販売しているサンファーマ社は世界でも有名な製薬会社で幅広い分野の治療薬を研究・開発しています。フォーゼストは20㎎のみしか販売されていませんが、信頼性が高く人気のあるED治療薬です。


シアリスジェネリックの選び方


シアリスジェネリックには様々な種類があります。ジェネリック薬は全てにタダラフィルを含んでいて、効果や副作用症状のあらわれ方はほとんど同じですが、形状や薬を作るにあたっての添加物などが多少異なるので、体質などで効果のあらわれ方に差が出てくることがあります。


そのため、シアリスで効果がなかった方でも、シアリスジェネリックでは効果が得られる可能性もあります。


自分にあったシアリスジェネリックを選択することで、性行為を不安に思うこともなくなります。


シアリスジェネリックのメリット


ジェネリック薬と言えば何よりのメリットが価格を安く購入できることです。先発医薬品のシアリスと比較しても、シアリスのジェネリック薬として販売されている薬は価格を3~4割安く購入することができます。


さらに、シアリスジェネリックは日本でまだ認可されていないので、日本の病院やクリニックでは処方してもらうことができません。そのため、自分で海外から薬の通販サイト(個人輸入代行サービス)を利用して購入する方法しかありません。


医薬品個人輸入サイトを利用すれば、自分の好きな時間に短時間で簡単に薬を購入することができ、病院やクリニックに行く必要もないので、他の人に会うこともなく、他の事を気にせずEDの治療に専念することができます。


シアリスジェネリックのデメリット


シアリスジェネリックは日本ではまだ認可されていない薬なので、個人で使用して副作用症状が出た場合や、偽物の薬が届けられた場合でも、購入して内服した自分の責任になってしまいます。


そのため、購入前に利用する個人輸入サイトを良く見極める必要があります。1番多いのが悪徳業者に偽物の薬をつかまされることです。偽物の薬は効果も得られず、何が配合されているかわからないので危険です。


薬の価格が安いからと言って、すぐに注文するのではなく、どの個人輸入サイトなら信頼できるかを確認して購入するようにして下さい。


シアリスジェネリックの購入方法


シアリスのジェネリック薬は日本では販売されていないので、個人輸入サイトを利用して購入するしか入手する方法はありません。


個人輸入サイトを利用したことがない方は薬を海外から輸入するということに不安を抱くかもしれませんが、何も心配することなく簡単に購入することができます。


個人輸入サイトは、他のインターネット通販と同じように欲しい商品を選んで購入ボタンを押すだけで良いのです。個人輸入サイトが全て代行して行ってくれるので、英語ができなくても心配いりません。


個人情報を書き込んでも日本の個人輸入サイトを利用すれば、個人情報漏洩の心配もなく安心して利用することができます。また、薬が配達される前に一度検品してくれるので、偽物の薬が届けられる心配もありません。


今では、簡単に安く購入することができるので、個人輸入サイトを利用する方も増えてきており、初めての方でも簡単に安心して使用して頂けるようになっています。