カテゴリー

更年期障害とは

更年期障害とは、40~50代から出始める身体・精神の両方に見られる様々な症状のことを言います。ホルモンバランスの乱れなどが原因となる自律神経失調症の1つです。ホルモンバランスだけでなく、更年期には子どもの独立や定年退職など人生における分岐点の一つでもあるので、環境の変化があり、精神的ストレスが多いことも影響し、更年期障害の症状が現れると言われています。

閉経後の女性によく聞かれる症状ですが、女性だけでなく男性にも更年期障害があります。


女性更年期障害とは

女性の更年期障害は、閉経する40~50代の方が多く発症します。更年期には卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンの減少が大きく関わっています。

エストロゲンが減少すると脳はもっと分泌するように命令を出すのですが、エストロゲンは分泌されないので、脳が混乱してしまい更年期障害と言った症状が現れてしまいます。このホルモンバランスの乱れの影響で、脳の混乱は興奮状態に変わってしまい自律神経を活発にしてしまうので、身体的にも精神的にも様々な症状を引き起こしてしまいます。

日常生活に支障をきたしてしまうほどの症状が出た場合に更年期障害と呼ばれます。


女性更年期障害の症状

更年期障害は身体的症状と精神的症状の2つに分かれます。身体的症状としては、自律神経の失調症状として汗をかきやすい、身体がほてる(ホットフラッシュ)、不眠、頭痛、息切れ、腰・手足など身体の節々の痛み、肌荒れ、抜け毛が増えるなどの症状がみられます。

また、精神的な症状としてはイライラしやすい、憂鬱な気分になる、疲労感、倦怠感など生理前のように気分が沈みやすくなってしまいます。

さらに閉経後にも出血が見られたり、月経不順になったりと月経異常がみられることもあります。


女性更年期障害の原因

更年期障害の原因は、女性ホルモンであるエストロゲンの減少の影響が大きいです。卵巣から分泌されるエストロゲンは年齢を重ねるとともに徐々に減少していき、閉経後にはさらに減少してしまいます。しかし、このエストロゲンの減少を脳が受け止められず、脳からはもっとエストロゲンを分泌するように命令されます。しかし、卵巣はエストロゲンの分泌量を増やせないので、脳が混乱してしまいます。この混乱が自律神経を刺激し、自律神経も乱れるので更年期障害として症状が出てしまいます。


女性更年期障害の治療法

更年期障害はエストロゲンの減少で起こるため、治療法としてはホルモン補充療法をメインで行います。ホルモン剤を内服し補充することで、自律神経の乱れを改善し、症状の軽快につながります。他にも、ホルモン剤を内服することに少し抵抗がある方は漢方を内服し症状を抑え、身体をエストロゲンが減少している状態に徐々に慣れさせていくことで症状を軽快させる治療法もあります。

精神症状が強い方は、カウンセリングを受けることもあります。他にも自分でできる食生活やウォーキングや体操などの軽い運動といった生活習慣の改善も医師の指示を受けながら行うことでより効果的に治療ができます。


女性更年期障害の薬やサプリの種類

  • 女性ホルモン補充療法

    減少しているエストロゲンを補充するために内服するホルモン剤です。ホルモン剤には内服薬だけでなく、塗り薬や貼り薬も出されています。

    錠剤:リノラル・プレマリン・エストラジオール(ジュリナ)

    塗り薬:エストラジオール(ルエストロジェル・ディビゲル)・プレマリンクリーム

    貼り薬:エストラジオール(エストラーナ・フェミエスト)

  • 漢方薬

    ホルモン剤の内服に抵抗がある方にオススメの治療方法です。更年期障害の改善のためによく使用されている漢方薬は、温経湯・桂枝茯苓丸・女神散・加味逍遙散・帰芍薬散などです。どの薬も自律神経失調による更年期症状に効果的です。

  • その他の薬物療法

    精神的な気分の沈みや不眠などが起こると、その症状に対して抗うつ剤や抗不安剤・睡眠導入剤が処方されます。

  • サプリメント

    更年期障害にはサプリメントの内服も効果的です。人気があるのは、大豆イソフラボンやローヤルゼリーで女性ホルモンと同様の働きを持っているので、乱れた自律神経やホルモンバランスを整えてくれる効果があります。また、プラセンタも注目されているサプリメントの1つで、胎盤を有効成分として作られているので、様々な効能があり、自律神経も整えてくれるので症状が軽快されます。


女性更年期障害の薬の副作用

  • 女性ホルモン補充療法

    女性ホルモン補充療法は、女性ホルモンの量に影響するため、副作用症状が現れる  可能性があります。しかし、どの副作用症状も1~2ヶ月継続して内服すると体も慣れて、軽減していくと言われています。

    副作用症状としては、不正出血、乳房の張り、下腹部痛、胃のムカムカ感、嘔吐、    などです。長期間内服すると、子宮内膜が増殖し、子宮底ガンのリスクが高まるとも言われていますが、プロゲステロンと一緒に内服することで、発生リスクは低くなります。

  • 漢方薬

    漢方薬の副作用症状はほとんど見られませんが、まれに出ることがあります。

    加味逍遙散に含まれる甘草を大量に内服すると、高血圧やむくみの原因になってしまいます。内服量はきちんと守るようにして下さい。

  • その他の薬物療法

    抗うつ剤・抗不安剤・睡眠導入剤などの副作用症状は急激な眠気、しんどさ、口の 渇き、頭痛などを引き起こす可能性があります。また、抗不安剤は依存性があると言われているので、内服量には注意が必要です。


男性更年期障害とは

更年期障害と聞くと女性のイメージが強いですが、実は男性にも更年期障害はあります。男性の更年期障害は、LOH症候群とも呼ばれ、男性ホルモンのテストステロンが大きく関係しています。

テストステロンのほとんどは精巣(睾丸)で作られ、分泌されます。テストステロンは、性欲の亢進や生殖器の発育に影響を与えるホルモンです。髭や体毛の成長、骨格や筋肉の形成など男性の体作りには欠かせないホルモンで、20代の頃に分泌量はピークを迎えます。しかし、徐々に分泌量は減少し、40代~50代にかけて男性特有の更年期障害の症状がみられるようになります。


男性更年期障害の症状

男性の更年期障害の原因はテストステロンです。このテストステロンはストレスを軽減してくれる効果があるので、このテストステロンの値が低くなると、イライラしたりストレスが溜まったり、不安感が強くなりねむれなくなったりと鬱状態のような症状がみられるようになります。

身体的な症状としては、筋肉量が落ちていき、悪化すると歩行も難しくなる程です。テストステロンの減少は疲労感を増してしまうため、動くことも億劫になってしまい悪循環を引き起こします。また、内臓脂肪が増え生活習慣病のもとにもなりかねません。他にも、EDや性欲の減退など性生活に関わる症状も見られることがあります。


男性更年期障害の原因

男性の更年期障害の原因は男性ホルモンのテストステロンの減少が大きく関係しています。テストステロンの減少の原因は、加齢とストレスがあげられます。テストステロンは年齢を重ねるとともに減少していきます。

40代になると徐々に体の無理が効かなくなってきます。それと同時に仕事では働き盛りの中間管理職などで、ストレスも溜まりやすくなってしまいます。


男性更年期障害の治療法

男性更年期障害は泌尿器かメンズヘルス専門のクリニックで検査してもらうことができます。男性更年期障害の原因は男性ホルモンのテストステロンの減少なので、治療方法は男性ホルモンの補充療法で治療していきます。

ほとんどはホルモン剤の内服や外用薬などですが、症状が重たい場合には筋肉注射なども併用しながら治療を行います。

他にも精神的な症状がみられている場合には、抗うつ薬や睡眠薬などを使用し、心身の安定を図ります。


男性更年期障害の薬やサプリの種類

  • 男性ホルモン補充療法

    減少したテストステロンを補います。

    経口薬:アンドリール

    外用薬:テストステロン補充ジェル

  • 漢方薬・サプリメント

    個々の体質に応じでゆっくりと効果を発揮してくれます。精子の生成を促してくれるので、EDや性欲低下に悩んでいる方にはお勧めです。

    漢方薬:八味地黄丸・柴胡加竜骨牡蛎湯・六味丸

    サプリメント:亜鉛・マカ・アルギニン

  • その他の薬物療法

    睡眠障害やうつ症状・不安に対して抗うつ薬や抗不安剤を内服する場合もあります。


男性更年期障害の薬の副作用

テストステロンの補充をすると血液を作る働きを活発にするので、ヘモグロビンの値が上昇したり、多血症と呼ばれる赤血球の値が異常に増加する可能性があります。

他にもまれにみられる症状として、前立腺がんを元から患っている方は前立腺がんの腫瘍が大きくなることもあるので、前立腺の疾患がある方は先に医師へ伝えるようにして下さい。

軽い副作用症状としては、背中や腕にかけてニキビのような発疹や痒みがでたり、むくむことがあります。


若年性更年期障害とは

女性の更年期障害は大抵閉経後の40~50代に多いと言われていますが、閉経もしていないのに20~30代で更年期障害と同じような症状がみられる場合を若年性更年期障害と言います。

社会進出をしている女性が多くなった一方で、ストレスを抱える人が多くなり、ストレスの影響でホルモンバランスが乱れてしまうので、若年性更年期障害の発症も多くなってきています。

卵巣機能不全や卵巣機能低下症などの女性特有の疾患と勘違いされやすい症状ですが、若年性更年期障害は卵巣の機能は正常に働いているのに、ホルモンバランスの乱れで起こってしまう症状なのでしっかりとした診断が必要です。


若年性更年期障害の症状

若年性更年期障害は、月経前症候群(PMS)と間違いやすいですが、はっきりと違うのは症状が現れる期間です。若年性更年期障害は生理周期と関係なく現れ、発汗やのぼせといったホットフラッシュなどの症状もみられます。

若年性更年期障害は女性の更年期障害の症状とほとんど同じですが、身体的症状としては、生理不順、息切れ、睡眠障害、ホットフラッシュ、発汗などの症状に悩む方が多いようです。他にも頭痛や肩こり、倦怠感など様々な症状がみられます。

また、自律神経が乱れてしまうので、疲労感、イライラ、集中できない、気分が沈むなどのうつ症状などの精神的症状も出ることがあります。


若年性更年期障害の原因

若年性更年期障害の1番の原因はストレスであると言われています。社会進出が進み、ストレスを抱えて生きる女性が増えてきていることが原因の1つです。仕事だけでなく、結婚・育児と自身の環境も大きく変わりストレスを抱えやすい時期なので、ストレスを抱え込みすぎると、自律神経の働きに大きく影響を与えるので、自律神経失調症になり症状が現れると言われています。

また、過度な飲酒や寝不足、過度なダイエット、喫煙や食生活などの生活習慣も原因の1つであると考えられています。特に喫煙はエストロゲンを分解してしまうので卵巣機能低下の原因になってしまいます。


若年性更年期障害の治療法

若年性更年期障害の場合、検査結果を見ながら症状に合わせて治療をしていく対症療法になります。

まず、月経が止まった場合には血液検査を実施し、早期閉経と診断された場合、ホルモン補充療法を行い、エストロゲンの分泌を促します。

他にもプラセンタ療法と言って胎盤エキスを内服したり、注射する治療方法もあります。

若年性更年期障害には生活習慣も関係しているので、食生活や生活リズムの改善も重要になってきます。


若年性更年期障害の薬やサプリの種類

  • ホルモン療法

    女性ホルモンを補充する方法です。経口剤だけでなく、外用薬などもあります。

    経口剤:プレマリン・リノラル

    塗り薬:オエストロジェル

    貼り薬:エストラーナテープ

  • 漢方薬

    漢方薬は症状を徐々に改善してくれ、自律神経の乱れを整えてくれます。

    自律神経を整える:命の母ホワイト

    冷え性、ホットフラッシュ:桂枝茯苓丸、ルビーナめぐり

  • プラセンタ療法

    胎盤のエキスが含まれたプラセンタを内服することで、ホルモンを作る組織に働きかけ、生産を促します。乳がんを患いホルモン療法が行えない方にもプラセンタ療法であれば使用することができます。


若年性更年期障害の薬の副作用

  • ホルモン補充療法

    下腹部痛・乳房のはり・吐き気・不正出血・おりものの増加などが副作用症状としてみられます。しかし、ほとんどの副作用症状は1~2ヶ月程度で軽快していきます。

  • 漢方薬

    漢方薬の内服での副作用症状の報告はほとんどありませんが、まれに起こる副作用症状として、血圧上昇などが起こる可能性があります。漢方の中に含まれる甘草を過剰摂取することで引き起こされるので、用量を守ればあまり心配ありません。

  • プラセンタ

    月経の時期が早くなったり、出血量が多くなったりと月経に関係する副作用症状がみられますが、使用し続けると徐々に軽快していくので、安心して使用して頂けます。