アクトス30mg

 本日2247人がチェックしました
(1 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

2型糖尿病の治療剤!糖の代謝能力を増強し、血糖値を下げる効果があります!

有効成分:Pioglitazone(ピオグリタゾン)30mg


ブランド TAKEDA (タケダ)
獲得ポイント 173ポイント
在庫 15 残り僅かです。ご注文はお早めに。

セット
1箱
あたり
販売
価格
1箱 ¥17,280 ¥17,280 購入する
同じ有効成分(塩酸ピオグリタゾン)を含む他の医薬品

アクトス30mgとは

アクトスは、2型糖尿病の治療剤です。

体内のインスリン抵抗性を改善する効果、および糖を代謝する能力を増強する効果を有しています。そのため、1日1回服用することにより血糖値を下げることが期待できます。


商品詳細

アクトスは、2型糖尿病の治療剤です。
有効成分は、ピオグリタゾン塩酸塩で、日本の武田薬品工業により開発され、1999年より使用されています。2009年には国の機関による再審査の結果が公表され、アクトス 30mgの有用性が改めて確認されています。

食事療法、運動療法では効果が不十分であった患者において、ピオグリタゾン塩酸塩を服用することで、優れた血糖低下効果を示します。ビグアナイド系薬剤、インスリン製剤、α-グルコシダーゼ阻害薬など他のタイプの糖尿病治療薬との併用での効果も認められています。ただし、糖尿病治療の基本は食事療法、運動療法ですので、これらの両方を行っても効果が不十分な場合に使うことをお勧めします。

ピオグリタゾンは、服用した後の体内に存在する時間が長いため、1日1回の服用で十分な効果が期待できます。また、長期にわたって安定した血糖コントロールが得られると言われています。

1箱28錠入りで、基本的に1日1錠服用しますので、1箱が28日分(4週間分)となります。

2型糖尿病の要因として、膵臓からのインスリン分泌低下およびインスリン抵抗性が挙げられます。インスリンは、血糖値を下げる働きをするホルモンです。

有効成分のピオグリタゾンは、このうちインスリン抵抗性を改善させる作用を持っています。
ピオグリタゾンは、インスリン受容体からの細胞内の情報伝達の一部に作用して、インスリン抵抗性を改善させます。これは、肝臓や末梢組織でのインスリンの作用を増強させることとなり、その結果、血糖値を低下させます。膵臓からのインスリン分泌には影響しませんので、単剤での使用時には低血糖の副作用を起こしにくいとされています。


使用方法

アクトスは、2型糖尿病と診断された場合にのみお使いください。
血糖値が高い場合でも、甲状腺機能異常など、糖尿病以外の疾患が原因であることがありますので、医師の診断が必要となります。

また、糖尿病治療の基本は食事療法、運動療法です。これらを行っても効果がない場合にのみ、アクトスが有効だと考えられますので、まずは食事療法、運動療法をお試しください。食事療法、運動療法、もしくは追加での薬物療法でも血糖コントロールが不十分な場合(目標値まで下がらない、安定しない)に、アクトス錠の使用を考慮します。

・インスリン製剤を使っていない場合は、
通常、ピオグリタゾンとして15~30mg(アクトス 30mgの半錠もしくは1錠)を1日1回服用します。朝食前又は朝食後にお飲みください。症状によって、1日最大45 mg(1.5錠)まで増やすことができます。1日に1.5錠の服用者では、浮腫の副作用が出やすいとの報告がありますので、もし浮腫が出た場合には減量または中止して、医師に相談してください。

・別にインスリン製剤を使っている場合は、
通常、ピオグリタゾンとして15mg(半錠)を1日1回、朝食前又は朝食後にお飲みください。症状によって、1日最大30mg(1錠)まで増やすことができます。これは、インスリン製剤との併用時に、浮腫の副作用が比較的出やすいとの報告があるためです。浮腫が起きないか確認しながら服用してください。

なお、女性の方に浮腫の副作用が出やすいとの報告もあります。女性の方がお使いになる場合には、1日15mg(半錠)から開始し、様子を見ると良いでしょう。しばらく服用して、浮腫の副作用が出なければ、増量して構いません。高齢者も同様に安全性を考慮して、1日15mg(半錠)から開始することをお勧めします。

妊娠している方に対する安全性が確認されていませんので、妊娠している可能性がある方の服用は避けてください。また、授乳中の場合も服用を避ける必要がありますが、どうしても服用したい場合は、授乳を控えてください。


副作用

副作用として報告が多いのは、浮腫です。
浮腫が認められた場合には、減量や服用中止の必要があります。浮腫がでてきた場合には、アクトスを減量・中止した後に、その後の対応について医師に相談してください。なお、女性やインスリン製剤との併用時、高用量での使用時に、浮腫が比較的出やすいと報告されています。

比較的報告が多いのは、血液検査でのLDHおよびCKの上昇です。
この他にも貧血、血小板減少、AST・ALTなどの上昇といった血液検査で見つかる副作用もありますので、3ヶ月に1回の血液検査が推奨されています。

発疹、湿疹、皮膚のかゆみが現れた時には、服用を中止してください。
他の糖尿病薬と併用している場合には、低血糖も起こることがあります。手の震えや急な空腹感、発汗があった時には、すぐにジュースやブドウ糖で糖分を補給してください。特にインスリン製剤を使っている方に低血糖が出やすいようです。

また、自動車の運転や高所での仕事を行う場合は、低血糖の副作用を念頭において行ってください。

重大な副作用としては、心不全、肝機能障害、横紋筋融解症、間質性肺炎などがあります。
これらの発現頻度はわずかですが、症状が出た場合にはすぐに対応する必要があります。万が一、動悸、息切れしやすくなる、肝機能検査値の異常、黄疸、脱力感、呼吸困難、筋肉の異常などが現れた場合には、服用を中止して、すぐに医師の診察を受けてください。


使用・併用禁忌

以下の方は使用禁忌に該当しますので、アクトスを服用しないでください。

・心不全、過去に心不全だった方
・重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の方
・重篤な肝機能障害、腎機能障害がある方
・重症な感染症、手術前後、重篤な外傷のある方
・ピオグリタゾンに対してアレルギーがある方

また、栄養不良の方、激しい筋肉運動を行う方、脳下垂体機能不全・副腎機能不全の方、過度のアルコール摂取者は、低血糖を起こしやすいとの報告がありますので、低血糖に注意して慎重に使うようにしてください。


保管方法

アクトスを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。

また、ピルカッターなどで割った錠剤は取り間違いの起こる可能性がございますので、アクトスと判別がつくようなケースに入れておくことをおススメします。元々錠剤の入っていたシートの中に丁寧に戻し、そのシートごとフタつきの容器に入れて保管する方法もOKです。


個人輸入について

アクトスの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

TAKEDA (タケダ) / 発送国:シンガポール

内容量

28錠(Tablet)

有効成分

Pioglitazone(ピオグリタゾン)30mg

カスタマーレビュー

1 レビュー | 評価 5.0 / 5
星5つ 100.00%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

100% のお客様が
この商品をオススメしています

アクトス30mgの口コミ (1件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT