スマートドラッグや利尿剤を含む27品目の個人輸入規制についてベストケンコーが解説します。

スマートドラッグ27品目が個人輸入規制、ラシックスも?代わりになるお薬は?ベストケンコー薬剤師コラム


頭が良くなったり、集中力が高まったりすることから話題となっているスマートドラックは、個人輸入を通して購入されている方もいらっしゃいます。
しかし、厚生労働省から2018年度内に一部のスマートドラッグの通販を原則禁止にするとの発表がありました。
現時点ではどのスマートドラッグが禁止予定となっているか、禁止になった後も代替薬を個人輸入代行サイトから購入できるのかをご紹介していきます。
現在スマートドラッグを使用されているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも「スマートドラッグ」とは?

スマートドラッグは上記でも少し紹介したように、頭が冴えて物事が分かるようになる、記憶力・集中力が高まるなどの効果が期待できる医薬品です。
本来はてんかんや注意欠陥、多動性障害(AD/HD)、意識障害などの効果が期待できる治療薬として使われていますが、過剰に服用しなければ勉強や仕事の効率アップも目指せるということで注目されています。

しかし、個人輸入代行サイトを利用すれば、医師から処方されなくても簡単に手に入れることができるため、健康被害や乱用につながるおそれがあるとして、厚生労働省は27品目のスマートドラッグの個人輸入を規制することにしました。
原則禁止となったことでスマートドラッグ自体が危険なイメージを持たれてしまうかもしれませんが、実際には正しい使い方で利用すれば問題ありません。


スマートドラッグ規制はいつから?


スマートドラッグの規制はいつから始まるのか、という点ですが、個人輸入規制の具体的な規制開始日はまだ決まっていません。
厚生労働省でスマートドラッグの規制に関する議論が行われたのが2017年6月であり、同年11月には規制対象となる27品目の医薬品が決定しました。

しかし、具体的な日時は特に公表されておらず、2018年以降から規制が開始されるのではないかと言われていました。
2018年10月現在、厚生労働省からはスマートドラッグの規制をいつから行うといった発表は特にないので、今まで通り個人輸入代行サービスを利用したスマートドラッグの個人輸入が可能です。


スマートドラッグの規制方法


スマートドラッグの規制に関して、これまでスマートドラッグを活用されてきた方の中には不安を感じる方も多いでしょう。

個人輸入代行サイトを利用してお薬を購入したことがある方は記憶に新しいかもしれませんが、2016年に抗不安薬デパスが輸入できなくなった件はご存知でしょうか?
今回の規制も、その際と同様全面的に禁止されてしまうのではないかと考えている方もいらっしゃるかと思います。
デパスは、一般薬としてストレスや不安を解消するために用いられていましたが、2016年10月から一般薬ではなく向精神薬に分類されるようになり、個人輸入ができなくなってしまいました。

なぜ一般薬から向精神薬にカテゴリーが変わったことで個人輸入が禁止されてしまったのかと言うと、向精神薬は一般薬とは異なり「麻薬及び向精神薬取締法」によって、医師から処方された本人が携帯して入国する場合を除き、一般の個人が日本へ輸入することを禁止するとの規定が設けられています。
この法律が適用されたため、向精神薬のカテゴリーに分類されたデパスは個人輸入が規制されてしまったのです。
違反してしまった場合は処罰される可能性もあるので、十分注意しなくてはなりません。

ただ、今回のスマートドラッグの規制はデパスの時と同様に全面的に個人輸入が禁止されるというわけではありません。
デパスは向精神薬にカテゴリーが移ったことで個人輸入禁止となりましたが、今回の規制は、医師の処方せんや指示書がなければ個人輸入できない医薬品に、27品目が加わるということです。
つまり、スマートドラッグの個人輸入自体が全面的に禁止になったわけではありません。

スマートドラッグは本来てんかんやアルツハイマー病などの治療薬として活用されているものも多く、医師が必要だと判断された場合に処方箋や指示書があれば個人輸入することも可能です。
スマートドラッグがどうしても必要だという方は、医師に相談してみるのも良いでしょう。


個人輸入が規制されてしまう27品目とは?


厚生労働省から発表された規制対象となるスマートドラッグは、以下の27品目になります。

【てんかん治療薬として活用】

  • ピラセタム
  • レベチラセタム

【AD/HD治療薬として活用】

  • アトモキセチン

【意識障害の改善薬として活用】

  • シチコリン

【その他】

  • ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩
  • ニセルゴリン
  • アニラセタム
  • エチラセタム
  • ネフィラセタム
  • オキシラセタム
  • プラミラセタム
  • イデベノン
  • ニモジピン
  • ビンポセチン
  • プロプラノロール塩酸塩
  • アテノロール
  • ブロモクリプチンメシル酸塩
  • フロセミド
  • チアネプチン
  • ソマトロピン(遺伝子組換え)
  • デスモプレシン酢酸塩水和物
  • タンニン酸バソプレシン
  • アドラフィニル
  • ナドロール
  • プロカイン塩酸塩(外用剤を除く)
  • デヒドロエピアンドロステロン
  • プレグネノロン

ピラセタムやレベチラセタム、アトモキセチンといった有名なスマートドラッグが今回の規制対象になります。
しかし、中には集中力アップや記憶力向上にあまり効果がなくスマートドラッグとは呼べない薬も、個人輸入の規制対象に含まれてしまうようです。


規制対象に含まれなかったスマートドラッグはあるのか?


上記では対象の27品目をご紹介しましたが、スマートドラッグと呼ばれているものの中にも今回の規制対象に選ばれていないものもあります。
どのようなものが対象になっていないのでしょうか?

  • L-チロシン
  • チロシンはアミノ酸の一種であり、集中力を高められる成分として活用されています。
    例えばたけのこに付着している白い粒状のものがチロシンであると言われています。
    服用することで抗うつ作用や覚醒感を得ることができ、また集中力アップの効果もあります。
    その他にも、チロシンには神経伝達物質を回復させ、慢性的な疲労にも効果があることもわかってきています。
  • イチョウ葉エキス
  • イチョウ葉エキスは、その名の通りイチョウの葉から抽出されたエキスを指します。
    エキスにはフラボノイドやテルペノイドと呼ばれる有効成分が含まれており、記憶力アップをサポートしてくれます。
    天然由来の成分になるので安心できる成分です。
  • ピリチノール
  • ピリチノールは、ビタミンB6類似物質として知られており、1970年代から認知障害や子どもの学習障害を改善するための治療薬として活用されています。
    ピリチノールの役割としては、酸素やエネルギー源となるブドウ糖を脳へ運びやすくすることが挙げられ、これにより脳を活発的にする効果が期待できます。

L-チロシンやイチョウ葉エキス、ピリチノール以外にも、スルブチアミンやヌーペプト、コリン、L-フェニルアラニン、レシチン、アセチルL-カルニチン、ホスファチジルセリン、コロストリニンリチウムなどが挙げられます。
これらの成分は海外製の医薬品やサプリメントなどにも含まれているのですが、規制対象を免れたようです。
ピリチノールやスルブチアミンに関しては医薬品に分類されますが、その他の成分は日本でもサプリメントの中に配合されているものがあります。
そういった部分から個人輸入の規制対象にならなかったのではないかと考えられるでしょう。


個人輸入が規制される、ベストケンコーで取り扱っている医薬品の種類


個人輸入が規制される予定の医薬品には、ベストケンコーで取り扱っている製品も存在します。どのような種類があるか、ご紹介していきましょう。

和名 英名 国内製品名 備考(適応症など)
ピラセタム Piracetam ミオカーム内服液 日本では抗てんかん薬に用いられ痙攣症状を抑えられる目的で使用されています。
海外では集中力を向上させるスマートドラッグとして有名です。
アトモキセチン Atomoxetine ストラテラカプセル AD/HD治療薬の一つで、ノルアドレナリンを上昇させ冷静さを取り戻させるために使用されています。
スマートドラッグでは集中力・注意力アップのために使われています。
プロプラノロール塩酸塩 Propranolol
Hydrochloride
AD/インデラル 交感神経β受容体遮断薬として用いられており、心臓の過剰な働きを抑制してくれます。
実際にスマートドラッグとは異なるのですが、個人輸入代行業者の中には
スマートドラッグとして販売していたため今回の規制対象になってしまいました。
フロセミド Furosemide ラシックス 利尿降圧剤であり体内の余計な水分を尿として排泄する作用を持っています。
元々むくみ取りとしても活用されており、スマートドラッグというわけではありません。

ピラセタムやアトモキセチンに関してはスマートドラッグとして使用されていたケースもあったようなので規制対象に該当する理由は分かりますが、インデラルとラシックスはなぜ規制対象になってしまったのか理由が分からないとネットでも声が挙がっていました。
規制対象になってしまったことを変えることはできないので、今まで利用されてきた方は代替薬を見つける必要があるでしょう。


ベストケンコーで代替薬となる医薬品は?


では、ベストケンコーで手に入る医薬品の中で、上記規制対象となっている薬の代替は見つかるのでしょうか?
いくつか製品をご紹介していきましょう。

和名 英名 代替薬 代替薬備考(適応症など)
ドネペジル塩酸塩 Donepezil
hydrochloride
アリセプト 認知症改善を目的としたドネペジル塩酸塩は、記憶力・認知機能の改善に効果が期待されています。
日本では「アリセプト」という製品名で販売されています。
安全性も高く、効果も期待できることからスマートドラッグとしてではなく認知症進行を留めるために使っている方は多いです。
メマンチン塩酸塩 Memantine
hydrochloride
アドメンタ メマンチン塩酸塩もドネペジル塩酸塩と同様に認知症の進行を抑制する効果が期待できる成分です。
日本ではメマリーという製品名で販売されています。
ドネペジル塩酸塩と違う点としては、脳にグルタミン酸が過剰に分泌されると記憶障害や学習障害を引き起こしてしまうのですが、それらを抑制することにより記憶力上昇が期待できます。
ドネペジル塩酸塩との併用もおすすめです。
ブレーンピル Brain Pill ブレーンピル ブレーンピルは13種類にも及ぶ記憶・集中力を高める成分が入ったカプセルです。
有効成分にはイチョウやDHA、チロシンなどが入っていて、全て天然由来成分になっているので安心して服用できます。
イチョウやDHAなどの成分は日本の医薬品メーカーでも記憶力向上サプリに利用されている成分でもあり、効果が期待できつつ安心感のある医薬品だと言えるでしょう。
メトプロロール Metoprolol セロケンXL メトプロロールはプロプラノロールやアテノロール、ナドロールなどの代替薬としての働きが期待できる医薬品であり、スマートドラッグではありません。
β受容体遮断薬の一つで、心臓の過剰な動きを休ませる働きが期待できます。
セロケンは日本で高血圧・狭心症・不整脈治療などに用いられている医薬品です。
メトプロロールは、セロケン以外にもベロックゾックやスーパーメット、メトラールも代替薬になり得ます。
トラセミド Torasemide ダイトール ダイトールは、フロセミドの代替薬となります。トラセミドはルプラックという製品名で販売されており、フロセミドに比べてかなり強い効果を発揮すると言われています。
効果がフロセミドに比べて高くなっているので、副作用が起きやすいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実際にはフロセミドよりも副作用を起こしにくいです。
これまでフロセミドを使われていた方も、トラセミドに切り替える方は多く見られます。

まとめ


今回、厚生労働省によるスマートドラッグの個人輸入規制は副作用や乱用のリスクを防ぐためと言われていますが、この規制によって様々な治療効果が期待できる医薬品まで個人輸入が規制されてしまいました。
日本では販売されていなくても海外では一般的に購入できる医薬品やサプリも多く、用法用量を守って服用すれば安全性も高いとされています。
今後、過剰摂取による健康被害を起こす人が増えてしまうと個人輸入の規制がより厳しくなってしまう可能性もあるので、個人輸入代行サイトを活用し購入した医薬品やサプリメントは、副作用を起こさないように心がけながら使用するようにしましょう。


原稿作成:薬剤師 白鳥勇磨

お急ぎ下さい!個人輸入が禁止になる前に!
規制予定商品の切り替えに!