アナストロゾール1mg

 本日1474人がチェックしました
(0 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

ホルモン感受性乳がんや不妊治療に効果を発揮

有効成分:アナストロゾール1mg


ブランド FDC (エフディーシー)
獲得ポイント 30ポイント
在庫 1 残り僅かです。ご注文はお早めに。

¥2,682
同じ有効成分(アナストロゾール)を含む他の医薬品

アナストロゾールとは

アナストロゾールは、ホルモン感受性乳がんの再発予防のための薬で、主に閉経後の女性に使用します。

その他、不妊治療のための排卵誘発剤としても使用することができます。インドの製薬会社FDC社が販売しています。


商品詳細

アナストロゾールは、乳がんの再発予防や進行抑制のために使用する薬です。

アナストロゾールが効果を発揮するのは、エストロゲンに感受性の高い乳がんです。乳がん治療の薬物療法には、大きく2つのやり方があり、ホルモン療法と化学療法に分けられます。アナストロゾールの服用は、ホルモン療法になります。

乳がんは、乳腺や乳管にできるがんで、女性ホルモンのエストロゲンが関与しています。このエストロゲンは、閉経前と閉経後で、作られる過程が異なります。

閉経前では卵巣で作られますが、閉経後には主に、男性ホルモンであるアンドロゲンから変換されて作られます。

アンドロゲンからエストロゲンに変換するときに、アロマターゼという酵素がつかわれます。そのアロマターゼを阻害することで、エストロゲンを減少させ、閉経後の乳がん細胞の増殖を抑制します。このような機序であることから、アロマターゼ阻害薬に分類されます。

エストロゲンに感受性が高い乳がんであれば、閉経前の場合にも使用することが可能です。また、乳がん治療以外の使用方法として、不妊治療における排卵誘発剤として用いる場合があります。

生理周期で重要な、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンがあります。エストロゲンは、卵胞を育てる作用を持ち、生理の終わり頃から分泌量が増え、排卵直前に最大となり、排卵後には分泌量が減少します。体内のエストロゲンを少なくし、排卵のタイミングだと錯覚させるために、アナストロゾールを服用することで、排卵誘発効果が得られるとされています。


使用方法

女性用の薬ですので、男性や未成年の方は使用しないでください。

乳がん再発予防としても、不妊治療としても、1日1回1錠を毎日服用してください。水またはぬるま湯で服用するようにしてください。

服用するタイミングは、特に定められていません。朝、昼、夕、食前・食後に関わらず、服用でき、効果は変わらないとされています。自身の生活スタイルに合わせて、飲み忘れのないよう工夫してください。

飲み忘れた場合は、気が付いた時点ですぐに服用してください。ただし、次の服用時間との間隔が短いときは、1回分の服用をとばしてください。次の通常の服用時間で、1回分を服用してください。

2回分の量を一度に服用することは、絶対にしないでください。多く服用しても効果が得られるわけではなく、副作用が強く現れる恐れがあります。

治療期間中は、経口避妊薬以外の方法を使って、避妊してください。万が一、治療中に妊娠すると、胎児に影響を及ぼす可能性があります。

アナストロゾールを一定期間使用してみて、効果を感じるか、体調の変化はあるかを確認してください。目安としては服用開始してから、3か月程度と言われています。効果を実感できていれば、そのまま服用を継続することが望ましいです。

一般的には、アナストロゾールの服用は、ホルモン療法になるため、服用期間が年単位で長期間に渡り、最低でも5年間の服用が必要と言われています。最近では、5年以降に再発する症例も珍しくないことから、10年間の服用を推奨されるようになったようです。

服用を中止すると、再びホルモンが乱れ、乳がんの再発や進行を来す恐れがありますが、自分で判断するのは難しいと言えます。不安なことや心配なことは、医師に相談できるよう、病院を決めておくようにしましょう。他の薬に切り替えが必要な場合や、新たな治療方法を提案される場合があります。自身の状態を悪化させないために、早めに相談するのが望ましいです。


副作用

比較的多い副作用は、頭痛、ほてり、倦怠感、吐き気などで、更年期障害に似た症状が出ることがあります。これらはアナストロゾールによって、エストロゲンを減少させていることによって起こります。

また、エストロゲンは骨の形成を促す働きをもっていることから、アナストロゾールの長期服用によって、骨密度が低下することがあります。関節の痛みや骨折などに注意してください。このような副作用がみられた場合、医師に相談し、アナストロゾールの服用を継続するかどうか指示を受けてください。

他、重大な副作用として、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)があります。症状としては、38度以上の発熱、目の充血、喉の痛み、広範囲の皮膚発疹などがあります。このような症状が現れたときには、服用を中止し、病院を受診してください。


使用・併用禁忌

主に閉経後の方に使用する薬ですが、妊娠または妊娠している可能性がある場合は、服用してはいけません。また、授乳中の方が服用することも避けてください。

以前にアナストロゾールを使用して、過敏症状が出たことがある場合は、使用しないでください。

使用する上で注意が必要なのは、重度の肝機能・腎機能障害がある方です。薬剤の代謝・排泄が肝臓と腎臓で成されるため、半減期が延長し、副作用が強く現れる恐れがあります。


保管方法

アナストロゾールを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。


個人輸入について

アナストロゾールの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

FDC (エフディーシー) / 発送国:シンガポール

内容量

1箱28錠入り

有効成分

アナストロゾール1mg

カスタマーレビュー

0 レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

アナストロゾール1mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open