カテゴリー

メラニンとは(役割・種類)


メラニンは肌や髪の毛の色を決める色素になっていて、人間だけでなく他の動物や植物などにも含まれています。


メラニンには日本人の髪や黒人の人の髪の毛を黒くする黒色メラニン(ユーメラニン)と白人の人に多い肌色メラニン(フェオメラニン)の2種類に分かれています。黒人・白人・黄色人種など肌の色や髪の毛の色が異なるのはこのメラニン色素の含まれている量が個々で違うことによって様々な肌の色や髪の毛の色が生まれます。


メラニンと聞くと、シミの原因・色が黒くなってしまう色素とマイナスイメージで捉えがちですが、メラニン色素は肌にバリアを作ることで紫外線から肌を守ってくれ、黒い髪の毛を作ってくれる大事な役割も担っています。


メラニンは皮膚の表皮の基底層にあるメラノサイトで生成されます。メラノサイトは紫外線などの刺激を受けると、メラニンを作り出し、このメラニンが肌にバリアを作るので、紫外線の刺激を受けにくくなります。


また、黒色メラニンの量が多いほど、肌の色や髪の毛の色を濃くしてくれます。白髪が多い人は、メラノサイトを作る元の細胞の働きが弱まることが原因とされています。メラノサイトの働きが弱くなると、メラニンの生成量も少なくなり、髪の毛を黒くする働きのあるメラニン色素が髪の毛に含まれず、白い髪のまま生えてくるので白髪になってしまうと言われています。



シミになるメカニズム


紫外線などの刺激を受けると、肌にある活性酸素(フリーラジカル)が発生します。この活性酸素は適量であれば、肌を刺激から守ってくれる良い働きをしてくれるのですが、過剰に働いてしまうと、シミやシワなど肌の老化の原因になってしまいます。活性酸素は、名前の通り活性化された酸素のことです。刺激を酸化させることで、刺激を攻撃するのですが、量が多くなると肌を攻撃してしまうので、肌の老化の原因になってしまうのです。活性酸素は紫外線の他もストレスや喫煙などの生活習慣でも発生します。


また、紫外線を浴びると、色素形成細胞(メラノサイト)を活性化させる情報伝達物質が作り出され、メラノサイトはメラニンを作り、メラニンは肌の表面に送られ、蓄積していきます。通常であれば、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が28日周期で行われているので、その時にメラニン色素も分解され、アカとなって剥がれ落ちていくのですが、ターンオーバーがうまく行われず、肌に蓄積されたままになると、そのメラニンがシミの原因となってしまいます。



シミの種類


シミと大まかに言っても、シミには種類があり、それぞれ特徴や治療方法も変わってくるので、まずは自分がどのようなシミに当てはまるのかを確認する必要があります。代表的なシミをいくつか挙げていくので、自分がどのシミなのか調べてみてください。


  • 老人性色素斑

    シミの境界がはっきりしている褐色もしくは黒っぽいシミのことで、米粒大~数センチになるものまで大きさはまちまちです。原因は紫外線と言われていて、中年以降に多いシミです。メラニン色素が沈着してできるので、頬骨や手の甲など紫外線が当たりやすい部分にできやすいです。

  • 雀卵斑(ソバカス)

    頬や鼻の周りに小さな茶色い斑点がいくつも見られます。幼児期から見られ、思春期になると目立つようになります。遺伝子による影響が強いと言われていますが、紫外線によってソバカスが悪化する可能性もあります。

  • 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

    両側の頬骨のあたりに褐色から灰褐色、紫褐色など青みがかったあざのような色素斑が増えてきます。日本人に多くみられるのが特徴です。

  • 炎症後色素沈着(ニキビ)

    ニキビやケガなどが原因で皮膚が炎症を起こした後にできるシミのことです。肌のターンオーバーによって、次第にシミは消えていきますが、シミの色が濃くなってしまった部分は消えずに残ることもあります。

    また、かみそりなどでムダ毛処理した後に毛穴が黒ずむことも色素沈着の1つです。色素沈着した部分が紫外線を浴び続けると、色が濃くなりシミが消えにくくなるので注意が必要です。

  • 肝斑

    頬骨上や頬、鼻の下、額、口周りなど顔にできやすいシミです。地図のようにシミが出来るのが特徴で、30代以上の人に多いです。妊娠やピルの内服など女性ホルモンが大きく関わっていると言われています。

  • 脂漏性角化症

    イボ状に盛り上がった状態のシミのことです。シミが角化することで、盛り上がってきます。老人性色素斑が進行してできたものが多く、加齢によってできやすくなります。



シミ対策


(1)紫外線対策


シミの原因ともいわれる紫外線をブロックすることはとても大切なことです。夏になると紫外線対策をきっちりしている人も多いですが、紫外線は1年中、天気、室内外問わず肌に降り注ぎます。肌の露出を抑えるような服装をする、日焼け止めクリームを塗るなど紫外線対策は皆さんが知っていることがほとんどです。しかし、日焼け止めは正しく塗らなければ効果がありません。日焼け止めは、外に出る2~3時間前にたっぷり塗り、何度も塗り直しをするようにして下さい。化粧品にもUVカットの成分が含まれているものもあるので、有効的に使用すると紫外線対策にも効果的です。


(2)食生活の改善


 シミの改善には食生活も深く関係しているので、身体の中からシミ対策をしていきましょう。


  • ビタミンA・C・E

    メラニンの生成や活性酸素の働きを抑えてくれる働きがあり、シミと老化を防いでくれます。

    鶏・豚・牛レバー・ニンジン・かぼちゃなどの食材に多く含まれています。

  • アスタキサンチン

    ビタミンと同じように、メラニンの生成を防ぎ、酸化作用を抑えてくれます。サケやエビ、カニなどに含まれています。

  • オメガ3系脂肪酸

    肌のターンオーバーを促し、抗炎症作用によって赤みやニキビなどの炎症を防ぎます。サケやマグロ、ほうれん草、大豆などに多く含まれます。


(3)規則正しい生活を


シミはメラニンの蓄積で起こります。ターンオーバーはメラニンを肌の外に出してくれ、蓄積を防ぐのでターンオーバーはシミ対策にとっては重要です。しかし、ターンオーバーは生活リズムの乱れや食生活などによって乱れやすいです。ターンオーバーが最も活発になる時間帯は22~2時の間と言われています。この時間に就寝していることで、肌のターンオーバーがしっかりなされシミを生成することを防ぐので、規則正しい生活リズムを身につけるようにしましょう。


また、日中最も紫外線が強い時間帯である10~14時の間はなるべく外に出歩かず、朝方か夕方に外出するようにすると、肌に負担が少なく優しいです。



日焼け止めクリームの正しい選び方と塗り方


先ほど紫外線対策の章で説明したように、簡単に紫外線対策をすることができ、効果的なものが日焼け止めクリームです。普段、日焼け止めクリームを使用している方も多いと思いますが、用途に合った日焼け止めクリームを選んで、正しい塗り方をしないと効果を発揮してくれません。


日焼け止めクリームが紫外線対策にどのような効果を発揮してくれるのか、どの日焼け止めクリームを選べばいいのか、日焼け止めクリームの塗り方など説明していきます。


(1)紫外線の種類


紫外線にはUV-A・UV-B・UV-Cの3種類があります。UV-Cが最も危険な紫外線の種類ですが、UV-Cはオゾン層で守られています。


UV-Aはしわやたるみなどの老化の原因となります。


UV-Bはシミの原因になるだけでなく、皮膚がんや白内障などの疾患を引き起こす原因となります。夏場、日差しに当たった後に肌が赤くなるのもUV-Bが肌に軽いやけどを起こしているからです。


(2)日焼け止めクリームの役割


日焼け止めクリームには紫外線から肌をまもるために紫外線吸収剤、もしくは紫外線散乱剤が配合されています。


どちらも、日焼け止めクリームを肌に塗ることで、肌にバリアを作り、紫外線から肌を守ってくれる役割を持っています。


紫外線吸収剤は、浴びた紫外線を一度肌の表面で吸収して熱エネルギーに変えて放出します。肌の表面でブロックしてくれるので、紫外線が肌へ浸透することを防ぎます。紫外線の防御率は高いですが、一度吸収して熱エネルギーに変換するときに化学変化が起こるため肌へ負担がかかってしまいます。


もう1つの紫外線散乱剤は紫外線を吸収せず、そのまま肌の表面で跳ね返してくれます。UVAとUVBの両方を防御してくれ、一度塗ると効果は長持ちしてくれます。しかし、塗った後にベタつきが残ってしまうことがあり、使用感が気になる方もいるかもしれません。


(3)日焼け止めクリームのSPFとPAとは?


日焼け止めクリームを選ぶときに目にするSPF(Sun Protection Factor)とPA(Protection Grade of UVA)ですが、数値の高いものを使用すれば紫外線対策に効果的というわけではありません。


・SPF
SPFはUV-Bから肌を守ってくれます。UV-Bによって、肌が赤くなったり、ヒリヒリするなどの炎症症状があらわれるまでの時間は10~20分程度と言われています。SPFはUV-Bによって起こされる炎症を日焼け止めクリームを塗ることによってどの程度の時間引き延ばされるかを示しています。


例えばSPF50+の日焼け止めクリームであれば、単純計算で20分×50=1000分(約16時間)、肌をUV-Bから守り、日焼けを抑制してくれるということです。


・PA
PAはUV-Aをブロックしてくれます。PA+~++++まで4段階に分かれています。+の数が多いほどUV-Aの防御率は高まります。


(4)日焼け止めクリームの選び方


日焼け止めクリームを選ぶとき、SPFやPAが高いものを選んでいれば間違いないと思ってしまいますが、用途や塗る部位によって使い分けることが大切です。


日焼け止めクリームには顔用や身体用など、推奨使用部位がそれぞれ記載されています。身体用を顔に塗っても問題はありませんが、肌の厚みや皮脂腺などの数によって、肌に合わせて作られているので、使用部位に合わせて使用することはとても大切です。


また、SPFとPAの選び方ですが、SPFとPAが高ければ高いほど、紫外線をブロックしてくれる効果は高まりますが、その分肌への負担もかかってしまいます。むやみやたらSPFとPAが高いものを使用せず、用途に合わせて使用するようにしましょう。


散歩や通勤など日常生活の紫外線対策で使用する場合は、SPF10・PA+が低いものでも大丈夫です。屋外でのスポーツの時などはSPF10~30・PA++以上のもの、海水浴やプールなど1日中外にいる場合はSPF30~50+・PA++~+++以上のもの、特に紫外線が強い場所にいる場合はSPF50・PA++++のものが良いと言われています。


(5)日焼け止めクリームの塗り方


日焼け止めは塗り方のポイントを紹介します。まず塗る前に肌の汗や汚れを拭き取って、化粧水などを使用して肌の状態を整えましょう。肌の状態を整えたら、1円玉の大きさ程の日焼け止めクリームをムラなく丁寧に引き伸ばしてください。日焼け止めクリームを大量に使用すると、肌への刺激になってしまったり、ベタつきの原因になるので、適量を丁寧に塗りましょう。


顔や首など日焼けしやすい部分には重ねて塗り込むようにして、紫外線から肌を守るようにして下さい。


また、日焼け止めは一度塗れば安心というわけではありません。汗や水で日焼け止めクリームは落ちてしまうので、2~3時間ごとに塗りなおすことが大切です。


(6)日焼け止めクリームの落とし方


日焼け止めクリームを塗ると肌を紫外線から守ってくれますが、その後しっかり落とせず肌に残ったままになってしまうと、毛穴がつまり、肌荒れなどの原因になってしまいます。


日焼け止めクリームは家に帰ったらすぐに洗顔料やクレンジング剤を使用して落とすようにして下さい。洗い流す際は水ではなくお湯を使用するとより良いです。


また、落とす時はゴシゴシこするのではなく、丁寧に落としていくようにして下さい。丁寧に落とした後は、化粧水や美容液でしっかり保湿をして、肌の状態を整えるようにしましょう。



飲む日焼け止めサプリメント


紫外線から肌は守りたいけど、日焼け止めクリームをこまめに塗ったり、対策は面倒くさいという方にオススメなのが日焼け止めサプリメントです。


テレビなどでも紹介されて、現在注目が集まっています。飲むだけでいいので簡単に紫外線対策を始めることができます。


日焼け止めサプリメントのメリットとして、まず1番にあげられるのが簡単ということです。紫外線は夏だけでなく年中降り注いでいるので1年中対策が必要ですが、夏以外は怠ってしまいがちです。そんな時日焼け止めサプリメントを使用すれば簡単に年中紫外線から肌を守ってくれるのでとても手軽です。


内服すると言っても、天然成分で作られた自然素材のサプリメントなので副作用症状を心配する必要もなく、身体に害を及ぼすこともありません。


2つ目に肌だけでなく、目も紫外線から守ってくれます。目から紫外線が入っても、身体の中でメラニンが増えシミやそばかすの原因になりますが、目に日焼け止めは塗れません。しかし、日焼け止めサプリメントを内服すれば目から入る紫外線もブロックしてくれます。


3つ目に敏感肌の方でも使用できるということです。日焼け止めクリームが刺激となって肌荒れを起こし、日焼け止めクリームを塗れない方には日焼け止めサプリメントの内服をオススメします。


このように日焼け止めサプリメントにはメリットが数多くあります。価格もお手頃で、誰でも購入しやすい価格になっているので、紫外線対策に悩んでいる方は一度試してみて下さい。



美白成分のハイドロキノン


ハイドロキノンは、イチゴや麦芽、コーヒーなどに多く含まれる天然成分です。ハイドロキノンは日本でも海外でもとても人気のある美容成分になります。ハイドロキノンは還元作用があるため、酸化防止剤などとしても使用されていました。この還元作用とは、酸化を抑える作用のことです。身体にできるシミも、身体が酸化することによってできるので、ハイドロキノンにはシミを還元してくれる作用が期待できます。


ハイドロキノンにはシミの原因であるメラニンを作るチロジナーゼという酵素の働きをブロックする作用と、メラニン色素を作るメラノサイトの両方に働きかけるので、メラニンの肌への蓄積を防ぎ、シミを予防します。


ハイドロキノンの特徴は、もう1つあり、すでに出来ているシミにも効果的であるということです。メラニンは紫外線の刺激で酸化することによって肌を黒くしますが、ハイドロキノンの還元作用で酸化を還元することで、メラニン色素を薄くしてくれる作用もあります。


ただし、ハイドロキノンの効果が期待できるのは皮膚の表面部分にできたシミに限定されます。皮膚の奥深くまで色素沈着が進んでしまったものは効果を期待できません。また、紫外線の影響を受けるシミに効果を大きく発揮してくれます。



皮膚代謝UPのトレチノイン


トレチノインとは、皮膚細胞に直接作用することで、皮膚細胞を生成させ代謝を促します。代謝を促すことで、死んでしまっている皮膚細胞を角質(アカ)として肌の表面から剥がすという皮膚の新陳代謝、いわゆるターンオーバーを促す強い作用を持っています。


肌のターンオーバーは28日周期で行われると言われていますが、生活リズムの乱れやストレスなどの影響でターンオーバーのサイクルは簡単に乱れてしまいます。周期的にターンオーバーがされなくなると、剥がれ落ちるはずの古い角質や色素が肌に滞るためシミの原因になってしまいます。さらにそのまま放置してしまうと、色素沈着を起こしてしまうのでみるみるシミが濃くなって目立つようになってしまいます。


そこでこのトレチノインを塗布することで、ターンオーバーの周期を約14日も短縮でき、角質などが肌へ蓄積することを防いでくれ、出来てしまったシミも新しく皮膚が作られるので徐々に薄くなっていくという効果があります。


トレチノインは効果が強いので、初めて使用される方は少し肌がヒリヒリしてしまったり、赤くなってしまうこともありますが、ターンオーバーが促進されている証拠なので心配せず使用して頂けます。


また、トレチノインはターンオーバーを促進する作用だけでなく、皮脂の分泌をコントロールできるので、肌内部のヒアルロン酸やコラーゲンを作るのを助ける役割もあるので、美肌にも効果的な成分が含まれているので、肌には嬉しいことづくしです。


トレチノインは、ジェルタイプクリームタイプ両方あるので、クリームを塗るのが苦手な方にはもっと軽い使用感のジェルタイプをおすすめいたします。



シミ・そばかすを薄くするトラネキサム酸


トラネキサム酸は以前より抗炎症・抗アレルギー薬、止血薬として使用されていましたが、肝斑に使用した時に効果が現れたので、それ以来シミやそばかすの治療薬として国に認可されて経口剤や化粧水に含まれ、安全性の高い信頼できる美白成分としてトランシーノとして販売が開始されました。


なぜトラネキサム酸がシミやそばかすに効果的なのかというと、シミを作るプロスタグランジンと呼ばれる物質をブロックする働きがあるからです。プロスタグランジンは、紫外線などの刺激でメラノサイトがメラニンを作るために働き出したときに一緒に情報伝達物質として生み出されます。プロスタグランジンはメラノサイトを活性化させる働きがあるので、そのままにしておくとメラニンが大量に発生し、シミやそばかすの原因になってしまいます。この時トラネキサム酸はプロスタグランジンをブロックしてくれるので、メラニンの合成を阻害するように働きかけてくれるので、色素沈着が起こりにくくなるのです。


また、紫外線などの刺激により、皮膚ではたんぱく質を分解し、肌荒れや炎症を起こすプラスミンという酵素も活性化するのですが、このプラスミンの働きを抑制する効果も持ち合わせているため、この抗炎症作用を持ち合わせていることで、歯磨き粉などにも使用されています。


肝斑やシミ・そばかすなどの肌荒れは女性ホルモンが大きく関係していることがわかっていますが、トラネキサム酸は女性ホルモンに直接働きかけているわけではありません。そのため、ホルモンバランスが乱れる心配や、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる副作用症状を心配する必要はありません。


トランシーノは長く使用すれば、より効果があると言われています。トランシーノは1ヵ月の使用で効果がみられた方が60%程度、2ヵ月使用すると約85%の方は何かしらの効果があらわれたとされています。そのため、トランシーノは継続的に使用する必要があります。


そこでオススメの方法が、トラネキサム酸が含まれる経口剤の個人輸入です。個人輸入サイトを利用すれば、価格面でかなり抑えることができるので、長期的に内服しないといけないトランシーノなどの薬には経済的負担が軽減できオススメです。


また、海外で販売されているトランシーノを購入することができます。海外では、トランシーノのジェネリック薬も研究・販売されているので、さらに安い価格で手に入れることができます。さらに、日本では販売されていない薬や用量も自分で選択することができるので選択肢が広がります。


オススメのトランシーノのジェネリック薬は、トランシーノジェネリックです。有効成分にトラネキサム酸500㎎が含まれています。メラニン細胞の働きを抑制してくれるのでシミやシワ、肝斑を改善してくれる効果は同じです。3ヶ月以上内服を継続することで効果が現れてくるようですが、このトランシーノジェネリックは1箱に100錠入っているので1日2錠、3回内服したとしても2週間以上持ちます。面倒な方はまとめ買いもできるので便利です。


他にも、トランシーノ500㎎やトランサミン250㎎と用量や価格で自分に合った商品を購入することができるので、トランシーノを使いたいけど価格面が…と不安に思う方でも気軽に試して頂けます。