PMS(月経前症候群)編・症状とお薬ガイド


PMSっていつ発症するの?


月経(生理)の時期が近づくと決まって様々な心身の不調が次々と現れることに悩む女性は非常に多いです。

男性の方も、昨日まで穏やかだったパートナーがいきなり攻撃的になったり泣き出したり体調不良を訴えたり、相手の様子が明らかにおかしいぞという事態に定期的に陥る方は多いのではないでしょうか?

この特異な症状を総合的に「月経前症候群(PMS、Premenstrual Syndrome)」と呼びます。PMSの症状は月経の3〜10日位前から起こり、月経開始と共に徐々に症状が治まりやがて消失していきます。

割合的にはなんと80%以上の女性がPMSによる症状が起きたことがあるというデータがあるほど、PMSは女性にとって切っても切り離せないものです。

PMSはここ数年で広く認知されるようになりましたが、それより以前はPMSという言葉自体全く浸透していなかったため人知れず苦痛に耐える女性も少なくありませんでした。 現在ではメジャーな言葉となって治療法が確立し、男女共にPMSと上手く付き合っていく道筋ができました。


PMSの症状はどんなもの?


PMSの症状は多種多様ですが、下記のような症状が主になります。


  • 身体症状
    下腹の張りや痛み、乳房の張りや痛み、腰痛、にきび、頭痛、疲労感、倦怠感、眠気、むくみ、体重増加、便秘

  • 精神症状
    イライラ、怒りやすい、攻撃的、憂うつ、不安感、集中力低下、引きこもり

  • また、同じ症状が月経周期的に現れるか・ 症状が現れる時期が排卵後~月経までの期間のみか・日常生活に影響をきたすほどの症状か、というのもポイントです。

    PMSの症状が強く現れるのは、多くの場合月経開始前の3~10日です。症状は月経開始後およそ4日以内にはおさまることもPMSの特徴です。

    もし周期的でなく日常的な症状である場合は、PMS以外の病気が疑われます。


    PMSの原因にはなにがあるの?


    PMSの原因は、女性ホルモンのひとつプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されホルモンバランスが急激に変化することによります。

    女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロンの2種類のホルモンがありますが、プロゲステロンは妊娠に深く関わるホルモンです。月経の約2週間前に訪れる排卵が終わると卵巣から分泌されます。

    そのため、月経前の2週間はプロゲステロンが一番多く分泌される時期なのです。尚、この時期を「黄体期」と呼びます。

    ただし、PMSを引き起こすプロゲステロンは決して悪いホルモンではなく、妊娠を希望する女性にとって必要不可欠なホルモンです。身体のホルモンの仕組みだから全ての女性にPMSの症状が起こるのかというとそうではなく、プロゲステロンへの感受性が高い体質の方がPMSの症状が強く出る傾向にあります。

    過度なストレス・不規則な生活習慣・冷え性などの要因でプロゲステロンへの感受性が高まりPMSになりやすいと言われているので、薬による治療だけではなく生活習慣や体質改善も重要です。

    その他、ホルモンバランスが崩れやすい10代や出産経験がない方もPMSの症状が強く出る傾向にあると言われています。


    PMSの治療方法は?効果のある薬やサプリメントは?


    PMSの治療は主に下記のような治療法があります。


  • 対症療法
    鎮痛薬(頭痛や腰痛に)、抗不安薬(不安感やイライラに)、利尿剤(むくみに) 根本的な原因を治すものではありませんが、症状を緩和させることができます。

  • 低用量ピル(OC: oral contraceptives)
    排卵を抑制することでホルモンバランスを安定させ、PMSの症状を全体的に軽減させることができます。
    現在はPMSの治療といえば低用量ピルだと世界中で認知されていますが、日本における低用量ピル使用率は海外に比べると非常に低いです。

  • 漢方薬
    東洋医学の代表格です。複数の生薬が配合されており、心身の両方に働きかけて身体全体のバランスを整えることを目指していることが特徴です。
    天然成分のため副作用がほぼないことがメリットですが、効果は個人差が非常に大きく体質によって合う合わないがあるため、漢方専門医の慎重な見極めが必要です。

  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
    抗うつ薬の一種で、欧米ではPMSの精神症状が重度である場合の主流の治療薬です。

  • PMS治療薬としての低用量ピルについて


    PMSのメイン治療法は低用量ピル及び超低用量ピルになります。

    低用量ピルは少量のエストロゲンとプロゲステロンが含有されている女性ホルモン製剤で、自分自身で妊娠と月経をコントロールできる薬です。高い避妊効果があるため、元々は経口避妊薬として世界中で広く認知されていました。ピルを正しく服用した場合の避妊成功率はほぼ100%です。

    低用量ピルを服用すると脳下垂体が「女性ホルモンがたくさん分泌されている=妊娠状態である」と認識し、卵胞の発育・排卵・子宮内膜の増殖が抑制されることで高い避妊効果を発揮します。

    なぜ避妊薬である低用量ピルがPMSの治療薬として有効なのかと言いますと、PMSの症状の発症にはホルモンバランス(エストロゲンとプロゲステロン)の急激な変化が深く関係しています。低用量ピルによる排卵抑制作用は働きっぱなしの卵巣や子宮を休ませ、ホルモンバランスを整えホルモンの変動を抑えます。そのためPMSの症状が和らぐのです。

    低用量ピルは生理痛や重い月経を軽減する作用や子宮を休ませて内膜を薄くする作用、更にはホルモンバランスを整えることから肌荒れやニキビを防ぐ作用も兼ね備えています。そのため月経困難症の治療や子宮内膜症の予防及び治療、難治性・重症ニキビの治療にも多く使用されています。

    また、ピルを一定期間服用してから中止することにより反動で排卵が起こりやすくなって妊娠しやすくなることも明らかになっています。そのため不妊治療にも有効です。

    日本において低用量ピルの普及率はほんの数%ですが、海外先進国では半数近くの女性が服用しているほど一般的な薬です。

    低用量ピルの服用は避妊効果・PMSの改善効果・生理痛や月経過多の改善効果・美肌効果などといった女性にとって何重ものメリットがあるので、女性ならではの悩みを抱えている方には非常にお勧めです。

    ただし、大抵の方は問題ありませんが副作用も僅かながら報告されています。吐き気や倦怠感などといった服用を続ければやがておさまる軽い副作用から、血栓症という女性ホルモン製剤特有の重大な副作用も稀に報告されています。

    エストロゲン依存性腫瘍(乳癌など)の方や35歳以上でヘビースモーカーの方など、疾患の悪化や副作用の発現リスクの恐れのために身体の状態によっては低用量ピルを服用できない場合があります。服用を開始する前に必ず医師に相談してください。


    主な低用量ピル

  • トリキュラー21
    第2世代3相性のピルで、有効成分として黄体ホルモンであるレボノルゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを含有しています。3相性というのはホルモン配合量が異なる3種類の錠剤をシートの順番に従って服用するタイプで、周期の変化によって異なるホルモンバランスにマッチするよう構成されています。
    日によって必要最低限のホルモン量になっているため余分な量のホルモンを取り入れずに済みます。
    トリキュラーのジェネリック医薬品もございます。

  • マーベロン
    第3世代1相性と呼ばれるピルで、有効成分として黄体ホルモンであるデソゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを含有しています。
    全ての錠剤が同じホルモン配合量なので、飲み方が簡単です。
    第2世代などの従来の低用量ピルを改良して開発されたため体重増加やニキビなどの副作用がかなり軽減されましたが、重大な副作用である血栓症のリスクは少しだけ高くなると言われています。
    マーベロンのジェネリック医薬品もございます。

  • ヤスミン
    第4世代と呼ばれる新しいピルで、有効成分として黄体ホルモンのドロスピレノンと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを含有しています。含有量が若干異なりますが、日本では「ヤーズ配合錠」が有名です。
    従来のピルより副作用が少なく、超低用量ピルと呼ばれるほどホルモン含有量が少ないのが特徴です。

  • ダイアン
    小柄な体格のアジア人のために開発された新しい低用量ピルで、有効成分として抗アンドロゲン薬のシプロテロン酢酸と卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを含有しています。
    日本では未認可の低用量ピルですが、飲みやすさと副作用の少なさで人気があります。
    ダイアンのジェネリック医薬品もございます。

  • 主な低用量ピルの国内医療機関でのコスト


    日本の産婦人科領域でも、海外ほどではありませんが低用量ピルは多く使用されています。

    日本で販売されている低用量ピルは、自費で購入する低用量ピルと保険適応のある低用量ピルとがあります。

  • トリキュラー:約2,000~3,000円
  • アンジュ:約2,000~3,000円
  • ラベルフィーユ(トリキュラージェネリック):約1,500~2,000円
  • マーベロン:約2,000~3,000円
  • ファボワール(マーベロンジェネリック):約1,500~2,000円

  • これらの低用量ピルは自費(保険が効かないため全額自己負担)になります。自由診療であるため、病院によって価格設定にかなりのばらつきがあります。

    また、上記の価格+診察料などの受診費用がかかるため、1回の受診につき総額およそ5,000~6,000円かかることを想定してください。(2回目以降の診察はややお安くなります。)

    ただし、何らかの処置や検査を受けた場合は更に数千円追加されるため10,000円以上になる可能性も少なくありません。病院で低用量ピルを処方してもらう場合は、事前に問い合わせていくらになるか確認してから受診することをお勧めします。

  • ヤーズ配合錠:約7,000円
  • ルナベル:約5,000~6,500円(規格による)

  • これらの低用量ピルは月経困難症という病名がついた場合に保険適用になります。自費の低用量ピルと同様に診察料などの受診費用がかかり総額ではおよそ9,000~11,000円ほどになりますが、3割負担で2,700~3,300円になります。保険診療のため、病院により価格のばらつきはありません。

    ベストケンコーの低用量ピルをチェックする⇒


    原稿作成:薬剤師 浅田 マキ

    つらいPMSを低用量ピルで解消するなら!