カテゴリー

ペニスサイズの重要性

ペニスサイズは男性であれば、ほとんどの方が気にしたことがあるのではないでしょうか?

中学校や高校の修学旅行や宿泊研修の際に、大浴場で同級生とペニスサイズを比べあった経験がある方もいるでしょうし、トイレでコソコソ恥ずかしがって用を足している誰かの姿を、目にされた方も多いのではないでしょうか。

ペニスサイズは、男性にとって気になるテーマの一つです。

実際に、雑誌などでもペニスサイズに関する特集が組まれることがありますし、ネットで検索しても数多くの調査研究の結果が掲載されています。

さらに、日本だけでなく世界各国でも平均ペニスサイズに関する多くの研究が行われています。

ペニスサイズは重要性なのか?

では、何故男性はペニスの大きさをそこまで気にするのでしょうか?

ペニスのサイズは男性にとって重要なのでしょうか?

ペニスサイズは

・自信、自尊心に影響する

・女性に選ばれる可能性が上がる

という点で重要です。

ですので、大きいとメリットがあることは間違いありません。

この理由について以下にお示しします。

他種と比較してみると

ここでは、ペニスサイズの重要性を進化の過程から考えてみましょう。

霊長類の系統樹から考えて、ヒトと近い「ゴリラ」、「チンパンジー」とペニスサイズを比べてみます。

ゴリラはヒトと同程度の身長ですが、ペニスサイズは3cm前後とのデータがあります。またチンパンジーは身長90cm程度で、ペニスサイズは8cm前後とのことです。

ヒトは身長180cm程度で、ペニスサイズは13~16cmです。

これらのデータから、ゴリラが予想以上に小さいということが分かります。身長はヒトと同程度ですが、体重は200kgに達するものもいますので、体格とペニスの比率的にはペニスがかなり小さいことになります。

この点から、子供を作るため、つまり精子を膣内に射精するためには、ペニスは3cmあれば十分だと考えられます。

ただ、進化の過程でヒトは二足歩行となり、女性の骨盤が変化しているのでゴリラと単純に比べるのも早計です。そこで、ヒトの解剖学的なデータを見てみると、膣の長さは7~9cmと言われています。また、分娩時を想像してもらえばわかると思いますが、膣は伸縮性を有しています。性交時にも伸縮することが可能ですので、ペニスサイズによって長さが変化します。7cmのペニスの男性を相手していれば、7cm以下になっていると考えられます。

つまり生殖器としてのペニスの機能は、ヒトにおいても7cmあれば十分に果たすことができるということです。

では、なぜペニスは大きくなったのでしょうか?

そしてなぜ男性は意識するようになったのでしょうか?

メスから選ばれるために

次のポイントはゴリラとチンパンジーの生態の違いです。

チンパンジーは、身長とペニスサイズの比がヒトに近いことが分かっています。ヒトと遺伝子が最も近い生物とされていますが、ペニスサイズも近いようです。

そしてチンパンジーは複数の異性が含まれる群れで生活するようです。その中で、オスメスともに複数の相手と交尾を行うとされています。オスもメスも相手から選ばれるために、何かしらの特徴をアピールする必要があります(もちろん、余った者同士もありまえます)。

一方、ゴリラは、オス1頭とメス複数頭の群れを作ることが多いようです。オスからするとハーレム状態ですので、オスがメスを選ぶ状況です。強さによって群れを形成してしまった後は、オスはメスから選ばれることを気にする必要がありません。

生態とペニスサイズの違いから考察すると、メスから選ばれる状況の時にペニスサイズが関係していた可能性があります。

男性のシンボルとして、メスに対するアピールポイントの一つだったのでしょう。

そしてペニスが大きい遺伝子を持つ個体が子孫を残せる確率が上がり、種としてペニスが大きくなっていったと考えられます。

そうなると、他の男性のペニスサイズが気になるのも、ペニスサイズが他の人より小さい時に男として負けた気がするのも、進化の過程の中で本能に組み込まれているのかもしれません。

自尊心への影響

ペニスが大きいと自信が持てるというのも本能であり、その結果、自尊心が高まっていることが考えられます。

人間の場合は、さらにペニスの大きさや形に対する好み、セックス時の快感・満足度なども要素として加わりますので、これらも含めてペニスサイズを判断するようになるでしょう。

また、服を着て生活するようになる以前は、ペニスの大きさを直接見ることで、女性に選ばれるという機会があったと考えられます。皆さんもテレビなどで目にしたことがあると思いますが、アフリカなどの民族では、今でもその名残が残っているようです。

我々の社会では直接判断することはないでしょうが、状況によっては、ペニスの大きさで女性に選ばれる機会がありそうです。

この点でもペニスサイズは重要ですね。

ペニスが小さいと劣等感を感じるといくつかの国で報告がありますので、この点からもペニスサイズを意識するのは本能による部分が大きいと推察できます。

そのため、現在ペニスのサイズアップの関連市場が世界各国で年々拡大しているとの情報もあります。

具体的には、ペニス増大サプリメントや美容外科手術、器具を用いたトレーニングなどです。

実際に、ペニス増大により「自信が持てるようになった」、「温泉では、いつもタオルで隠していたが、隠さずに堂々とできるようになった」、「女性の前で裸になるのが、恥ずかしくなくなった」との意見が聞かれます。

研究報告でも同様の結果が得られているものがありますので、ペニスがサイズアップすることにより、自尊心が向上することは間違いなさそうです。

「人生が大きく変わった」という方も中にはいますので、ペニス増大の影響は想像以上なのかもしれません。

ペニスに自信を持てないという方は、一度サイズアップ法を試してみては如何でしょうか?


ペニス増大サプリとは

ペニスが小さくてサイズアップしたいと悩んでいる方も多いと思います。

「手術するのは怖い」、「費用が高そう」、「誰かに知られたら恥ずかしい」、「効果が出るまでに時間がかかりそう」、「本当に効果があるのか疑問」などの理由で躊躇されている方もいるでしょう。

そういう方でも気軽に試せる方法がペニス増大サプリメントです。ペニス増大サプリとして、海外でも幅広く使われています。

ペニス増大サプリには、以下のメリットがあります。

  • 開始のハードルが低い
  • 誰にも知られずに開始できる
  • 継続しやすい
  • 比較的安価
  • サイズの調整がしやすい

ペニス増大サプリは、基本的にネットで購入できますので、病院への通院などが必要ありません。サイズアップに試してみようと思ったらネットで注文するだけですし、その数日後には開始できるので、気軽に始めることができます。

しっかりと包装してくれるメーカーを選ぶと、家族にも気付かれずに開始できます。

また、一ヵ月あたり3,000円~10,000円程度と比較的安価ですし、1日2回サプリメントの錠剤を服用するだけですので、継続しやすいこともメリットです。

そして、ペニス増大には大きくなりすぎて困るという副作用もあるのですが、ペニス増大サプリを使った場合は、徐々に大きくなるものが多いため、好みの大きさで調整することも可能だと言われています。

ペニス増大サプリに含有されている成分で、研究によりサイズアップ効果が確認されているものは、「L-アルギニン」、「L-シトルリン」、「亜鉛」などです。

いずれも天然植物やハーブなどに含まれる天然化合物ですので、比較的安全性が高いとされています。

信頼できるメーカーの作った正規品の場合になりますが、指示された使用量を守って服用すれば、ほとんど副作用がでないようです。

様々な商品が発売されているので、どれを選ぶのか迷うと思います。

ペニス増大サプリの商品を選ぶポイントとしては、

  • 人気商品(=購入者が多い)
  • 有効性に関するデータがある
  • サイズアップ以外の効果

がお勧めです。

やはり、購入者が多い人気商品は、一般的にリピーターの方も多いので、効果が実感できている方の割合も多いと考えられます。

ペニス増大サプリは、海外から輸入される商品が多いため、海外での販売実績も参考になると思います。特にアメリカは、サプリメント先進国といわれるくらいにサプリメントが充実していますので、信頼性が高いと考えられます。アメリカでの販売数が多いペニス増大サプリとしては、「VigRXシリーズ」があります。

次に、有効性に関するデータも重要な根拠となります。

臨床試験の結果は、信頼性の高いデータです。ただ、海外での臨床試験が大半で、ほとんどが外国人での結果ですので、日本人にそのままあてはまらないこともあります。

日本人の声としては、やはり使用者の実際の声・感想、レビューが参考になるでしょう。

使用者の感想、レビューなどを多く掲載しているサイトでチェックしてください。

有効性については、長さおよび太さの変化が示されている場合が多いです。

どちらが増大しやすいか簡単にチェックできますので、これも判断基準に使えます。もちろん効果に個人差もあるでしょうが、長さと太さのどちらに重点を置いているかで選択するのが良いと思います。

また、ペニス増大サプリには、他の効果を持つ成分が入っているものもあります。

勃起力アップ、持続力アップや性欲増強などです。効果の追加を望まれる場合は、このような商品をお選びください。


ペニス増大・サイズアップのメリット

実際にサイズアップを行った方の経験や行動の変化をまとめると、以下のメリットが挙げられます。

ペニス増大サプリを使ってサイズアップした結果

  • 自分に自信が持てるようになった
  • コンプレックスがなくなり、トイレや大衆浴場で気にしなくなった
  • セックスパートナーの満足度が上がった
  • 包茎が改善した

やはり自尊心に関する意見が多いようです。自尊心が高まった・自信を持てるようになったため、「初めて彼女ができた」や「営業の仕事がうまく回り出した」という意見も見られました。

人生に影響する可能性もあるということが分かります。

セックスパートナーの満足度について、女性はペニスの長さよりも太さの方が重要との研究報告があり、さらにパートナーを満足させたい場合は、太さに影響する増大サプリを選ぶのも良いでしょう。

また、ペニスサイズが増大すると包茎が改善するとの報告がいくつかあります。

ペニスを包んでいる皮が不足するので、当たり前と言えば当たり前なのですが、これがありがたいと感じる方も多いようです。

包茎で悩んでいる方にも、ペニス増大サプリはお勧めとなります。


勃起の仕組み

続いて、勃起の仕組みについて見ていきましょう。

勃起は、性的刺激による脳の興奮が、神経を介してペニス周辺に伝わることにより起こります。性的刺激に対する反射反応になりますので、自身ではコントロールできません。

熱いものに手で触れた時に、意思と関係なく手を動かしてしまうのと同じ感じです。

勃起中枢 → ペニス海綿体でのcGMPの増加 → 海綿体の血管が広がる → 海綿体の血流量が増加 → ペニスが膨張 → 勃起

という流れです。

このように勃起には、ペニス海綿体の血流量の増加が必要なのですが、そのためには海綿体でcGMPという物質が増加することが必要です。

cGMPが一定量に達すると勃起が起こり、cGMPが存在する間は勃起が続きます。

一方、海綿体には、このcGMPを分解する酵素が存在します。PDE5という酵素で、勃起を終わらせる役割を担っています。cGMPが存在する間は勃起が続きますので、それを分解して、勃起を終わらせているのです。

何かの拍子の勃起してしまい、勃起がなかなか治まってくれずに困った経験をされた方もいるのではないでしょうか。

また、勃起が続いて、ペニスが痛くなった記憶がある方も多いと思います。

実は、勃起はペニスが膨張した状態ですので、少し無理をしている感じです。ですので、勃起が長時間続くとペニスの組織がダメージを受けてしまうこともあります。そうならないために、PDE5がcGMPを分解してくれていると考えられています。

ただ、老化などによってcGMPを作る能力が衰えてくると、逆にPDE5の存在が邪魔になることも出てきます。cGMPが十分な量作られる前に分解してしまうと勃起ができなくなりますし、維持ができなくなることもあります。

cGMPとPDE5のバランスが重要と言うことです。ペニス増大サプリの中には、このバランスを整えて、勃起力を改善するものもあります。

サイズアップに加えて、勃起力まで改善したら、セックスライフが充実することが容易に想像できますよね。


海綿体の血流改善

勃起には、海綿体の血流増加が必要です。

乾燥わかめや寒天を水に浸しておくと、何倍にも膨張するのと同じで、血液(水分)が増えることでペニスが膨張します。

通常時のペニスサイズと勃起時のサイズの違い(膨張率)は個人差がありますが、血流の増加量が関係しています。

また、日によって勃起時のサイズが異なる経験がある方もいるのではないでしょうか?

セックスパートナーに言われて気付くことが多いようですが、これも血流増加量が関係しています。

つまり、海綿体の血流を改善すれば、ペニスサイズが増大すると言うことです。

もちろん通常時のサイズにも影響しますので、血流改善効果を持つペニス増大サプリを使用すれば、通常時、勃起時共にサイズアップが実感できると思います。

血流改善効果を持つ成分は、ペニスの太さの増大効果が強いとされています。

太さをサイズアップして、セックスパートナーを喜ばせたいと言う方は、血流改善効果を持っているペニス増大サプリを使ってみてはどうでしょうか?


世界のペニスサイズと日本の平均

ここでは世界の各国の男性のペニスサイズに目を向けてみましょう。

どこの国の男性が大きい・小さいのか、そして日本人はどれほどのレベルなのでしょうか?

世界中からペニスサイズの研究データを集めている「Tadaa, Data (https://tadaa-data.de/about/)」から関連あるデータをピックアップしました。

139ヶ国の研究結果を集めているグループが運営しているもので、それぞれの研究サンプル数も多いので、データの信頼性が高いと考えられます。

通常時のペニスの長さを基準として、上位10ヶ国と下位10ヶ国、日本、そしてペニスサイズが大きいイメージが強いと思われる国のデータを表にまとめました。

国名 長さ (cm) 周囲 (cm)
通常時 勃起時 通常時 勃起時
ボスニア・ヘルツェゴビナ12.2 15.279.612.08
ベルギー12.115.1410.613.26
デンマーク1215.0710.613.26
クロアチア11.814.7710.412.99
ブルガリア11.714.669.311.69
オーストリア11.714.699.712.1
DRコンゴ11.417.9310.613.05
スーダン11.417.9510.613.08
チェコ共和国11.314.179.311.65
ジャマイカ11.316.39.512.01
ブラジル9.915.710.212.99
フランス9.914.510.913.63
アメリカ9.614.159.712.23
スペイン9.213.589.712.19
中国8.812.98.911.14
日本8.612.69.211.5
イタリア8.512.59.712.19
フィリピン7.910.858.511.03
韓国7.910.89.111.3
スリランカ7.410.188.810.99
ベトナム7.410.158.911.55
ラオス7.410.148.710.86
ミャンマー7.410.18.510.64
ネパール7.39.989.511.87
カンボジア7.29.848.611.12
北朝鮮79.69.511.86
タイ6.99.438.410.83

下位10ヶ国が全てアジアの国であることを考えると、アジア人はペニスが小さめの遺伝を持っていることが想像できます。もしこの平均よりも小さかった場合は、ペニス増大サプリなどでサイズアップを試みてはどうでしょうか?

今よりも自信が持てるようになるはずです!

逆に上位を見るとヨーロッパやアフリカの国になります。

ただ、興味深いのはスペインやイタリアのサイズが小さい方であるということです。同じヨーロッパでも異なるのは、生活習慣もサイズに影響する可能性があるということでしょう。

ヨーロッパではペニス増大サプリの使用が、以前から盛んに行われていたようです。

その点から考えると、ペニス増大サプリを使用する国と使用しない国で差が出ている可能性もあります。3cmくらい増大する可能性が期待できます。

また、通常時と勃起時でランクが入れ換わるのも興味深いもので、勃起時は「スーダン」が1位で、「DRコンゴ」が2位になります。アフリカの国の男性は、遺伝的にペニスの膨張率が高いということが分かります。