花粉症編・症状とお薬ガイド

春が近づきだんだん気温が上がってきて、過ごしやすい季節になってきましたね。しかし、だんだん暖かくなってくる気温に比例して花粉の飛散量も増えるため、花粉症の方にはつらい季節でもありますよね。

花粉症をお持ちのみなさんは花粉症対策でお薬は飲んでいますか?毎年、花粉症の季節になると花粉症のお薬をもらうために出費がかさみますよね?

病院で花粉症のお薬を処方してもらい薬局でお会計をしたときに「花粉症のお薬ってこんなにかかるの!?」って思ったことはありませんか?そうなんです!!実は花粉症のお薬って値段が高いものが多いんです。

今回は、そんな花粉症のお薬を安価に購入する方法を紹介していきます。


そもそも花粉症とは?


現在、日本では4人に1人が花粉症といわれています。一般的に、花粉症はアレルギー性鼻炎といわれる病気です。

主な症状として、鼻の症状と目の症状があります。鼻症状はつらい鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目の症状は痒み、涙、充血があらわれます。これら以外にも、集中力の低下、不眠、味覚異常、口および皮膚のかゆみ等の症状があらわれることもあります。

花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。スギやヒノキなど、アレルゲンとなる花粉が飛ぶ季節にだけ症状があらわれるのが特徴です。

基本的には春の時期に花粉症になる方が多いですが、日本では約60種類以上の植物が花粉を飛ばしており、アレルギー体質の方ですと夏や秋など1年中花粉症の症状がある方もいます。

花粉のようなアレルギー物質が体内に侵入すると、それに反応して体内でアレルギー反応を惹起する化学物質(ケミカルメディエーター)が分離されます。

そのケミカルメディエーターが特定の受容体といわれる部位に結合することで鼻水、鼻づまりなどの花粉症状が起こります。


花粉症のお薬とは?

花粉症はアレルギー症状なので、抗アレルギー薬が治療に使用されています。

抗アレルギー薬は花粉症に限らず、蕁麻疹や食物アレルギー、猫や犬などの動物アレルギーにも使用されています。

抗アレルギー薬とはかなり広義の意味であり、それらは作用によりさらに細かく分類することができます。

ケミカルメディエーターの遊離を抑制するケミカルメディエーター遊離抑制薬と、遊離されたケミカルメディエーターが作用するのを阻害する抗ケミカルメディエーター薬(主に抗ヒスタミン薬)が存在します。

とくに抗ヒスタミン薬は、花粉症の治療として非常に多くの方に使用されています。

それら以外には、鼻づまりを解消するために鼻のとおりを改善するお薬や、炎症症状を抑えるステロイドのお薬なども使用されています。


抗ヒスタミン薬の特徴は?

抗ヒスタミン薬は、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの作用を抑えるお薬です。

歴史の古いお薬なのですが、現在でも新しい抗ヒスタミン薬が開発され続けており、多くの花粉症患者の方に使用されています。

そのため抗ヒスタミン薬は、古いタイプの第1世代の抗ヒスタミン薬と、比較的新しいタイプの第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されています。

第1世代の抗ヒスタミン薬は効果が強力な分、脳への移行性が高く、眠気の副作用を引き起こしてしまうという特徴があります。この眠気の副作用によって、社会人や受験生の方が簡単に花粉症の薬を服用できない理由にもなっています。

思わぬ事故を防ぐため、自動車の運転やオートバイ等の危険な機械の操作も避けるよう警告がされています。眠気の副作用が強いために、第1世代の抗ヒスタミン薬は睡眠導入剤としても利用されるほどです。

第2世代の抗ヒスタミン薬はこれらの副作用を抑えつつ、効果の持続時間を延長しているので、現在ではこちらのお薬が花粉症の治療で主に使用されています。

第2世代の抗ヒスタミン薬の中には、抗ヒスタミン効果だけでなく、ケミカルメディエーター遊離抑制作用も併せ持つ強力なものが開発されています。

それでは、そんな第2世代の抗ヒスタミン薬やそれら以外にも花粉症の治療に使用されているお薬の特徴や購入するのにかかってしまうコストについて紹介していきます。


主な花粉症治療薬のコストは?

日本の病院から処方してもらえる花粉症治療薬のおおよそのコストは以下のようになります。

<内服薬>約1か月分(30日)

  • アレグラ錠60mg(フェキソフェナジン):2,300~2,600円
  • ジルテック錠10mg(セチリジン):1,900~2,200円
  • ザイザル錠5mg(レボセチリジン):2,000~2,300円
  • クラリチン錠10mg(ロラタジン):1,900~2,200円
  • デザレックス5mg(デスロラタジン):1,700~2,000円

  • <目薬・点鼻薬>1本分

  • パタノール点眼液0.1%(オロパタジン): 1,400~1,700円
  • フルメトロン点眼液0.1%(フルオロメトロン):1,200~1,500円
  • フルナーゼ点鼻液50μg(フルチカゾン):1,500~1,800円

  • ※これらの価格には処方料と診察料を含み、保険が適用になり3割負担の場合です。
    ※これら以外にもコストがかかる場合があります

    アレグラ、ジルテック、クラリチンは市販薬として、ドラッグストアなどでも購入が可能です。アレグラはアレグラFX、ジルテックはストナリニZ、クラリチンはクラリチンEXという名前で販売されています。

    市販の花粉症治療薬を、一般的に販売されている日数である14日分購入するのにかかるコストは以下のようになります。

  • アレグラFX 1,800~2,200円
  • ストナリニZ 1,000~1,200円
  • クラリチンEX 1,300~1,600円

  • 花粉症のお薬の購入は個人輸入を利用するのがおススメ!

    いかがですか?花粉症のお薬を病院や薬局、ドラッグストアで処方してもらったり、購入するとコストがかかると思いませんか?

    毎年花粉症になって数ヶ月間薬を飲み続けるとなると非常にコストがかかってしまいます。そのため、安価に大量のお薬を購入したいのならば、個人輸入のサイトを利用して購入するのがおススメです。

    高価なお薬のジェネリック医薬品も取り扱っていたり、より強力な効果のあるお薬を手に入れることもできるので多くの方に利用されています。

    それでは、それぞれ販売されている花粉症治療薬の特徴を紹介していきましょう。


    アレグラ錠60mg(フェキソフェナジン)

    有名な花粉症のお薬アレグラです。テレビのコマーシャルでも、「嵐」の大野くんが紹介しているので知っている方も多いのではないでしょうか?

    アレグラは、花粉症のお薬の中でも眠気の副作用が最も少ないといわれています。

    1日2回服用することで強力に花粉症のくしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状を抑えることができます。

    個人輸入を利用して購入するのであれば、日本では販売されていない180mgの強力な効果を持つアレグラも手に入れることができます。

    アレグラの歴史は古く、安全性も確保されているため多くのジェネリック医薬品があるのもメリットの1つです。


    ジルテック錠10mg(セチリジン)


    ジルテック錠10mg(セチリジン)は、強力な抗アレルギー作用をもつお薬です。現在販売されている花粉症治療薬の中でも1~2位の強さを誇ります。

    即効性もあり、服用することで速やかに効果をあらわします。

    眠気の副作用が出ることがあるので、注意が必要です。


    ザイザル錠5mg(レボセチリジン)

    ザイザル錠5mgの有効成分レボセチリジンは、セチリジンをさらに改良したお薬です。

    強力な抗アレルギー作用はそのままに、眠気の副作用を抑えているのが特徴です。

    ジルテックと同様に即効性があり、多くの花粉症患者に処方されています。


    クラリチン錠10mg(ロラタジン)

    クラリチン錠10mg(ロラタジン)も眠気の少ないお薬といわれています。

    クラリチンを服用して自動車の運転に対する影響をみた試験では、クラリチンを服用しなかった場合ととくに変化がなく、眠気をほとんど起こさないといわれています。

    1日1回服用するだけで24時間効果が持続し、花粉症症状を抑えることができます。


    エリアス5mg(デスロラタジン)

    このデスロラタジンは、クラリチンをさらに改良したお薬です。

    クラリチンの有効成分ロラタジンのうち、主に抗アレルギー作用をあらわす主要活性代謝物のみを抽出したものがエリアスです。

    眠気の副作用もクラリチン同様ほとんどなく、安心して服用することができます。

    クラリチンの弱点の1つに食後に服用する必要がありましたが、エリアスは食事の影響を受けず好きなタイミングで服用することが可能です。


    パタノール点眼液0.1%(オロパタジン)

    有効成分オロパタジンは、飲み薬でも花粉症治療薬として使用されています。

    効果が強力なのですが副作用の眠気が強いという特徴がありまが、目薬として使用する分には眠気の副作用を起こすことはありません。

    点眼することで目の痒みや充血などのアレルギー症状を速やかに解消します。

    海外でも多くのユーザーに使用されており、ジェネリック医薬品も多く販売されています。


    フルメトロン点眼液0.1%(フルオロメトロン)

    フルメトロン点眼液0.1%(フルオロメトロン)は、抗ヒスタミン薬ではなくステロイド性のお薬です。

    ステロイド性のお薬は強力な抗炎症作用を持ち、目のかゆみや炎症症状などを抑えることができます。

    ステロイド性のお薬をご存知の方は副作用が起きるのではないかとなんとなく怖がられる方もいますが、心配は無用です。

    内服のステロイド薬とは異なり、目薬や点鼻薬として使用することで局所的に作用をあらわすため安全性が高く、意味もなく長期間使用したり、誤った用法で大量に使用しない限りは副作用の心配はありません。


    フルナーゼ点鼻液50μg(フルチカゾン)

    有効成分のフルチカゾンプロピオン酸も抗ヒスタミン薬ではなく、ステロイド性の抗アレルギー点鼻薬です。

    ステロイド性のお薬なため効果が強力で、鼻の粘膜で起こっているアレルギー症状を速やかに鎮静化し、鼻水・鼻づまりの症状を抑えることができます。


    花粉症は早めに薬の服用を開始して症状を抑えるのがおススメ!

    今回は、花粉症治療薬の特徴やコストについて紹介させていただきました。

    花粉症の治療は、花粉が飛び始める前の時期からおススメです。

    そして、花粉が飛んでる時期は服用を継続するのがより効果的といわれています。

    必要であれば、内服の薬だけでなく目薬や点鼻薬と併用することで花粉症の症状をより抑えることもできます。

    花粉症で悩んでいるみなさんも、今年からはこれらのお薬を使用して快適な春を過ごしてください。

    人気のアレグラシリーズ(フェキソフェナジン)