女性ホルモンを増やしてバランス整えるには?

女性ホルモンとは

女性ホルモンを増やしてバランス整えるには?

体内では様々なホルモンが分泌され生体が維持されていますが、中でも女性機能を司り生理・妊娠・出産が行われるために絶対に欠かせないホルモンが女性ホルモンです。女性ホルモンは正常な身体機能の維持にも深く関わり、女性の美しさ・若さにも関与するため一生涯に渡って女性の心と身体を大きく左右します。

女性ホルモンは脳の視床下部〜下垂体から卵巣へと司令が伝わり分泌されますが、女性ホルモンには2種類のホルモンがあります。ひとつはエストロゲン(卵胞ホルモン)、そしてもうひとつはプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

エストロゲンは生理の終盤から排卵前(低温期や卵胞期と呼ばれる期間)にかけて多く分泌されるホルモンです。安定した生理周期の維持、乳房など女性らしい身体の発育、卵胞の成熟〜排卵を促す、子宮内膜を厚くする、頸管粘液の分泌を促す、自律神経・感情・脳の働きを整える、骨の形成、コラーゲンの分泌促進、美肌・美髪・アンチエイジング作用など多岐に渡る役割を担っています。エストロゲンは妊娠しやすい状態に心と身体を整え、女性らしい美しさを引き出してくれるホルモンです。エストロゲンが多く分泌される生理終わり〜排卵日は、身体も心も好調になって新陳代謝が上がり痩せやすくなる期間です。

プロゲステロンは排卵後の生理周期後半(高温期や黄体期と呼ばれる期間)に多く分泌される女性ホルモンです。受精卵が着床しやすいように子宮内膜や子宮筋の働きを調整して子宮内膜を増殖して厚くする、妊娠状態を維持する、体内の水分を保持する、食欲増進、体温を上げるなどの役割を担っています。PMS(月経前症候群)の原因ともなるホルモンですが、妊娠しやすくするだけでなく妊娠を継続させるのに欠かせません。

これらのホルモンバランスが整っていると心身共に安定して女性らしい美しさを保つことができますが、ストレス・不規則な生活習慣・加齢などの要因で崩れやすく大きく崩れると心身の不調が現れるようになります。

ここでは女性のお悩みと女性ホルモンの関わり、女性ホルモンを増やしたり安定させるための秘訣や医薬品についてご紹介します。


セックスと女性ホルモン

女性ホルモンを増やしてバランス整えるには?

よく「セックスをすると女性ホルモンが多く分泌される」「セックスをすると綺麗になる」と話題になることがありますが、はっきりとは解明されていません。

ホルモンバランスはストレスによる影響を受けて崩れることが特に多いですが、愛するパートナーがいて愛のあるセックスをしている方はそのことがストレスの解消や軽減になることが多いです。結果ホルモンバランスが安定し、正常な生理周期、心身の安定、美肌の維持などに繋がるのではないかと思われます。

また、セックスの快感によってドーパミンなどのホルモンが多く分泌されて脳が刺激されることも関係していると言われています。脳への良い刺激はホルモン分泌を活性化するため、女性ホルモンにも良い影響があるのではと考えられています。

更に、セックスすることで女性としての自信がついたり女性としての意識が高まり美しさを求めることで魅力的に映るためにセックスすると綺麗になるなどと言われているのかもしれません。尚、これらはセックスだけなく恋やトキメキでも同様のことが言えます。

ただし、愛のないセックスや義務的なセックスがストレスになってホルモンバランスが崩れることもあり得るので、ホルモンバランスをしっかり整えたいのであれば積極的にセックスすることよりも生活習慣の改善などの方が効果的です。


大人ニキビと女性ホルモン

女性ホルモンを増やしてバランス整えるには?

ある日突如現れ、治ってはまたできてを繰り返す大人ニキビ。お悩みの女性は非常に多いのではないでしょうか。大人ニキビの原因は主に「ホルモンバランス」「胃腸の不調」「スキンケア」の3つだと言われています。中でも女性ホルモンのバランスの崩れによるものが多く、大人ニキビはホルモンバランスが変わる生理前後に特に起きやすい傾向にあります。

女性ホルモンのバランスが崩れると、男性ホルモンが優位に立つようになります。男性ホルモンは皮脂分泌を促進して角質を厚くする働きを持っているため、男性ホルモンが優勢になるとニキビの原因となる角化細胞が増殖して毛穴が詰まるためにニキビが発生しやすくなるのです。特に顎、こめかみ、口周りなどUゾーンと呼ばれる部分のニキビはこの男性ホルモンが原因である可能性が高いです。

大人ニキビ対策において、薬を始める前にもできることがあります。


  • 良質な睡眠をとる
    • 就寝前はカフェインを避ける
      スマホやタブレットを使用しない
      就寝の3時間以上前に夕飯をすませておく
      22時~2時のシンデレラタイムにできるだけ寝る

  • 食生活
    • 1日3食、腹八分目
      必要な栄養素をバランス良く摂る

  • ストレスを溜めない
    • ストレス解消法や気分がリラックスする方法を見つける
      楽しみを見つけて脳に良い刺激を与え、活動的に過ごす
      無理や我慢をしない、適度に休む


    これらのことを心がけ実践することで、ホルモンバランスが整いやすくなって大人ニキビの改善だけでなく生理周期の安定、不妊改善、健康維持、ダイエット成功など心身の向上を叶えることができます。

    それでも治らない、再発を繰り返す。そんな難治性の大人ニキビに対して高い改善効果のある治療薬は以下の商品になります。これらの薬はホルモンバランスを整え安定させることで、大人ニキビを根本的に解決することが期待できます。


  • 低用量ピル
    • 少量の女性ホルモンを含有した経口避妊薬です。排卵抑制作用による高い避妊効果がある一方、ホルモンバランスを正常化して安定させる作用があるため大人ニキビの治療にも多く使用されています。

      トリキュラー21 :第2世代の低用量ピルです。順番に従って服用するという縛りがありますが、生理周期に合わせて女性ホルモン量がその時のベストになるように絶妙なバランスで配合してあることが特徴です。世界中で非常に人気があります。

      ノベロン(マーベロンジェネリック) :第3世代の比較的新しい低用量ピルです。従来の低用量ピルより副作用が少ないことが特徴です。ジェネリック医薬品であるためお買い得です。

      マイクロジノン21 :トリキュラーと同成分の低用量ピルです。トリキュラーとは違い全ての錠剤が同一含有量であるため服用が簡単です。海外では非常に人気のある薬です。

      ダイアン35 :小柄な体格のアジア人のために開発された新しい低用量ピルです。日本では未認可の成分が含有されていまが、飲みやすさと副作用の少なさで人気です。

      ヤスミン :第4世代の一番新しい低用量ピルです。超低用量ピルと呼ばれるほど女性ホルモンの含有量が少ないですが、高い効果があり副作用が少ないです。月経困難症の治療にも多く使用されます。

    • スピロノラクトン
    • 本来は利尿薬であるため高血圧や浮腫の治療に使用されることが一般的なのですが、男性ホルモンのアンドロゲンの働きを抑える作用があるためホルモンバランスの崩れによるニキビに対して高い改善効果を発揮します。


    その他にもニキビ治療薬といえば抗生物質の内服薬・外用薬、ピーリング作用のある外用薬など様々な商品があります。自身の肌・身体の状態に合わせて適切な治療法を選択してください。尚、例えば低用量ピルを服用しながらニキビ治療の外用薬を使用するなど併用も問題ありません。

    その他、サプリメントや漢方に頼るのも一つの手です。サプリメントはビタミンなどの一般的な食事では十分に摂ることが難しい栄養素を補うものやアーユルヴェーダ医学から生まれた天然ハーブのものなどがあります。効果には個人差がありますが、ホルモンバランスの安定に繋がることが期待できます。

    漢方は女性ホルモンが乱れる根本的な原因を改善して体質改善をしてくれます。ただし、どの漢方が自分に合うかは千差万別なので、漢方薬局などで専門の医師や薬剤師に相談することをお勧めします。


    更年期と女性ホルモン

    女性ホルモンを増やしてバランス整えるには?

    女性ホルモン(ここでは主にエストロゲンを指します。)は思春期に作られ10代後半から増加し始め30代前半でピークを迎えますが、その後は徐々に減少していきます。更年期(閉経年齢の前後、日本での平均年齢は約50歳)を迎えると、女性ホルモンの分泌が急激に減少するために様々な心身の不調が起こりやすくなります。この心身の不調を総称して更年期障害と呼びますが、症状は様々で主に疲労感、倦怠感、不眠、ほてり、のぼせや発汗(ホットフラッシュ)、頭痛、めまい、不安感やイライラ、膣の萎縮や乾燥などが挙げられます。

    更年期障害の治療は一般的に不足した女性ホルモンを補充する女性ホルモン療法(HRT)になります。足りない女性ホルモンを外部から補うことで、更年期による症状を和らげ女性らしさや若々しさを維持することが期待できます。

    また先程のセックスの話に戻りますが、更年期の女性はセックス時に痛みを感じることがあります。これは女性ホルモンのエストロゲンにはコラーゲンを分泌して肌や粘膜の潤いを保つ作用があるため、エストロゲンが減少することで膣内の潤いや弾力が失われ萎縮し固く乾燥した状態になってしまい挿入がスムーズにいかなくなることが原因です。ただし、セックスを定期的にしている更年期の女性はそうでもないというデータがあります。そのため、加齢による膣の萎縮やそれに伴う膣炎を防ぐには定期的なセックスが有効だと言えるでしょう。

    更年期の女性にお勧めの女性ホルモン製剤は以下の商品です。


    • オエストロジェル :外用タイプのエストロゲン製剤です。ジェルを塗布することで女性ホルモンを補充し、更年期症状を和らげることができます。日本の医療機関でも同タイプの医薬品が非常に多く使用されています。

    • プレマリンクリーム :膣用クリームのエストロゲン製剤です。膣に直接注入することで膣内の萎縮を改善して潤わせ、性交痛を改善します。また、顔や胸に塗布することで保湿・アンチエイジング・バストアップなどの美容効果も期待できます。

    • クリマラ :外用パッチタイプのエストロゲン製剤です。1週間に1回貼るだけで女性ホルモンを強力に補充し、更年期症状を和らげることができます。

    • エストラドット :クリマラと同様、外用パッチタイプのエストロゲン製剤です。貼るサイクルが違います。本剤は1週間に2〜3回貼ることで女性ホルモンを強力に補充し、更年期症状を和らげることができます。

    • プレマリン :内服タイプのエストロゲン製剤です。全身的な症状の更年期障害に対する治療に世界中で非常に多く使用されています。

    • メプレート :内服タイプのプロゲステロン製剤です。女性ホルモン補充療法においてエストロゲンによる発がんリスクを下げる目的で使用したり、その他月経異常や不妊治療など多くの治療に広く使用されています。


    女性ホルモンを増やすには

    女性ホルモンを増やしてバランス整えるには?

    一生のうちで分泌される女性ホルモンの量はティースプーン1杯分だと言われています。このほんの少しの女性ホルモンが女性の一生を大きく左右するのです。女性ホルモン自体を闇雲に増やすことはできませんが、分泌量のバランスを整え十分に分泌させることで心身の安定や女性らしい美しさを保つことができます。また、女性ホルモンは多ければ多いほど良いというものではなく、女性ホルモン過多だと乳がんや子宮体がんの発現リスクが上昇します。

    女性ホルモンのバランスは少し崩れただけで分泌が極端に減ってしまうことがあります。そのため、「女性ホルモンを増やす」という考えよりも「バランスを整え分泌を安定させる」ことを心がけていきましょう。

    ここでは、日常生活で実践できることを紹介していきます。


  • 冷え性対策(温活)
    • 身体が冷えていると自律神経やホルモンバランスを崩す原因になります。温めて全身の血流を改善し、ホルモンが全身を巡りやすくなるような身体作りをしましょう。以下の習慣をお勧めします。
      湯船につかる(半身浴)
      身体を温める食材を積極的に摂る(生姜、ねぎ、かぼちゃ、にんじん、ごぼう、にんにくなど)
      冷たい食品や飲み物は避ける
      腹巻きや厚手の靴下を年中身につける

  • 適度な運動
    • 適度な運動(ウォーキング、ヨガ、ストレッチなど)で身体に適度な筋肉をつけて血行促進しましょう。筋肉をつけると新陳代謝が良くなり若々しさを保つこともできます。家での簡単な体操でも構いません。

  • ストレスを溜めない&発散する
    • 大人ニキビの章でも言及しましたが、女性ホルモンの一番の敵はストレスです。現代のストレス社会では難しいかもしれませんが、自分なりのストレス解消法やリラックス法を見つけ、無理をしない生き方を心がけることが非常に重要です。

  • ホルモンバランスを整える作用のある食品を摂る
    • 大豆製品(豆乳、納豆、豆腐、油揚げ、味噌など)にはエストロゲンによく似た働きをするイソフラボンが多く含まれています。また、ビタミンB6を含む食品(バナナ、まぐろ、かつお、とうがらし、にんにく、鶏肉など)やビタミンEを含む食品(アーモンド、ピーナッツ、モロヘイヤ、アボカド、かぼちゃなど)も女性ホルモンを活発にしてホルモンバランスを整える作用があるのでお勧めです。また、ヨーグルトなど乳酸菌を含む食品や飲料は腸内環境を整え腸の免疫力を上げることでホルモンバランスを整えることが期待できます。また、タンパク質と鉄分は女性ホルモン分泌に特に重要な栄養素です。それらを意識しながら、バランスの良い食事をしっかり摂るように心がけましょう。



    原稿作成:薬剤師 浅田マキ

    大人ニキビに改善効果のある低用量ピルとスピロノラクトン
    更年期症状にお悩みの女性におすすめな女性ホルモン剤