本日807人がチェックしました
(8 件の口コミ)  |  口コミ・レビューを投稿する

アスピリンジェネリック

世界中で使用されている鎮痛剤の代表薬アスピリン、様々な痛みや炎症に!

有効成分:アスピリン 150mg

ブランド USV Ltd (ユーエスヴィー)
獲得ポイント 26ポイント
在庫 67

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥2,580 ¥2,580 購入する
2箱 ¥1,540 ¥3,080 購入する
3箱 ¥1,093 ¥3,279 購入する
同じ有効成分(アスピリン)を含む他の医薬品

アスピリンジェネリックとは

アスピリンジェネリックはUSV社が販売している解熱鎮痛薬です。古くから世界中で使用されているアスピリンを成分に含みます。頭痛、歯痛、月経痛、打撲痛、関節痛、風邪による発熱などなど、さまざまな痛みや炎症に効果があります。


商品詳細

アスピリンは100年以上も前に開発され、世界中で使用されている非ステロイド性の解熱鎮痛消炎薬です。

私たちの体は、外から刺激などを受けたりすると、それが原因となり炎症がおこります。この炎症は腫れや発熱、痛みとなって体に悪影響を及ぼします。本来は、この炎症も体の防御反応のあらわれであるので、必要なものなのですが、あまりに体に対しての悪影響が大きい場合には、お薬での治療が必要となってきます。

体は刺激などの障害を受けると、そこで化学伝達物質が産生されることにより炎症が起こります。この際産生される化学伝達物質にはいくつか種類はありますが、主に痛みや炎症を引き起こしている物質は「プロスタグランジン」と呼ばれる物質です。逆に言えば、体に刺激が与えられても、プラスタグランジンができないようにすれば、痛みや炎症を抑えることができるのです。

プロスタグランジンは体内で、アラキドン酸を原料として作られます。このとき原料となるアラキドン酸に働きかけ、プロスタグランジンができあがる過程をすすめていくのが、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」という酵素です。このCOXの働きを止めることができれば、プロスタグランジンができあがってこないので、痛みや炎症を止めることができます。

アスピリンはこのCOXの働きを阻害する非ステロイド性解熱鎮痛消炎薬のひとつです。ちなみに、アラキドン酸を原料として作り上げられる化学伝達物質は、他にもいくつか存在しています。そのうちのひとつが、トロンボキサンと呼ばれる物質です。このトロンボキサンには、血液を固まらせる作用があります。プロスタグランジンもトロンボキサンも、アラキドン酸を原料とし、COXの働きを受けてできあがるということにはかわりないのですが、アスピリンが少量、体に入るとトロンボキサンができあがる工程を抑え、大量に入るとプロスタグランジンができあがる工程を抑えるのです。この作用を利用し、現在では低用量のアスピリン製剤は、血液をさらさらにするお薬として、高用量のアスピリンは、解熱鎮痛消炎薬として使用されています。

この製品アスピリンジェネリックは、含まれるアスピリンの量が1錠中150mgと高用量であるので、解熱鎮痛消炎効果をもつお薬としての効果がみられます。


使用方法

お薬を飲む量は、症状などによって違ってきます。

通常は、1回2錠から4錠を、1日1回から2回服用します。

服用は、多めの水もしくはぬるま湯で飲んでください。

空腹時に服用すると、胃が荒れることがあるので、できるだけ食事の後に服用してください。

アスピリンに対する過敏症をお持ちの方、アスピリン喘息の方は服用することができません。

消化性潰瘍のある方は、症状を悪化させることがありますので、服用しないでください。

腎障害、肝機能障害、心臓に疾患のある方は、症状を悪化させることがありますので、服用しないでください。

出産予定日12週以内の方に投与すると悪影響を及ぼす可能性があります。投与は止めてください。

血液に異常のある方は、症状を悪化させることがありますので、服用しないでください。

出血傾向のある方、手術や抜歯を1週間以内に予定されている方は、出血量を増加させてしまう場合がありますので、服用は控えてください。

15歳未満のインフルエンザ、水ぼうそうの方は重大な副作用が出やすいので、服用しないでください。

このお薬は、痛みや炎症の原因を取り除くお薬ではありません。効果がみられない場合には、漫然と服用は続けないで、他のお薬への切り替えもご検討ください。

高齢の方や小児が服用すると、副作用がでやすいことがわかっています。服用する場合には、できるだけ少量から開始してください。

妊娠中の方、妊娠の可能性のある方は、妊娠の経過に悪影響を与える可能性があります。服用する場合には、十分に注意してください。

授乳中の方が服用すると、母乳に移行することがわかっています。授乳中の方は服用しないか、服用した場合には授乳を中止してください。

過量に服用してしまうと、頭痛や嘔吐、重症の場合には昏睡や痙攣、呼吸不全となってしまう場合がありますので、必ず服用量は守ってください。

また、過剰に服用してしまった場合には、医師に連絡してください。


副作用

非常にまれではありますが、重大な副作用としてショックやアナフィラキシー症状があらわれることがあります。また、出血や貧血、皮膚症状、喘息発作、消化性潰瘍があらわれる場合もあります。服用して、こういった症状があらわれた場合には、直ちに服用を中止し、医師に連絡してください。

他にも一般的な副作用として、胃の痛み、吐き気、下痢、じんましん、頭痛、めまい、体のだるさなどが現れる場合があります。

長期にわたって服用すると、胃腸の障害が大変出やすいことがわかっています。空腹時を避け、必ず食事の後に服用してください。

他にも服用していて気がついたことがあれば、医師にご相談ください。

このお薬は、痛みや炎症の原因を取り除くお薬ではありません。

おかしいと感じたら、服用を中止して、他の方法での治療を検討してください。


使用・併用禁忌

このお薬には、飲み合わせの良くないお薬がいくつかあります。

他のお薬を服用されている方は、このお薬の服用開始時に、医師もしくは薬剤師に飲みあわせをご相談ください。

すでに他の解熱鎮痛消炎薬を服用されている方は、一緒には服用しないでください。

アルコールやアルコール飲料と一緒に飲むことで、消化性の副作用を悪化させることがあります。服用する場合には、アルコールは控えてください。

このお薬は湿気により、変質しやすいお薬です。高温になる場所、湿度の高い場所は避けて保管してください。

また、子どもの手の届かないところで保管してください。


保管方法

アスピリンジェネリックを保管するときは、高温になる場所を避け、室温で保管してください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。


個人輸入について

アスピリンジェネリックの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

USV Ltd (ユーエスヴィー) / 発送国:シンガポール

内容量

1箱98錠入り

有効成分

アスピリン 150mg

アスピリンジェネリックの口コミ (8件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT