アイピル(ノルレボ)

 本日21008人がチェックしました
(55 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

有効成分レボノルゲストレルが性行後24時間以内の服用で95%の避妊成功率をもたらす画期的なアフターピル(緊急避妊薬)「アイピル」です。当店のアフターピルでは人気No,1の安全な商品です。

有効成分:レボノルゲストレル (Levonorgestrel) 1.5mg

ブランド Piramal Healthcare (ピラマル・ヘルスケア)
獲得ポイント 30ポイント
在庫 在庫あり

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥2,980 ¥2,980 購入する
3箱 ¥1,327 ¥3,981 購入する
5箱 ¥996 ¥4,980 購入する
7箱 ¥854 ¥5,978 購入する
10箱 ¥738 ¥7,380 購入する
同じ有効成分(レボノルゲストレル)を含む他の医薬品

アイピルとは

アイピルは、緊急避妊薬です。

性交後72時間以内に1錠服用することで、高い確率で妊娠を回避することができます。ジェネリック医薬品であるため購入しやすく、安心して使用できます。


商品詳細・効果

アイピルは、日本国内の医療機関でも取り扱われている、緊急避妊薬「ノルレボ」のジェネリック医薬品として開発されました。

アイピルは、「アフターピル」とも呼ばれ、性交後に服用します。避妊に失敗した、または妊娠を望まないのに避妊をしなかった場合など、緊急時に使用します。

コンドームが外れていた、破れた、性犯罪などで無理矢理に性行為がなされた等の不測の事態にも対応できます。一般的なピルと異なり、計画的に避妊するお薬ではありません。通常のピルは決められた時期に毎日服用しますが、アイピルの服用は性交後の1回のみです。

副作用の観点から、あくまでも緊急用として1回のみ服用し、常用は避けましょう。アイピルは、性交後24時間以内に服用すれば95%、72時間以内であれば75%の確率で妊娠を回避できるとの報告がされています。

避妊具としてよく利用されるコンドームですが、誤った使い方によって避妊を失敗してしまうことがあります。確実な避妊のためには、アイピルのような経口避妊薬が必要となるのです。

もちろんアイピルを使用しても、100%妊娠を回避することはできません。しかし、性交後速やかに服用すれば高い確率で避妊できるため、万が一に備え携帯している女性も多くいます。

アイピルの有効成分は、レボノルゲストレルでこの成分は、第2世代の黄体ホルモン剤と言われています。黄体ホルモンは、別名プロゲステロンといい、通常は体内から自然に分泌され、卵胞ホルモン(エストロゲン)とのバランスを取りながら女性の心身を支えています。

黄体ホルモンは、妊娠を助けるホルモンであり、受精卵が子宮内膜に着床しやすくする働きを持ちます。このような黄体ホルモンを意図的に体内に取り入れることで、一時的に体内のホルモンバランスが崩れ、受精と着床を抑制することができます。

受精と着床は、どちらも妊娠に欠かせない要素です。この二つの要素を同時に抑えられるため、排卵の前後、どちらのタイミングで服用しても高い避妊効果が得られます。


クリニックより節約できます

クリニック処方

クリニックで処方

個人輸入代行
アイピル アイピル
成分:レボノルゲストレル1.5mg 成分:レボノルゲストレル1.5mg
内容量:1箱1錠 内容量:1箱1錠
1回分:約10,000円 1回分:983円~

※複数セット割引なし

※複数セットの割引あり


使用方法

性交後、72時間以内に1錠を服用します。水、またはぬるま湯で服用してください。

副作用として吐き気や嘔吐が起こりやすいため、空腹時は避け食後に服用しましょう。、避妊できる確率は高まります。24時間以内で95%、72時間で75%の確率で妊娠を回避できるとの報告があります。

妊娠を望まない場合、避妊の失敗や避妊しなかったときには迅速に服用しましょう。

アイピルを服用しても、100%の避妊効果は得られません。妊娠を望まない場合には、他の避妊具も活用し、性交時には十分に注意してください。避妊具やピルなどを使用したうえで、もしもに備えてアイピルを活用すると安心できるでしょう。

服用後3時間以内に嘔吐してしまった場合には、十分に薬が吸収されておらず期待通りの効果が得られない可能性があります。嘔吐した場合には、念のためもう1錠服用しておきましょう。

再投与が必要か判断することが難しい場合には、医師に相談してください。アイピルは、比較的副作用が起こりやすい経口避妊薬です。

意図的にホルモンバランスを変化させているため、何かしらの症状が起こり得ます。必ず用法・用量を守り、使用してください。

副作用を避けるためにも、緊急時の1回のみ服用し、常用することは避けましょう。


副作用

アイピルを服用後24時間以内は、吐き気、頭痛、胸部の違和感や痛み、不正子宮出血などが起こりやすいとの報告があります。

この他にも、倦怠感や傾眠、嘔吐、めまい、月経過多、下腹部痛、下痢、貧血、口渇などの副作用が起こることもあります。

アイピルには大量の女性ホルモン成分が含まれているため、このような副作用症状が現れやすくなります。1回のみの服用であるため、通常は1~2日で症状は治まり、長く続くことはありません。症状が続く場合や重症の場合には、すぐに医師に相談してください。

経口避妊薬の中では、比較的副作用が出やすいため常用は避けましょう。出現している副作用に合わせて対症療法を行うことで、症状の改善が期待できます。

初めて服用するときには、特に副作用の出現に十分注意してください。もし、服用後に大きな体調の変化があった場合には、医師の診察を受けましょう。

服用方法について分からないことや不安がある場合には、医師・薬剤師に相談し、適切な方法で服用できるようにしてください。


使用・併用禁忌

以前、アイピルの成分に過敏症を起こしたことのある方は使用禁忌です。

重篤な肝障害のある方は、薬剤成分の代謝機能が低下しているため肝臓に負担がかかることがあります。肝障害の症状悪化する危険性があるため、使用しないでください。

また、妊娠している場合には、胎児への影響が出る可能性があるため使用できません。授乳中にアイピルを使用する場合には、服用後24時間は授乳を避けましょう。また、アイピルの成分は乳汁に移行することがあります。授乳中の場合は、服用後24時間の授乳を避けてください。

現在治療中の疾患がある場合は、服用により症状の悪化が起こる可能性があります。かかりつけ医に相談してから服用するようにしましょう。


保管方法

アイピルを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。

特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。


個人輸入について

アイピルの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。

なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。

また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Piramal Healthcare (ピラマル・ヘルスケア) / 発送国:シンガポール

内容量

1錠

有効成分

レボノルゲストレル (Levonorgestrel) 1.5mg

カスタマーレビュー

55 レビュー | 評価 4.5 / 5
星5つ 54.55%
星4つ 36.36%
星3つ 9.09%
星2つ 0%
星1つ 0%

90% のお客様が
この商品をオススメしています

アイピル(ノルレボ)の口コミ (55件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open