カテゴリー

ゼニカルとは

ゼニカルはお肉や揚げ物など脂っこい食べ物についている脂質を身体に取り込むことをブロックし、身体に脂肪が付かないようにしてくれるダイエット薬です。通常であれば、身体に取り込まれた油は分解されて体内に吸収され、身体を動かすことに大切なエネルギーとして役立ちますが、それ以外の余分な油は脂肪として身体に蓄積されていってしまうので、余分な油は脂肪として身体に付き太っていってしまいます。


そんな脂肪をゼニカルを内服するだけで25~30%もカットしてくれるので、ダイエット効果はもちろん、ダイエット効果だけでなく、高血圧や高コレステロール血症などの生活習慣病の予防にも効果を発揮してくれます。


ゼニカルや有効成分であるオルリスタットは海外では肥満治療薬として広く知られており、その効果も実証されているので、色々な種類のジェネリック医薬品が開発されていますが、日本ではまだ未承認薬なのであまり広く知られていません。しかし、内服するだけで脂質をカットすることができるので、テレビなどでも紹介されて若い人たちからの注目度は高まっています。日本で認可されているダイエット薬で、オルリスタットと同じ効果が得られるものは有効成分にセチリスタットを含む、オブリーンという薬です。しかし、ゼニカルに比べてオブリーンは効果があまりなく、人気が出なかったため現在ではほとんど使用されていません。海外で販売されているゼニカルのジェネリック薬には、オルリスタットの含有量が少ないものもあり、自分の身体にあったものを選んで内服することができます。


日本ではクリニックや病院でも、ゼニカルやオルリスタットを含むダイエット薬を処方してもらうことができますが、保険の適応外なので10割負担となり、未承認薬なので副作用症状などがあらわれても自己責任となってしまいます。日本で認可されていないとゼニカルを使用することが不安になりますが、ゼニカルを販売しているロシュという製薬会社は世界でも最大規模の製薬会社なので、研究や開発は十分に行われているので、十分信頼することができます。また、アメリカの政府機関であるFDAにも承認されている薬なので心配なく使用して頂けます。


ゼニカルは医薬品なので、脂肪をブロックしてくれる効果も抜群ですが、医薬品と言われる以上副作用症状が少なからずあらわれるリスクがあります。下痢になったり、腹部症状に関わることがほとんどで1か月以内には自然と軽快していきますが、ごくまれに重篤な副作用症状があらわれてしまう場合もあります。腎臓や肝臓などにもともと持病がある方は内服する前に事前に医師に相談するようにして下さい。日本でもダイエット外来などで処方されているゼニカルですが、日本で処方してもらうと保険が適応されないため高価になってしまい、継続して内服するには経済的な負担が大きくなります。経済的負担を削減するためにも、医薬品の個人輸入代行サービスを活用し、なるべく安く簡単に手に入れることもできます。


ゼニカルのような薬に関して1つ勘違いしやすいのは、『飲んだら痩せる』です。ゼニカルはダイエット薬ですが、飲んだら痩せるというわけではありません。ゼニカルは食べ物の脂質の吸収をブロックし、脂肪を溜めないように働きかけてくれるので、脂肪はつかなくなりますが、もともとついている脂肪をとってくれるわけではないので、ゼニカルを内服しながら適度に運動することが大切です。食事はいつもと同じでもダイエット効果が得られるので、ストレスなくダイエットを続けることができる画期的なダイエット薬です。


ゼニカルの成分と効果・副作用


ゼニカルの効果を説明する前に、身体に脂肪が付くまでの流れを説明していきます。体内に脂肪を取り入れる方法は、脂質からの吸収と糖質からの吸収の2種類ありますが、ゼニカルは脂質から脂肪を作り出すことをブロックしてくれます。脂っこい食べ物を食べると、胃や膵臓から分泌されるリパーゼと呼ばれる酵素によって、脂質は分解された後、体内に吸収され、エネルギーに変わりますが、余ってしまった余分な脂質は脂肪として身体に蓄積されていきます。


ゼニカルの有効成分であるオルリスタットがリパーゼの働きをブロックしてくれるので、食事をして体内に入ってきた脂質が腸管で吸収されることを未然に防いでくれます。個人差はありますが、リパーゼの働きをブロックすることによって、身体は脂質の吸収を25~30%もカットすることができると言われていて、吸収されなかった脂質は便と一緒に体外へそのまま排出されます。


脂質をそのまま体外へ排出してくれるので、ダイエット効果だけでなく、糖尿病の予防や高血圧、高コレステロール血症などの生活習慣病の予防にも効果があると言われています。ゼニカルの効果は、内服し始めてから自分で実感できるようになるまで2ヵ月程かかりますが、1ヵ月程で徐々に効果はあらわれ始めています。効果があらわれないと焦らずに、じっと内服し続けて待ちましょう。2ヵ月経っても効果があまり感じられない方は、脂質ではなく糖質の摂りすぎなのかもしれませんので、食事に注意してみてください。ゼニカルは食べ物の脂質を吸収しないようにはできますが、糖質は身体の中で脂肪に変化するので、糖質として体内に取り入れられたものはゼニカルで吸収をブロックすることはできません。


ゼニカルは医薬品なので、副作用症状があらわれる場合があります。ゼニカルの副作用で最もあらわれやすいのは、下痢やおならの増加などお腹に関わるものがほとんどです。腸内で脂質が吸収されることを防ぐので、腸内環境が変化することでこのような副作用症状が起こると言われています。副作用ではないですが、脂質が便と一緒に体外へ出されるということは、油がそのまま出てくるということなので、匂いがきつく、トイレの時やお風呂の時など気を遣う人も多いようです。下痢などの症状は1週間、長くても1ヵ月以内には自然に軽快していく使用者がほとんどですので、症状がひどくなければそれほど心配はいりません。ゼニカルの副作用症状は他にもあり、ゼニカルは脂肪の吸収を阻害するだけでなく、ビタミンA・D・E・Kやβカロテンの吸収も邪魔してしまうと言われています。長期的にゼニカルを使用していると、肌荒れがひどくなってしまうことがあるかもしれません。ゼニカルを内服している以上、ビタミン不足から逃れられないので、ビタミンサプリなどと併用することも1つの解決方法です。


ゼニカルを内服している女性で注意が必要なのは、月経不順です。もとから月経不順の女性はより注意が必要で、生理周期が乱れてしまう可能性があります。他にも、薬を内服することは、肝臓や腎臓に少なからず負担をかけてしまうので、元から肝臓や腎臓に何かしらの持病を持っている方は注意が必要です。食欲低下や倦怠感、白目や肌が黄色くなってきている、むくみなどの症状があらわれた場合は内服を中止し、病院を受診するようにして下さい。


ゼニカルの服用方法や注意点


ゼニカルの内服方法は、内服するタイミングを変えるだけで効果の出方に少しですが差が出てきます。ダイエットにはこの少しの差がとても大切なので、効果的な内服方法を説明していきます。ゼニカルの内服で1番効果が発揮されると言われているのは食事中~食後1時間の間です。食事前に内服してしまうと、少しですが効果が薄れてしまうので、出来れば食事の後に忘れずに内服するようにしてください。なぜ、食前より食事中~食後がいいのかというと、脂肪を分解する酵素であるヘパリーゼは食べ物が胃の中に入ってから分泌されるので、ヘパリーゼに働くゼニカルを内服するタイミングは食べ物を入れているとき、もしくは入れた後がベストだからです。


ゼニカルは1回に1錠だけ内服するようにして下さい。1錠の内服で充分な効果が発揮されます。1回に2錠内服したからと言って、効果が倍にあらわれるというわけではないので、必ず用量を守るようにして下さい。ゼニカルの内服は1日に3回までとされていますが、朝・昼・晩と毎日定期的に内服しなければいけないわけではなく、食事を摂るときに内服すれば効果を発揮してくれます。1日きちんと3回食事を摂る方であれば、1日3回内服をして下さい。もし、朝は食べないという場合は昼と夜の1日2回の内服で大丈夫です。


ゼニカルの内服にはいくつか注意点があります。しっかり注意点を守ってゼニカルを内服すれば、重たい副作用症状もあらわれず、十分なダイエット効果が得られるので、きちんと服用方法を守るようにして下さい。

注意点の1つ目としてゼニカルを内服し過ぎないことです。1日3回まで、1回に1錠をきちんと守って内服して下さい。多く内服しても効果は変わらず、副作用症状などを引き起こす原因になるので、気を付けるようにして下さい。もし内服し忘れた場合でも、次の食事の時に1回分の1錠を内服して下さい。


2つ目は、脂質の少ない食事のときはゼニカルを内服しないようにして下さい。ゼニカルは脂質の吸収を抑える他に、ビタミンの吸収も抑えてしまうので、やたらと内服するとビタミン不足が続いてしまい、肌トラブルなどを引き起こす原因となります。脂質と言われてもピンと来ないかもしれませんが、脂質が多く含まれる食品は、肉類や乳製品、大豆類、卵などです。調理方法では、ラーメンや揚げ物には要注意です。これらを食べるときはゼニカルを内服して下さい。反対に、お米や麺類などといった炭水化物やイモ類、果物などは糖質が多いので、この時にゼニカルを内服しても効果を発揮しないので、食事内容によってゼニカルを内服するか判断するようにして下さい。早く痩せたい方は、ゼニカルの内服と糖質を控えることの2つを同時進行で行っていけば、より高いダイエット効果があらわれます。


3つ目はゼニカルとビタミンのサプリメントを一緒に内服する場合、内服する時間をずらすようにして下さい。ゼニカルの有効成分であるオルリスタットが体内で半分になるまでの時間は1~2時間とされています。3つ目はゼニカルとビタミンのサプリメントを一緒に内服する場合、内服する時間をずらすようにして下さい。ゼニカルの有効成分であるオルリスタットが体内で半分になるまでの時間は1~2時間とされています。ゼニカルを内服して1~2時間の間にビタミン剤を内服してしまうと、オルリスタットに邪魔されてビタミン剤を内服しても吸収されない可能性があります。なので、ビタミン剤の内服は、1~2時間時間を空けるようにして下さい。


4つ目にゼニカルと飲み合わせに注意が必要な薬として、シクロスポリンやチラージン、ワーファリン、抗てんかん薬です。ゼニカルを内服する前に何か内服薬がある方は一度医師に相談して、飲み合わせが悪くないかを確認してください。飲み合わせが悪ければ、副作用症状が出やすくなったり、命に関わる重篤な副作用症状を起こしかねないので、内服前に注意が必要です。ゼニカルを内服する場合は、これらの内服方法と内服時の注意点を守って、内服するようにして下さい。


ダイエットに対するゼニカルでの解決策としての有効性や有名人の使用履歴


ゼニカルはテレビでも紹介され、芸能人やモデルさんも使用して痩せているという結果も出ている人気の高いダイエット薬です。ゼニカルの人気は日本だけにとどまらず、アメリカなど海外でも根強い人気があります。ゼニカルが人気の高い理由は、きつい食事制限や激しい運動をせず、身体に負担をあまりかけることなく痩せられるという点があげられます。また、忙しい方や不規則な生活をしている方でも時間を気にせず、自分が食事をする時に1錠内服すればいいだけなので、簡単にダイエットを始めることができます。おいしい食べ物は脂っこいものが多く、カロリーが高いものがほとんどですが、ゼニカルを内服していれば、ゼニカルが脂質の吸収をブロックしてくれるので、過度な食事制限をせずに痩せることができます。


ゼニカルを内服さえすれば、ダイエットと言われて思い浮かべるような食事制限や運動などストレスがかかることをしなくてもいいですが、ゼニカルを内服してより効果的に痩せられる方法があるので紹介します。


1つ目は糖質をあまりとらないように注意することです。ゼニカルは脂質から脂肪が吸収することは防げますが、糖質からの吸収は防ぐことができません。しかし、この食事制限は決して難しいことではありません。ゼニカルを内服していれば、お肉や揚げ物などはいくらでも食べてもらっても大丈夫です。その代り炭水化物や果物類を少し減らすようにして下さい。糖質を減らすことで、糖質から吸収される脂肪も少なくできるので、脂肪が身体に蓄積することを防ぎ、太らなくなります。


2つ目はウォーキングなどの軽い運動をすることです。ゼニカルを内服し始めると、内服し始めた時からの脂肪の蓄積は防げますが、既についてしまっている脂肪をとることはできません。なので、既についている脂肪を燃焼させるためには、少しの運動が必要になります。ゼニカルを内服することで、脂肪が毎日蓄積されるわけではないので、自分の空き時間や気が向いたときについてしまっている脂肪を燃焼させるためにウォーキングなどの息が上がらない程度の軽い運動をするようにして下さい。


副作用に関してですが、実際にゼニカルを使用した方の意見としては、主にゼニカルを内服し始めると副作用症状として下痢になったり、油が便と一緒にそのまま出てくるので気になるといったお通じに関することでした。下痢になっていても、お腹が痛かったり、気分が悪いなどの症状はなく、ただ下痢になるようです。お腹が痛くならないという点は欠点でもあり、知らない間に漏れてしまっていることもあるようで、女性であれば生理用のナプキンを着用しておくなどの対策をとっておく方がいいかもしれません。


人それぞれですが、ゼニカルを内服するだけで効果はあらわれ、何もしなくても体重が増えない、もしくは減っていくので、使用者の感想としては何もしてないのに体重が減っていくと体重計に乗ったときはより嬉しいようです。


ゼニカルのジェネリック


ゼニカルのジェネリック医薬品として有名で、よく知られている薬がオベリットオルリガルザモカルです。オベリットやオルリガル、ザモカルはゼニカルと同じ有効成分のオルリスタットが含まれていて、世界中で人気のダイエット薬として使用されています。有効成分のオルリスタットが含まれている点はどれも同じなので、効果や副作用症状、内服方法などはほとんど同じで、異なる点と言えば価格や1箱に入っている個数などです。


1番比較しやすい価格の差をゼニカル・オベリット・オルリガル・ザモカルの4つで比べてみると、1錠あたりで1番価格が安いのがザモカルです。その次にオルリガル、ゼニカル、オベリットとなります。価格面だけで見ると、ザモカルが1番お得と言えますが、それぞれ薬の形状や有効成分が少しずつ異なるので、自分に合った薬があるかもしれません。


ゼニカルのジェネリック医薬品の中でも人気のあるオベリットオルリガルザモカル、それぞれの特徴を紹介していきます。オベリットは有効成分であるオルリスタットが60㎎なのに比べて、ゼニカルはオルリスタットを120㎎含んでいます。オベリットはオルリスタットの量が、ゼニカルの半分なので、外国人と比べると小さい日本人の体型に合っている薬だと言えます。ゼニカルやオルリガルなどのオルリスタットを120㎎含む薬を内服して強い副作用症状が出た方や副作用症状で継続が困難になった方は、オベリットを試してみると有効成分も少ないので、副作用症状が軽減されるかもしれません。また、少ない薬剤量でも十分に効果を発揮してくれるので、継続して内服するには肝臓や腎臓の負担を軽減してくれます。初めてダイエット薬としてゼニカルを試してみようと思っている方は、副作用や身体のことを考えてオベリットから内服し始めて、どれだけの効果が得られるのか試してみてもいいかもしれません。


オルリガルは、一見価格が高いようにも見えますが、内容量が84錠と他の薬に比べて多いので、1錠分の価格に換算すると安く手に入れることができます。有効成分であるオルリスタットは120㎎含まれていて、ゼニカルと同じ量なのでダイエット効果はあまり変わりません。オルリガルは84錠入っているので、1日3回内服したとしても約1か月分あります。再々薬を購入する手間が省けるので、薬を注文することが面倒な方やなるべく安く手に入れたい方にはオススメの薬です。ザモカルは他のジェネリック薬に比べて1番安く手に入れることができます。有効成分であるオルリスタットはゼニカルと同じ120㎎含まれているので、ダイエット効果は変わりありません。それに加え、他のダイエット薬に比べて副作用症状があらわれる可能性が低いとされています。副作用が出なければ、内服を継続することができ、安心して使用して頂けます。


ゼニカルの効果は世界中で証明されていて、人気の高いダイエット薬なので、オベリットオルリガルザモカルの他にも様々な種類のジェネリック医薬品が販売されています。その一部として、スリムトリムビーファットフォビカルアリーなどたくさんの種類があります。これらもオルリスタットが有効成分に含まれているので、効果や副作用症状はほとんど同じです。有効成分であるオルリスタットは一緒でも、人によって形状や他に含まれる成分によってダイエット効果の出方が異なります。たくさんの薬があるので、自分に合った薬を見つけると、ダイエット効果も得られやすくなるかもしれません。


クリニックでの処方のコスト


ゼニカルの入手方法は色々ありますが、医師に処方してもらう方法と自分でゼニカルを購入する方法と2種類を比較していきます。


ゼニカルを医師に処方してもらうには、美容外科やダイエット外来を受診してください。これらのクリニックや病院でゼニカルを処方してもらうことができるのですが、医師に処方してもらうと保険の適応外になってしまうので、診察代も薬代も10割負担になってしまい、薬代が高くなります。医療費が高くなってしまうと、ゼニカルの内服を継続することが困難になってしまうこともあります。内服を継続してダイエット効果があらわれるので、できれば長期間内服したくても経済的な負担で出来なければ、十分な効果が得られずにがっかりしてしまいます。それに加え、病院で処方してもらうには薬代だけでなく、診察代もプラスでかかってしまいます。初めて受診する病院で処方してもらう場合、受診する病院によって値段は異なりますが、初診料として3000円、薬代の相場が大体9000~20000円、その他にも医師が薬を処方してもらうときに書いてもらわなければならない処方箋料、ダイエット指導料など薬代だけでなく、診察代もプラスでかかってきてしまいます。また、再診で受診しても、再診料がかかるのでそれなりの金額がかかってしまいます。1番安くゼニカルを処方してくれる病院で診察を受けたとしても、ゼニカル1錠にかかる値段は350円前後です。


しかし、ゼニカルを自分で個人輸入代行サービスを利用して海外から購入すると、もっと安く手に入れることができます。ゼニカルを個人輸入代行サービスを利用して購入すれば、1錠130~250円前後です。自分で購入するのであれば、もちろんのこと診察代もかからないので、薬の値段だけで購入することができます。さらに、何箱かまとめ買いをすれば割引があったりするので、より安く購入することができます。病院で処方してもらうと350円前後、自分で購入すれば130~250円、半額とまではいかなくても、半額近くの値段で購入することができるので、経済的な負担も少なく、内服を継続することができます。他にも、個人輸入代行サービスを利用すれば、パソコンで注文が完了するので、病院に行く手間や時間も省くことができます。時間を無駄にすることなく、忙しく時間のない方にはオススメの購入方法です。自分でゼニカルを内服してもいいか判断が難しく不安のある方は、1度病院を受診して医師から内服のアドバイスをもらった後に、自分で個人輸入代行サービスを利用し始めると安心して内服できます。また、今まで内服している方は個人輸入代行サービスを利用すると簡単によりお得に購入できるので、一度試しに利用してみて下さい。


この商品もいっしょに買われました!