カテゴリー

バイアグラジェネリックに関する全て

バイアグラとは


バイアグラは勃起不全(ED)の治療薬としてアメリカでは1998年、日本では1999年に国で認可され販売されています。


有効成分シルデナフィルは、勃起不全の治療薬として使用されていますが、最初は狭心症の治療薬として研究が進められていました。その研究途中に勃起不全の治療効果が得られることが分かり、現在は勃起不全治療薬として広く知られています。


バイアグラは勃起不全の原因となるPDE-5の働きをブロックしてくれるので、性的刺激を受けて勃起を補助する役割があります。


ジェネリック薬とは


最近病院や薬局で薬を購入するときなどに、よく耳にするジェネリック薬ですが、そもそもジェネリック薬とは何なのかご存知ですか?


ジェネリック薬とは既に国に認可され使用されている薬(先発医薬品)の特許が切れた時に同じ有効成分を使用して作られた薬(後発医薬品)のことです。形状や含まれる有効成分が先発医薬品と全く同じというわけではないので、先発医薬品に対して色々な会社が様々なジェネリック医薬品を販売しています。


既に先発医薬品によって多くの研究開発がされているので、新薬の開発よりも費用や時間などの総合的なコストを抑えることができます。よって、ジェネリック医薬品は先発薬に比べ販売価格を安く設定することが可能です。


国内のバイアグラジェネリック


勃起不全(ED)の治療薬として日本で認可され、販売されている薬がバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。それぞれ勃起不全の治療薬として使用されている薬ですが、効果や持続時間・副作用症状など、体質によって異なるので自分に合った薬を見つけて内服するようにしましょう。


レビトラやシアリスは特許が切れていないので、日本で研究・販売することは現在の時点ではまだできません。そのため、日本で認可されたEDのジェネリック医薬品として販売されているのはバイアグラジェネリックのみとなっています。


バイアグラのジェネリック医薬品として日本で最初に販売された薬が、東和薬品から販売されたシルデナフィルOD錠です。OD錠は水がなくても内服することができる、溶けやすい薬です。


海外のバイアグラジェネリック


バイアグラのジェネリック医薬品は日本でも多くの種類が販売されていますが、ジェネリック医薬品の先進国であるインドでも様々な種類のものが販売されています。


インドは2005年まで薬に使用されている成分に対する物質特許がなかったので、日本では特許が切れておらずジェネリック医薬品の研究・開発ができない医薬品であっても、インドでは違法性がなく開発・販売されていました。


そのため、インドはジェネリック医薬品の製造に特化していて、数多くのジェネリック医薬品が販売されています。


バイアグラジェネリックの種類


インドで販売されているバイアグラのジェネリック医薬品として人気の高いものがカマグラ、ペネグラ、カベルタ、シラグラなどです。名前はそれぞれ異なりますが、どれもバイアグラと同じシルデナフィルを有効成分として含んでいます。


以下に、それぞれの特徴を紹介します。


カマグラ
カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品の中では抜群の認知度と人気を誇っています。50㎎と100㎎の2種類の用量から選ぶことができます。日本国内は50㎎の用量が最大なので、国内で承認を受けているバイアグラで物足りなさを感じた方は100㎎を試してみてもよいでしょう。


ペネグラ
ペネグラは25㎎・50㎎・100㎎と細かく3種類に容量が分かれているので、自分との相性次第で選択して内服することができます。


カベルタ
カベルタは50㎎と100㎎の2種類の用量があります。EDの原因である心因性・器質性・混合性、どの原因にも効果的です。


シラグラ
シラグラはシプラ社から販売されている経口薬です。50㎎と100㎎の2つの用量があります。錠剤に割れ目が入っているので、カットして自分に合わせた用量で内服しやすくなっています。


バイアグラジェネリックの選び方


バイアグラジェネリックには日本で作られたものと海外で作られたものを含めるとたくさんの種類の商品が販売されています。


たくさんの種類が販売されているので、自分に合った薬も見つけやすい反面、どの薬にすればいいのか悩んでしまいます。そのため、どのように薬を選べばよいのか紹介します。


ジェネリック医薬品は多少作り方や形状が異なるので、効果のあらわれ方も少しずつ変わってきます。そのため、自分の体質に合った薬を見つけることがまず1番に大切です。


その次に薬の形錠です。日本で研究・開発されたシルデナフィルOD錠は水がなくても内服できるので、ラムネのように口の中に入れているだけで溶けて効果を発揮してくれます。薬に抵抗がある方にはオススメです。


他にも、錠剤の用量を自分で調整できるように割りやすく線が入っているものもあるので、自分の内服しやすい薬を選択すると良いでしょう。


薬は体内で作用するので、信頼性や安全性は重要です。日本国内で認可されているシルデナフィルOD錠などは安心して内服することができますが、インドで作られたカマグラやペネグラなどの海外のジェネリック薬も大手の製薬会社が研究・開発しているので信頼することができます。


また、海外のジェネリック医薬品はコスト面をかなり抑えることができるので、1度ではなく継続的に内服しなければならないED治療の経済的負担を抑えることができるのでオススメです。


バイアグラジェネリックのメリット


バイアグラジェネリックが人気の高い理由は、価格が先発薬に比べ4~6割安く、なおかつ同等の効果を得られることが1番のメリットです。経済的負担を気にすることなく、治療に専念できるのでバイアグラのジェネリック医薬品を使用する方も多いです。


ちなみに、日本で認可されているバイアグラやシルデナフィルOD錠は病院やクリニックでED治療薬として処方されていますが、海外で人気の高いカマグラなどのジェネリック医薬品は個人輸入サイトで自分で購入するしか入手方法はありません。


自分で薬を輸入するとなると不安に思う方もおられるかもしれませんが、パソコンやスマホさえあれば簡単に購入することができるので、病院に行く時間も取られません。病院に行かなくても良いので、他の人に顔を見られる心配もなく、医師に自分の性事情を話す必要もないので恥ずかしい思いをしなくても済みます。


当サイトで注文して頂ければ郵便局での受け取りも可能なので家族の方にばれる心配もいりません。匿名性が担保されますので、個人情報がしっかり守られます。


バイアグラジェネリックのデメリット


バイアグラジェネリックは個人輸入サイトで自分で購入することができますが、何か問題が起こっても全て自己責任になってしまいます。


個人輸入サイトを利用するときのデメリットとして、悪徳業者がいるということです。個人輸入サイトの利用者が増えている反面、悪徳業者も増えてきているので、個人輸入サイトの利用前にこのサイトは安全かを自分できちんと確認してください。


個人輸入サイトが悪徳業者であれば、金額だけ払わされたり、薬が届いても偽物だったというようなこともあるようなので注意が必要です。


また、副作用症状があらわれた場合でも、自己責任になってしまいます。薬を内服して身体に何か異常があらわれた場合には直ちに病院を受診するようにして下さい。


バイアグラジェネリックの購入方法


先の内容と重複しますが、海外で販売されているジェネリック医薬品は日本で認可されていないので、自分で個人輸入サイトを利用して入手するしかありません。


個人輸入サイトとは、海外で販売されている薬を日本の自宅(など)まで宅配してくれる薬の輸入代行サービスのことです。個人輸入ときくと少しハードルを感じてしまうかもしれませんが、利用方法は通常の通販サイトと何一つ変わりません。輸入に関わる面倒な手続きは全てサイト側が代行してくれます。


毎日働いている方や、病院に行く時間が取れない方の間で徐々に人気が高まってきていて、利用者も増えてきています。実は、個人輸入代行サイト自体は日本では10年以上も前から存在する歴史のあるサービスです。


海外からの薬を輸入することに心配があるかもしれませんが、個人輸入サイトが海外の薬の注文・届いた商品の検品など全て行ってくれるので、初めて利用する方でも安心して利用して頂けるので一度ぜひ試してみてください。


シルデナフィルのその他の適応症


バイアグラの有効成分であるシルデナフィルはED治療薬として有名ですが、シルデナフィルの効果はそれだけではありません。


2008年1月にファイザー社から新たに有効成分にシルデナフィルを含む「レバチオ」という薬が、肺動脈性高血圧症の治療薬として国の承認を得て販売が開始されました。


肺動脈高血圧症とは、心臓から肺に血液を送る役割を持つ肺動脈が何らかの原因によって狭くなることで、心臓から肺の間の血液がスムーズに送られなくなります。しかし、心臓は血液を送ろうと必死に働くので、心臓に強い負担をかけてしまい高血圧症状が引き起こされます。


症状としては、呼吸困難感や疲労感・息切れなどがあらわれ、重症化すると心不全を発症してしまうこともある大変危険な病気です。


この症状に対してレバチオを内服すると、有効成分であるシルデナフィルが血管拡張物質と言われるcGMPの分泌を活発にさせるので、狭くなっている肺動脈を拡張させることができます。薬の作用により、血管が拡張すると血液の流れがスムーズになり、自然と心臓に負担も軽減されるため、症状が改善されます。


レバチオは肺動脈性肺高血圧症の重症例にも効果を発揮してくれ、他の薬との併用も可能なので、幅広く使用されています。