パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

アスプリト(アリピプラゾール)5mgの口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

アスプリト(アリピプラゾール)5mg

Intas Pharma (インタス・ファーマ)

本日4324人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 45pt

残り16個 ご注文はお早めに!

有効成分のアリピプラゾールはドパミンの作用が過剰な場合には過剰作用を低下させ、ドパミンの作用が低下すればその作用を促進するという、ドパミン作用の適正化、安定化作用があります。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット剤
有効成分 アリピプラゾール5mg
ベストケンコーならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥2,656
(26.6円/錠)
¥13,280
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥3,060
(30.6円/錠)
¥9,180
2箱 ¥3,490
(34.9円/錠)
¥6,980
1箱 ¥4,580
(45.8円/錠)
¥4,580

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

ベストケンコーをSNSでシェア!

同じ有効成分(アリピプラゾール )を含む他の医薬品

このようなお悩みの方に

  • 統合失調症の方に
  • 双極性障害の躁症状の改善に
  • うつ状態を和らげたい方に

 

特徴・効果効能

統合失調症とは脳内の神経伝達系の不調により、幻聴や妄想などの症状がでる心の病気の一つで、100人に1人が発症するといわれています。 統合失調症合の症状には陽性症状と陰性症状があり、陽性症状では幻聴や被害妄想など「本来は心の中にないもの」が現れます。一方の陰性症状では「本来は心の中にあるもの」が無い状態で、感情や思考能力が減退して引きこもりや無関心などの症状が現れます。

脳内にドパミンが多いと陽性症状が現れることが分かっているので、ドパミンの働きを抑えれば正常な状態に近づきます。しかし、ドパミンの作用を完全に遮断する従来の薬(ドパミンD2受容体阻害薬)ではドパミン量が減りすぎてしまい、パーキンソン病のような症状(錐体外路症状)を発症しやすくなります。

アスプリトの有効成分のアリピプラゾールは脳内のドパミン受容体を適度に活性化しながら、陰性症状に関わるセロトニンに対して抑制作用があります。つまり、ドパミンの作用が過剰な場合には過剰作用を低下させ、ドパミンの作用が低下すればその作用を促進するという、ドパミン作用の適正化、安定化作用があります。 統合失調症、双極性障害の急性期治療のほか、うつ状態、発達障害、強迫性障害などさまざまな精神症状の改善に使用されています。

 

使用方法

  • 使用量の目安
  • 統合失調症:通常、成人は1日6~12mgを開始用量、1日6~24mgを維持用量として、1回または2回に分けて服用します。年齢、症状により適宜増減しますが、1日量は30mgを超えないこと。
  • 双極性障害における躁症状の改善:通常、成人は12~24mgを1日1回服用します。なお、開始用量は24mgとし、年齢、症状により適宜増減しますが、1日量は30mgを超えないこと。
  • うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る): 通常、成人は3mgを1日1回服用します。なお、年齢、症状により適宜増減しますが、増量幅は1日量として3mgとして、1日量は15mgを超えないこと。
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
使用上の注意

以下に該当する方は、使用を控えてください。

  • アリピプラゾールの成分に対し過敏症の既往歴のある人
  • 体の震え、落ち着きのなさ、眠気、興奮、消化不良、下痢、頭痛、吐き気などの副作用が報告されています

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

 

 



正しく付き合うためのポイント

これまでの統合失調症の治療薬とは別の作用機序を持つ薬で、非定型抗精神病薬です(第3世代抗精神病薬)と呼ばれています。従来の薬に比べて、錐体外路症状(ふるえ、こわばり)、高プロラクチン血症(生理不順、乳汁分泌)、眠気、過鎮静、体重増加などの副作用hは少ないです。
すぐに効果がでなくても、決められた期間、きちんと服用を続けることが大切です。
うつ病では、単独ではなく他の抗うつ薬(SSRI、SNRI等)と併用します。
穏やかに効果が発揮されるメリットがありますが、速やかに強力に鎮静をかけたい時には不向きです。


個人輸入について

個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。


0件のカスタマーレビュー

click!!