パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

アポ・ナドロール(ナドロール)40mgの口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

アポ・ナドロール(ナドロール)40mg

Apotex NZ Ltd (アポテックス)

本日2050人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 55pt

残り4個 ご注文はお早めに!

アポ・ナドロールはβ遮断薬というグループの薬剤です。高血圧や狭心症の原因の1つには心臓が過剰に動き過ぎてしまう事があります。心臓や心筋にはβ受容体という心臓を活動させるスイッチが数多く分布しており、このスイッチが刺激される事で心臓や心筋の活動は増強します。アポ・ナドロールはこのβ受容体の働きを妨げる事で、高血圧や狭心症の症状を改善する薬剤です。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット剤
有効成分 ナドロール40mg
ベストケンコーならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥3,376
(33.8円/錠)
¥16,880
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥3,793
(37.9円/錠)
¥11,379
2箱 ¥4,440
(44.4円/錠)
¥8,880
1箱 ¥5,580
(55.8円/錠)
¥5,580

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

ベストケンコーをSNSでシェア!

個人輸入規制に関して

※本商品は、厚生労働省が今後個人輸入を禁止すると発表している該当商品で、今後取り扱いができなくなる可能性がございます。
規制が施行される前に、早めに購入しておくことをおすすめします。

このようなお悩みの方に

  • 持続性の高血圧症の方に
  • 狭心症の方に
  • 頻脈性不整脈の方に

 

特徴・効果効能

アポ・ナドロールは持続する高血圧や狭心症、不整脈の治療する薬剤です。一般名はナドロールです。国内では同様の成分を含む医薬品として、ナディック錠が処方されています。国内のナディック錠は30mgと60mgの規格です。こちらのアポ・ナドロールは、国内にはない40㎎の規格となりますのでご注意ください。

アポ・ナドロールはβ遮断薬というグループの薬剤です。高血圧や狭心症の原因の1つには心臓が過剰に動き過ぎてしまう事があります。心臓が過剰に働きすぎる事で、心臓から送りだされる血液の圧力が上がり血圧が上昇します。また心臓の働きが過剰になる事で、心臓を動かしている心筋で酸素不足がおこり狭心症の症状がおこります。心臓や心筋にはβ受容体という心臓を活動させるスイッチが数多く分布しており、このスイッチが刺激される事で心臓や心筋の活動は増強します。アポ・ナドロールはこのβ受容体の働きを妨げる事で、高血圧や狭心症の症状を改善する薬剤です。

 

使用方法

  • 使用量の目安
  • 1日1回30~60mgを服用します。用量は年齢、症状によって加減します。
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
使用上の注意

以下に該当する方は、使用を控えてください。

  • 気管支喘息、気管支痙攣、慢性閉塞性肺疾患の恐れのある方
  • 肺高血圧症による右心不全のある方
  • うっ血性心不全のある方

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。


正しく付き合うためのポイント

アポ・ナドロールはお持ちの症状や疾患によってご使用いただけない方がおられます。

・糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方は服用によって心筋収縮力抑制の作用が増強する恐れがあるためご使用いただけません。

・高度の徐脈、Ⅱ、Ⅲ度の房室ブロック、洞房ブロック、洞不全症候群のある方は心刺激伝道系の抑制によって症状の悪化の恐れがあるためご使用いただけません。

・心原生ショックの方は循環不全の悪化の恐れがあるため、ご使用いただけません。

・異形狭心症の方は症状の悪化の恐れがあるためご使用いただけません。

・未治療の褐色細胞腫の方は、服用によって急激に血圧が上昇する恐れがあるためご使用いただけません。

・妊婦、または妊娠している可能性のある方、授乳中の方の使用の安全性は確立されていません。以下の症状のある方は使用に注意が必要です。

・低血糖症、コントロールが不十分な糖尿病、絶食中の方は低血糖の症状の誘発や前駆症状に気が付きにくくなる恐れがあるため注意が必要です。

・重い肝障害のある方は症状の悪化に注意が必要です。・腎障害のある方は体内のアポ・ナドロールの濃度の上昇に注意が必要です。

・甲状腺中毒症の方は中毒症状に気が付きにくくなる恐れがあるため注意が必要です。

・末梢循環障害のある方は症状の悪化に注意が必要です。長期の服用となる場合には定期的に心機能検査を行う必要があります。特に徐脈や低血圧の症状の現れた場合には、減量あるいは中止、受診などの適切な対応をする必要があります。類似化合物(プロプラノロール)を服用中の狭心症の方で、急な投与の中止によって症状の悪化や心筋梗塞の発現のケースが報告されています。休薬の際には徐々に減量し、観察を行うことが必要とされています。また、医師の指示なしに服用を中止しないよう注意が必要です。降圧作用に伴い、めまい、ふらつきなどの症状が現れる場合があります。高所での作業や危険を伴う機械の操作などの際には十分にご注意ください。アポ・ナドロールには併用に注意の必要な様々な薬剤があります。その他の医薬品との併用は掛かりつけの医師、薬剤師にご確認ください。


個人輸入について

個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。


※ 商品は、参考画像となります。在庫状況により同じ成分の他のメーカーの商品が配送されることがございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。

0件のカスタマーレビュー

click!!