カテゴリー

シアリスとは

シアリスの効能

シアリスは、勃起不全の治療薬(ED治療薬)の一つです。イーライリリー社が開発したED治療薬で、わが国でも医薬品として認められています。

勃起不全と聞くと、陰茎(ペニス)が全く勃起しない状態を想像するかもしれませんが、医学的には「満足できるセックスを行うのに十分な硬さの勃起ができない、満足するまで十分な硬さの勃起を維持できない」状態とされています。

つまり、ある程度勃起して挿入できても、ペニスの硬さが十分でないためセックスに満足できなかった場合や、挿入できても途中で萎えてしまう、いわゆる中折れの状態も、勃起不全に該当します。

シアリスは、このような勃起不全の症状を改善する薬です。シアリスに含まれる有効成分は、タダラフィルで、バイアグラの成分と同じ薬理作用を持っています。


他のED治療薬との相違点

現在、ED治療薬として使われている薬剤は、3種類あります。

シアリス(成分名:タダラフィル)、バイアグラ(シルデナフィルクエン酸塩)、レビトラ(バルデナフィル塩酸塩)です。

シアリスの他の薬剤と異なる特徴として、「薬物動態が食事の影響を受けない」、「有効性が36時間認められる」という2点が挙げられます。

薬物動態が食事の影響を受けないため、食後に飲んでも効果を発揮します。ED治療薬は、急に使うことも多いため、服薬のタイミングを気にしなくても良いのは大きなメリットです。

実際のバイアグラ使用者の中には、「服薬のタイミングを考えることで、焦りやプレッシャーを感じてしまう」という方がいます。このため、シアリスに変えてから、焦りやプレッシャーから解放されたとの意見もあります。

続いて、効果が36時間持続するのもシアリスの大きなメリットで、バイアグラやレビトラと比べて6倍以上効果が持続します。この点も服用のタイミングを考えることによる焦りやプレッシャーを軽減することに役に立っています。

これらの特徴により、非常に利便性が高い薬剤だと言えます。

服用タイミングを合わせれば、1回の服用で土日の夜など2晩効果を持続させることも可能となります。週末にセックスライフを楽しみたい方に最適な薬剤です。

2002年にオーストラリアで使用が開始され、現在では116ヶ国以上で使用されています。

2013年には世界シェア1位となるほどの人気です。世界で幅広く使われているのもメリットが大きいためだと考えられます。

少量でも効果が出るという方は10mgを使用すれば十分ですし、何度も満足のいくセックスをしたいためより高い効果が欲しいという方は20mgの薬剤を使用すれば良いでしょう。

いずれの場合も1度服用すれば36時間効果が持続しますので、旅行や時間を決めていないデートの時にも使いやすい薬です。効果時間が長いため、パートナーに知られずに服用することも容易です。


シアリスの効果

勃起のメカニズム

シアリスは、ED治療薬ですので、効果は勃起不全の改善となります。

効果を説明するために、まずは勃起のメカニズムについてみていきます。

勃起には、脳の性的興奮とペニス周辺の勃起機能の二つが必要です。

脳が性的興奮を起こすと、脳から刺激がペニス周辺に伝わります。その結果、ペニスに血液が流れ込んで膨張します。

これは、乾燥わかめや寒天を水に浸しておくと、何倍にも膨張するのと同じ原理で、血液(水分)が増えることでペニス全体が膨張するということです。

ペニス全体がある程度以上に膨張すると勃起が起こります。

「むくむくしてくる」という表現をしたことがあるかもしれませんが、あれがペニスの血流量が増加している状態です。

この血流量を増加させる時に働くのが、ペニス周辺の勃起機能です。そして、性的興奮の度合いが高いほど、そしてペニスに流れ込む血流量が多いほど、ペニスが大きく硬くなります。簡単にまとめると「興奮の大きさ」と「勃起機能の強さ」の掛け算でペニスの大きさ・硬さが決まる感じです。

例えば、中学生や高校生の頃だと、水着の女性を見ただけで勃起してしまったという経験がある方も多いと思います。これは、この年代は勃起機能が非常に高く、わずかな性的刺激でも掛け算の数値が大きくなるためです。

シアリスは、この勃起機能を増強することにより、ペニスを勃起・維持させる効果があります。若い頃のあの勃起力を取り戻すことが期待できます。

そのため、シアリスは、加齢、病気やストレスなどの心理的要因により、この勃起機能が弱ってしまった場合に特に効果があります。


勃起機能の増強

では、どのように勃起機能を増強させるかについて見ていきます。

専門的な言葉を使うと、シアリスはホスホジエステラーゼ タイプ5(PDE5)を選択的に阻害することにより勃起機能を増強させます。

勃起には、ペニスの血流量の増加が必要なのですが、そのためにはペニス海綿体でcGMPという物質が増加する必要があります。cGMPの増加に伴い、ペニスの血流量が増加し、勃起が起こります。

そしてcGMPが一定量以上存在している間は、勃起が続くことになります。

セックスが終了し、勃起が不要になったらこのcGMPを分解して、勃起を終わらせる必要があります。

いつまでも勃起が続くと困ったことになるのは容易に想像できると思います。

勃起を終わらせるために、このcGMPを分解するために働くのがPDE5です。

勃起は、ペニスがいつもよりも背伸びをしていますので、少し無理をしている状態です。それが長時間続くとペニスの組織がダメージを受けてしまうこともありますので、それを予防するためにPDE5が存在すると考えられます。

つまりPDE5は、勃起を終わらせる役割を担っていますので、PDE5は若くて健康な時には必要な酵素だと言えます。

ただ、歳を取るとどうしてもcGMPを作る能力が衰えてきます。

この状態では、cGMPが十分量作られる前にPDE5に分解されてしまうこともあります。

そうなると勃起ができなくなります。そうです、この状態が勃起不全です。

勃起不全の場合では、PDE5が働き過ぎて困っているのです。シアリスは、このPDE5の働きを抑えることにより、勃起不全を改善します。

つまりシアリスは、『PDE5を抑える → cGMPを増やす → ペニスの血流量増加 → 勃起』という流れで勃起不全に効果を発揮するのです。


性的興奮が必要

また、シアリスはED治療薬ですが、一つ注意すべきポイントがあります。それは、性的興奮がなければ勃起しないということです。シアリスは、勃起機能のみを増強させる薬ですので、脳から刺激がこないと何の作用も示しませんし、性欲を高める作用もありませんので、何もない時には勃起することはありません。

例えば、シアリスを飲んだが、急に仕事で呼び出されて仕事に集中していた時などは勃起しないということです。

そのため、ED治療薬としての効果が36時間続きますが、常に勃起し続ける訳ではないということです。性的興奮が途切れたらそこで勃起は終了しますので、ご安心ください。

そして、薬の効果が持続している間は、次の性的興奮があるとそれに反応して勃起するということになります。


臨床試験での効果

日本で行われた勃起不全の方を対象とした臨床試験の結果では、

シアリスの有効成分であるタダラフィルの使用により、「挿入の成功」および「性交の成功」が改善することが認められています。

さらに、タダラフィルの使用により、糖尿病、高血圧、前立腺切除後の勃起不全の方に対しても、改善効果が得られています。これらの状態の方は、勃起機能が平均よりも低下していることが多いのですが、それでも効果が得られているので、有効性が高い薬だということが分かります。


服用方法

最適な効果を得るためのシアリスの服用方法について紹介します。

シアリスは、1日1回、10mgか20mgの薬剤を服用してください。1日に飲むのは1回だけにして、次に飲むまでには24時間以上空けるようにしてください。

10mgを飲んでも効果が不十分で、副作用も問題なければ20mgに増量することができます。

服用タイミングは、セックスの約1時間前となっていますが、効果持続時間が長いため、早めに飲んだとしても影響はわずかです。効果が出るまでに1時間程度かかりますので、スムーズにセックスするためには、早めに飲んでおいた方が良いと考えられます。

セックスにはムードも大切ですので、しっかりと準備しておきましょう。

なお、肝臓の機能が落ちている方は、10mgまでにしてください。

また、腎臓の機能が落ちていると診断されている方は、効果や副作用が出やすくなりますので、5mgから開始して様子を見てください。問題なければ10mgに増量して構いません。

腎臓の機能が落ちている方が10mgを服用した場合は、次に飲むまで48時間以上空けてください。


重要な注意

シアリスの服用中に特に気を付けるべき点についてお伝えします。

ED治療薬としての効果が出過ぎて、勃起が4時間以上持続する場合があります。

勃起はペニスが無理をしている状態ですので、長時間継続すると痛みを伴うこともあります。さらに勃起が6時間以上持続すると、ペニスそのものにダメージを与え、以後の勃起機能を失うこともありえます。

シアリスは効果が持続しますので、性的興奮が続くと勃起も続く可能性があります。

勃起が持続する場合は、早めに処置を行う必要がありますので、もし勃起が4時間以上続いた場合には、すぐに医師に連絡してください。


シアリスの副作用

国内の臨床試験での副作用の発現率は、トータルで27.2%程度でした。報告が多かったのは、頭痛、潮紅(血管拡張による皮膚の赤み)、ほてり、消化不良でした。

ただ症状は軽いものですので、安全性は高い薬だと考えられます。

また勃起不全に対して服用する場合、適切に用法・用量や禁忌、併用禁忌の指示を守っていれば、命に関わるような重篤な副作用はほとんど出ないとされています。

あるとすれば、発疹、蕁麻疹、浮腫などの過敏症です。ごくまれに過敏症の報告がありますので、このような症状がもし出た場合には、すぐに医師に連絡してください。

ただ、間違えて多めに服用してしまった場合や、早く効かせようと指定の用法よりも多めに飲んでしまった場合には、副作用が出やすくなりますし、副作用の症状が重くなることもあります。

もしシアリスを間違えて多めに飲んでしまい、頭痛、めまい、視覚異常(いつもと色が違うように見える)といった症状が出た場合には、医師や薬剤師に連絡してください。


禁忌・併用禁忌

禁忌・併用禁忌は以下の通りです。

1. タダラフィルに対してアレルギーのある方

2. 心臓などの病気により、そもそもセックスを行うことが危険な方

3. 重い肝機能障害がある方

4. 低血圧また治療がうまくいっていない高血圧の方

5. 脳梗塞や心筋梗塞を過去半年以内に起こした方

6. 網膜色素変性症の方

7. ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドを使っている方

8. リオシグアト(アデムパス)を使用している方

これらに該当する方は、シアリスを使ってはいけませんので、ご注意ください。

ご自身の合併症について詳しく知らない場合は、事前に医師に相談すると良いでしょう。

また、シアリスは上記以外の薬とも相互作用を起こすことがあります。

相互作用を起こすと、効果がいつもと異なること、副作用が出やすくなることもありますので、注意が必要です。そのため、他の薬を使い始める際には、シアリスを使っていることを医師や薬剤師に伝えるようにしてください。


シアリスのジェネリックとは

シアリスは、ED治療薬となっていますが、保険対象外ですのですべて自費診療となります。保険対象外ということは、薬代が高めになるということです。また、自費診療なので病院によって1錠当たりの価格は異なります。

相場は、10mg錠は1錠当たり1700円前後、20mg錠は1錠当たり2000円前後のようです。

1錠にこれだけ必要となると、セックスの頻度によってはかなりの出費になると考えられます。

そのため、「シアリスはセックスをするのに必要だけど、頻繁に使うのは経済的にキツイなぁ」という方も多いと思います。

そういう方に提案したいのが、個人輸入代行の利用、もしくはジェネリックの使用です。


個人輸入代行の利用

個人輸入代行を利用すれば、海外のシアリス正規品を購入することができます。

薬代を抑えることができますし、「指定した場所に届く」、「泌尿器科の受診をしなくても入手できる」というメリットもあります。

「欲しいけど病院を受診するのは、恥ずかしくて嫌だな」と思っている方にとってはありがたい方法だと思います。

さらに、外見で分からないように包装してくれる個人輸入代行業者もありますので、誰にも知られずにシアリスを入手することも可能です。

個人輸入代行を使って、海外正規品のシアリスを購入する場合は、1錠当たりの値段はそれほど変わらないかもしれません。ただ、複数セット割引(いわゆるまとめ買い)をうまく使えば、安く入手できるようになります。

複数セット割引をうまく使うと、1錠当たりの値段が2/3程度となります。

イーライリリー社(Eli Lilly)が製造しているものであれば、正規品と考えて問題ありませんので、安心してお使いください。

ただし、薬代が安くなっても送料でプラスマイナスゼロになることもありますので、送料無料の輸入代行業者を選ぶことをお勧めします。


シアリスのジェネリック医薬品

続いて、シアリスのジェネリック医薬品についてです。

日本国内では、特許の関係でまだジェネリック医薬品が発売されていません。

そのため、海外のメーカーが製造しているシアリスのジェネリック医薬品を購入することになります。こちらも個人輸入代行を利用する形で入手可能です。

値段はかなり安く、1錠当たりの値段は300~800円に抑えることができます。

複数セット割引を利用すれば、1錠当たりの値段がさらに下がり、200円以下に抑えることも可能になります。薬代が1/10になると考えるとかなり助かると思います。

日本での使用実績が多い人気商品が安心でしょう。人気商品は、全体的な使用量もリピーターも多いため、有効性・安全性が高いと考えられるためです。

日本での使用量が多い人気商品としては、インドのシプラ社が製造している「タダシップ20mg」、アメリカのサバ社が製造している「エキシラー20mg」などがあります。

これらは満足度が高いジェネリック医薬品ですので、薬代を抑えたいと考えている方は、検討してみては如何でしょうか?

シアリスと同じ使用方法ですし、注意点、副作用も同様と考えて問題ありません。


付加価値のあるジェネリック医薬品

また、付加価値があるジェネリック医薬品もあります。

例えば、「シアリスソフトタブジェネリック」です。これは、有効成分のタダラフィルを舌の下から吸収させるように工夫した錠剤になっています。舌下からの吸収は、腸からの吸収と比べて早いので、速攻性が期待できます。

使用して15分で効果が発現するとのデータがありますので、急にセックスすることになってもこの薬があれば対応できそうです。

他にも「タダラフィル」と早漏に効果がある「ダポキセチン」とを組み合わせて配合剤とした「スーパータダライズ」というジェネリックもあります。

ED治療薬と早漏治療薬を同時に服用できますので、どちらにも悩んでいる方はこのジェネリックを試してみては如何でしょうか?