カテゴリー

レビトラジェネリックに関する全て

レビトラとは


レビトラは、バイアグラの販売が開始された約2年後に厚生省から認可を受け、勃起不全(ED)の治療薬として国内で販売が開始されました。


レビトラはED治療薬として有名なバイアグラやシアリスに比べて、水に溶けやすい性質なので、体内で効果があらわれるまでの時間が40~50分と短く、即効性があることが特徴です。


有効成分であるバルデナフィルは、勃起の持続を阻害するPDE5という物質の分泌を抑制する働きがあります。レビトラは勃起を促すのではなく、性的刺激によって勃起することを助ける働きがあります。勘違いされやすいのですが、内服するだけで勃起するわけではありませんので注意して下さい。


また、レビトラの内服時には食事にも注意が必要です。脂質を摂り過ぎてしまうと効果が著しく低下するため注意が必要です。


国内のレビトラジェネリックとは


ジェネリック医薬品とはそもそも、既に販売されている先発医薬品であるレビトラの特許が切れた後に、レビトラの有効成分であるバルデナフィルを含んで作られた後発医薬品のことを言います。


先発医薬品とジェネリック医薬品とで有効成分こそ同じですが、製造過程や錠剤の形状は異なりますので全く同じもの、というわけではありません。しかし、先発医薬品とジェネリック医薬品の効果のあらわれ方はほとんど同じです。


日本では現段階でレビトラの特許が切れていないので、ジェネリック医薬品はまだ販売されていません。レビトラの特許が切れるのは2024年頃なので、その頃にはジェネリック薬が販売される可能性は大いにあります。


海外のレビトラジェネリック


海外のレビトラジェネリックとして販売されている人気の高い薬は、バリフ、スーパービリトラ、ジェビトラ、サビトラ、シルビトラなどです。これらは、全てインドの会社が研究・開発したものです。


インドには2005年まで薬などの物質特許がなかったので、日本で特許が切れていないレビトラのジェネリック医薬品も研究・販売されているのです。


しかし、レビトラの販売元であるバイエル社がレビトラの特許に最近になって新たに項目を追加したようで、インドでも2005年に作られた物質特許の法律によって、レビトラジェネリックの規制がかかり製造ができなくなってしまっています。


そのため、現在ではレビトラジェネリックの製造は中止されているので今残っている在庫を急いで購入しておかなければ、特許が切れるまでレビトラジェネリックの販売は待たなければいけなくなるでしょう。


インドの製薬会社と聞いて、疑問に思う方もいるかもしれませんが、インドはジェネリック医薬品の研究・開発に関してとても発展しているので、安心して使用して頂くことができます。日本で認可されていなくても、海外でも国の認可にはしっかりとした規制があるので、国の認可がおりていれば安全性は保障されています。


レビトラジェネリックの種類


レビトラのジェネリック薬として販売されている人気の高い薬は、バリフ、スーパービリトラ、ジェビトラ、サビトラ、シルビトラなどです。どれも同じ有効成分であるバルデナフィルを含んでいます。しかし、製造過程や形状が少し異なるので、それぞれの特徴を紹介します。


≫バリフ
バリフはアジャンタファーマ社から販売されています。バリフには錠剤タイプと味付きのゼリータイプの2種類の形状があるので選ぶことができます。錠剤タイプに比べて、ゼリータイプはより即効性が高まると言われています。薬を内服することが苦手な方でもゼリータイプなら苦にせず内服できるでしょう。7種類の味があります。しかし、アジャンタファーマ社は現在バリフの製造を中止しているので、入手が困難かもしれません。


スーパービリトラ
ビリトラは、レビトラの用量が10㎎・20㎎と販売されているのに対し20㎎のみの用量しか販売されていません。しかし、用量が20㎎と多い割には錠剤の形は小さく内服しやすいことが特徴です。


≫ジェビトラ
ジェビトラは錠剤タイプ・ソフト錠剤タイプ・ゼリータイプと3種類から選ぶことができ、水なしでも内服することができます。薬が苦手な方でも、自分で薬の形状を選ぶことができるので、苦にならずに内服することが可能です。


サビトラ
サビトラはサバ・メディカ社から販売されています。サバ・メディカ社はサビトラだけでなく、バイアグラやシアリスのジェネリック医薬品の販売もしています。 インド国内で認可されて販売されている薬で、レビトラと効果の違いもほとんどありません。


≫シルビトラ
シルビトラはバイアグラの勃起させる効果とレビトラの即効性を兼ね合わせた優れたジェネリック医薬品です。有効成分にはバイアグラに含まれるシルデナフィルとレビトラに含まれるバルデナフィルの2種類が含まれています。 しかし、他のED治療薬に比べて有効成分量も多いので、使用時には注意が必要になります。


レビトラジェネリックのメリット


レビトラのジェネリック薬は日本では認可されていないので、病院やクリニックで処方してもらうことは基本的にはできません。レビトラのジェネリック薬を使用したい方は自分で入手する必要があります。


自分で入手する事を不安に感じるかもしれませんが、かなり多くのメリットがあります。


レビトラジェネリックのメリットとして1番にあげられるのは、まず価格です。ジェネリック医薬品は既に効果は実証されているので、研究・開発にかかるコストを抑えることができます。そのため、先発医薬品と比べて4~6割程度安く手に入れることができます。


それに加え、個人輸入サイトを利用して購入すれば診察費などもかからないので、半額程度で購入することが可能です。勃起不全の治療のためにはある程度の期間、薬を内服する必要があるので、コスト面を抑えられることは経済的負担の軽減にもつながります。


また、自分で購入することができれば医師に自分の性事情を話す必要がないので恥ずかしい思いをする心配もなく、病院やクリニックを受診する時間を取る必要もありません。誰にも気づかれる心配がないので、周囲の目を気にすることなくEDの治療に専念することができます。


また、レビトラのジェネリック医薬品として様々な製薬会社から販売されているので、自分に合った薬を選んで内服することができます。有効成分は同じでも、含まれているものや形状が少し異なることで、人それぞれ薬の効果のあらわれ方は異なってきます。


レビトラで効果が得られなかった方でも、ジェネリック薬なら効果が得られる可能性もあるので、EDの治療薬としての選択肢が広がります。


また、ジェネリック薬にはレビトラの有効成分のバルデナフィルだけを含んでいるのではなく、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルが含まれていたり、早漏を改善するダポキセチンが含まれていたりと、プラスで効果を得ることもできます。


レビトラジェネリックのデメリット


日本で認可されていない薬を使用するのは副作用や効果など信頼できるのか不安に思う方も多いと思います。デメリットはきちんと把握し注意して購入しましょう。


個人輸入サイトで海外で販売されている薬を購入して内服する場合、大前提として全て自己責任になってしまいます。例えば、副作用症状があらわれても自己責任になるので、その点はきちんと理解しておくようにして下さい。


レビトラジェネリックを個人輸入サイトを利用して購入する場合、1番注意が必要な点が悪徳業者に引っかからないことです。全てパソコン1つでネットショッピングと同じように簡単に片付くのですが、悪徳業者につかまってしまうと、薬が届かなかったり、届いても偽物の薬だったりすることがあります。


安いだけで飛びつかず、購入する前にしっかりと個人輸入サイトを見極めて、騙されないようにしましょう。商品れびゅーの量や質は大きな判断材料となります。


また、クリニックなどでも個人輸入サイトを利用して手に入れた薬を処方している場合がありますが、これは法律違反になるので注意して下さい。個人輸入サイトで入手した薬は、自分が使用する場合のみ輸入が許可されています。そのため、クリニックから処方された場合は法律違反になってしまいます。


レビトラジェネリックの購入方法


病院やクリニックで処方されている薬は全て厚生省に認可されている薬のみなので、個人がレビトラジェネリックを入手する方法は個人輸入サイトの利用に限定されます。


海外で販売されている薬は日本国内で認可され使用されている薬よりも数多くあるので、現在使用している薬が合わなくても、自分に合った薬が見つかる可能性があります。


個人輸入サイトは現在では需要も高まってきていて、利用者も増えています。個人輸入サイトの利用方法は簡単で、パソコンで自分の欲しい薬の購入ボタンを押せばいいだけで、他の通販サイトの購入の仕方と変わりありません。


また、自分の欲しいレビトラのジェネリック薬がはっきりとわからなかったり、どれにしようか悩んでいても、個人輸入サイトにはきちんと効果や副作用などが説明されているので、自分でどの薬を購入するか選ぶことができます。


海外から薬を輸入するとなると心配な点も多いと思いますが、日本の個人輸入代行サイトを利用すれば、個人情報はきちんと管理され、薬も一度検品してくれるので偽物の薬を送られる心配もありません。


個人輸入サイトを初めて利用される方でも、簡単に安心して利用いただけるので、ぜひ一度試してみて下さい。


この商品もいっしょに買われました!