カテゴリー

不眠症とは

不眠症とは寝つきが悪い、寝ていても何回も起きてしまう、朝早く起きてしまう、眠っているのに起きた時すっきりしないなどの症状が続き、日中の眠気、注意力の欠如、疲れが溜まるなど日常生活に支障をきたす様々な体調不良が起こることを言います。睡眠不足は、精神的にも疲れてきてしまうので精神障害の1つでもあります。

現在日本では、大体5人に1人が不眠で悩んでいると言われています。不眠症は小児から青年期で症状が現れることはまれですが、20~30歳代を境に高齢になるにつれて発症率が急増する傾向にあります。高齢の方は、3人に1人が不眠症と言われるほどです。また、男性より女性の方が不眠症で悩む方が多いと言われています。

不眠症には、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンという物質が大いに関係していて、メラトニンが不足すると不眠症や睡眠障害を起こすとされています。さらに、不眠症の場合どれか1つの症状だけではなく様々な症状が色々な原因から起こる場合がほとんどなので、日常生活から注意が必要になります。


不眠症の原因

不眠症になる原因は人それぞれで、不眠症の原因となる要素も多岐にわたります。生活習慣を治せば、自然に不眠症が治る方もいれば、病院に行かないと治らない場合もあります。

不眠症になる主な原因を5つに分けて紹介します。自分がどの不眠症に当てはまるのか確認してみてください。

  • 心理的原因(ストレス)

    心理的原因とは、ストレスのことです。仕事や家庭、人間関係など心理的ストレスは様々ですが、不安で考え事をしていたら、夜眠れなかったという経験は誰にでも1度はあると思います。1度で終わればいいのですが、この不安が毎晩続いてしまうと、不眠症に繋がってしまいます。

    ストレスというのは、脳に負担をかけていることと同じです。考え事などをしていると脳は興奮状態のままになってしまうので、睡眠に入ることが出来なくなってしまいます。

    心理的原因からくる不眠は、うつ病などの精神疾患にもなりやすいと言われているので、注意が必要です。

  • 身体的原因

    咳を起こす喘息、かゆみを伴うアレルギー症状、発熱、頭痛、頻尿など何らかの病気にかかっていて、その症状が原因で不眠症になることを言います。

    睡眠時に代表する病気と言えば、睡眠時無呼吸症候群です。睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に無呼吸(呼吸停止)を繰り返すことで、睡眠の質を低下させてしまい、朝の目覚めが悪い睡眠障害の1つです。

  • 精神医学的原因

    精神病や神経病は、不眠症と一緒に発症することが多い病気です。特にうつ病などは不眠症になりやすいです。慢性的な不眠症の3割程度は精神的なものからくる不眠であるとも言われています。

  • 薬理学的原因

    内服中の薬やアルコール、カフェイン、ニコチンが原因で起こる不眠症のことです。代表的な薬には、抗がん剤や自律神経・中枢神経に働く薬、ステロイドなどを内服している方に不眠症を発症しやすいと言われています。

    また、アルコールやカフェイン、ニコチンは脳の働きを活性させてしまうので、眠りにくくなります。

  • 生理学的要因

    生理学的要因とはいわゆる環境のことです。入院や引っ越し、夜勤がある不規則な仕事、海外出張での時差ボケなど生活リズムが不規則なことが原因で起こる不眠症のことです。


メラトニンとは

メラトニンとは私たちが自然に眠たくなるようにしてくれる大切な睡眠ホルモンです。昼間の活動している時間はセロトニン、夜眠りにつくときはメラトニンが働きかけてくれることで、私たちの生活リズムは出来上がっています。

メラトニンの働きは、睡眠リズムを整えてくれる働きがあります。睡眠リズムというのは、夜眠くなり、朝目が覚めるという基本的な睡眠のサイクルのことで、これはメラトニンによって調整されています。夕方、日が暮れ始めるとメラトニンの分泌量は徐々に増えていき、身体は脈拍を落ち着け、体温・血圧を下げ、眠りにつく準備を始めます。逆に朝になると、メラトニンの分泌は少なくなり、身体を動かすように働きかけます。

メラトニンが分泌されるために大切なのは朝太陽の光を浴びることです。目から太陽の光を取り込むことで、光は脳へ届き朝であることを認識し、セロトニンの分泌を始めます。そして、日が暮れ暗くなってくると、脳へ光が入らなくなることで、夜になったと認識しセロトニンの分泌がメラトニンへ切り替えられます。

このように、セロトニンとメラトニンの分泌は1セットと考えても過言ではありません。メラトニンが作られる背景にも、セロトニンは重要な役割を果たしています。

メラトニンの分泌は18歳頃をピークにだんだんと減っていくと言われています。なので、高齢になるにつれて不眠症が多くなるのもメラトニンの分泌量が減っていくことが関係していると考えられています。


不眠症の症状

不眠症の症状は大きく分けて4つあります。不眠症の方はこの中で1つだけ症状が出るというわけではなく、同時に様々な症状が現れる場合もあります。自分がどの種類の睡眠障害か知ることで、対処方法も見つかるかもしれないので、しっかり自分の睡眠障害を理解しましょう。

  • 入眠障害

    眠りにつくのに毎回30~60分かかってしまうと、入眠障害の可能性があります。普通の方であれば、入眠にかかる時間は10~15分程度と言われていますので、30~60分かかってしまうのはかなり長いことがわかります。たまになら、誰にでもある事なので心配する必要はありませんが、毎回続くようであれば注意が必要で、繰り返すことで習慣になってしまい、慢性的な入眠障害に繋がってしまいかねません。

  • 中途覚醒

    眠りについたのに、何度も目が覚めてしまい、再度眠りに好くまでに時間がかかってしまうことを中途覚醒と言います。目は覚めるけど、すぐに眠られるのであれば問題はありません。睡眠障害の中で最も多くみられるのがこの中途覚醒です。

    中途覚醒は特に高齢者に多く、60歳以上の高齢者の約2割は中途覚醒の自覚があると言われています。夜間頻尿や昼間の活動時間の減少など様々なことが原因となって起こるほか、ストレスなどの精神的なものも影響してきます。

  • 早朝覚醒

    早朝覚醒とは目覚ましが鳴る前に目が覚めてしまうことです。6時に起きる予定が、4時に目が覚めてしまったなど、自分が起きようと予定している時間の2時間以上前に目が覚める場合は早朝覚醒の可能性があります。しっかり眠れないので、日中眠気が強くなり、仕事に支障をきたす恐れもあり、精神的ストレスに繋がってしまうこともあります。

    早朝覚醒も高齢者の方に多い不眠症の1つと言われています。

  • 熟眠障害

    睡眠時間は十分に取れていて、寝つきも悪くないのに、熟睡感がなく、朝の目覚めもすっきりしないことを熟眠障害と言います。目覚めが悪いからと言って、いくら睡眠時間を長時間とっても熟眠障害が改善されるわけではありませんので、毎日すっきりしないまま生活しなければならず、ストレスに繋がりやすいです。


不眠症の治療方法

不眠症の治療には薬を使わない方法と使う方法の大きく分けて2種類があります。間違った睡眠習慣を改善することや、眠りに対する不安などを解消することも大切です。また、精神的な病気が不眠症を引き起こしているのであれば、まずは精神面の治療が必要になるので薬を使って治療します。最初は自分だけで判断せず、医師に診察してもらうといいかもしれません。

それでは、まず薬を使わない治療方法(非薬物療法)を紹介していきます。

  • 睡眠衛生教育:良い睡眠習慣を身につける

    寝る前に睡眠を妨げる飲酒やたばこをやめることや寝室の眠る環境をしっかり整えることも快眠への第一歩です。正しい睡眠習慣を身につけることで、睡眠の質をあげられるので、まずは整えることから始めましょう。

  • 高照度光療法

    高照度光療法とは、2500ルクス以上の高照度光を身体に一定時間当てることによって、望ましい睡眠時間帯に眠られるように矯正する治療方法です。生活リズムの周期をずらすことができるので、昼夜逆転している方などには効果的な治療方法です。

  • 認知行動療法

    慢性的な不眠症の方は、眠りに対してネガティブな感情を常に持っているので、夜になることが嫌になり、不安や緊張感を感じています。この不安や緊張は脳を活性化させてしまうので、眠りにつけないと悪循環を引き起こしてしまいます。

    自分が持っている睡眠に対する誤った考え方や習慣を専門家から1つ1つアドバイスを受けながら、修正していく治療方法です。

    次に薬を使う治療方法(薬物療法)です。何が原因で不眠症に悩んでいるのかをしっかり分析し、自分の不眠症のタイプに合う薬を内服します。

    睡眠薬というと、マイナスなイメージを持ちやすいですが、現在では安全性と効果の両方を考慮して様々な薬が販売されていますので、決してマイナスなイメージを持つ心配はありません。用法用量さえ守れば副作用症状も出ず、快眠へ導いてくれます。


睡眠薬とは

不眠症を治療するには、睡眠薬の力を借りなければいけないときがあります。睡眠薬を使うことに抵抗がある方も多いかもしれませんが、医療の進歩で、睡眠薬と言っても副作用症状もあまりなく効果をしっかり発揮してくれる薬が多く販売されています。

睡眠薬には、脳の働きを落ち着けて眠りに導く薬、睡眠・覚醒のリズムを整えて眠りに導く薬、脳の過剰な覚醒状態を抑えて眠りに導く薬の3種類のタイプに分かれます。そのほかにも薬の効果時間によってもそれぞれ分類されることもあります。

最近では、睡眠導入剤とも呼ばれるようになっていて、大体の意味合いは一緒ですが、睡眠導入剤は入眠に導く効果が高い薬のことを指し、睡眠薬は入眠に限らず睡眠に導くこと全般を指しています。

睡眠薬は依存性が高く、一度内服してしまえばずっと内服し続けないといけないと思い込みやすいですが、依存性が低いものが主流になっているので、自分に合った薬を内服することで、良い睡眠に繋がる手助けをしてくれるはずです。しっかり用法用量を守って内服することで、安心して使用して頂けます。


睡眠薬の種類

睡眠薬は大きく分けて2種類あります。1つ目は寝つきを改善する睡眠薬で、入眠困難タイプのものに用いられます。この薬は、即効性がある睡眠薬を指し、長短時間型短時間型と言われる睡眠薬で、睡眠導入剤とも言われます。

2つ目は、中途覚醒タイプの不眠に使用されます。夜中に起きるのを防いでくれるので、作用時間の長い睡眠薬を指し、中時間型・長時間型と言われる睡眠薬です。

それでは、より細かく睡眠薬を紹介していきます。

  • ベンゾジアゼピン系睡眠薬(ハルシオン・レンドルミン・ロヒプノールなど)

    睡眠薬の中で最も使用されているのがこのベンゾジアゼピン系です。特徴としては、しっかりとした眠りに導く催眠作用もあり、重篤な副作用が少ないことです。

    この薬で最も有名なのはハルシオンで、短い時間で薬の効能があり、3~4時間で効果が切れるという超短期型の睡眠導入剤です。

  • 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬(アモバン・マイスリー・ルネスタ)

    よく使われているベンゾジアゼピン系ですが、ずっと使い続けると依存してしまう恐れがあります。そこで使用されるのがベンゾジアゼピンを含まない非ベンゾジアゼピン系の薬です。

    有名なものはアモバン・ルネスタなどがあります。長短時間型に分類される薬で、内服後30分程度で眠りにつき3時間くらいで効果は半減するので、起きた時に眠たさが残っていることもなく、すっきりと目覚めることができます。

  • メラトニン受容体作動薬(ロゼレム)

    睡眠ホルモンと言われるメラトニンと全く同じ働きをしてくれる薬です。この薬を内服することで、体内時計のリズムを調整し、睡眠と覚醒のサイクルを正常なものに戻してくれるので、入眠しやすくなります。

    副作用症状も少なく、依存性もありませんが、メラトニンと同じ働きをするだけで、睡眠に対して直接的作用はないので、重たい不眠症の方には効果が少ないかもしれません。

    また、メラトニンはサプリでも摂取できるので、どなたでも試して頂けます。

  • オレキシン受容体拮抗薬(ロゼレム・ベルソムラ)

    オレキシンとは目が覚めている状態を保つ脳内物質なので、その働きを弱めることで入眠を促す作用があると言われています。新しいタイプの薬で、脳の覚醒を促す働きをブロックするので、脳が覚醒から睡眠へ自然に流れていくのが特徴です。

    効果が半分になるまでに10時間と長いので、長時間型の睡眠薬で中途覚醒する方などにオススメです。

  • バルビツール系睡眠薬(ベゲタミン・ラボナ)

    昔から使用されている歴史のある睡眠薬ですが、現在では使用されることが少なくなっています。このバルビツール系の睡眠薬には、内服するうちに耐性がついてしまい徐々に量を増やさなければいけません。しかし、量を増やすと依存性が増してしまうので悪循環になってしまうので、色々な良い薬が販売されている現在では使用されることは少なくなってきました。

    また、大量に内服すると呼吸停止など重篤な副作用症状もあるので、使用の際は注意が必要です。