アリセプト10mg

 本日2079人がチェックしました
(2 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

認知症治療のパイオニア!軽度~高度な症状まで適応

有効成分:Donepezil(ドネペジル)10 mg


ブランド Eisai (エーザイ)
獲得ポイント 139ポイント
在庫 3 残り僅かです。ご注文はお早めに。

セット
1箱
あたり
販売
価格
1箱 ¥11,844 ¥11,844 購入する
同じ有効成分(ドネペジル )を含む他の医薬品

アリセプト10㎎とは

アリセプト10㎎は、認知症症状の進行抑制薬です。

軽度~高度のアルツハイマー型およびレビー小体型認知症の症状改善に有効です。脳内のアセチルコリン濃度を高め、神経伝達を活発化することで認知症症状を改善します。


商品詳細

アリセプト10㎎は、認知症症状の進行抑制薬です。

認知症にはいくつかの型がありますが、アリセプト10㎎はその中でも「アルツハイマー型認知症」と「レビー小体型認知症」の症状進行を抑える効果があります。

アリセプトは、認知症関連の治療薬の中でも昔から使用され、今では世界中で活躍しています。特に、治療薬がないとされていた高度のアルツハイマー型認知症にとって、唯一の有効薬として注目されています。

発売当初のアリセプトは、軽度・中等度のアルツハイマー型認知症にのみ適応した薬でしたが、一日用量を5mgから10㎎へ増量することで高度のアルツハイマー型認知症にも適応となりました。さらに、2014年にはレビー小体型認知症への適応も承認されています。

人間の脳は通常、神経伝達物質の働きにより神経間の情報伝達が行われ、記憶や学習ができます。

しかし、アルツハイマー型およびレビー小体型認知症になると、神経伝達物質の一つである「アセチルコリン」を産生する酵素の働きが低下し、アセチルコリン自体も減少してしまいます。

そのため脳内の情報伝達がうまくいかず、記憶障害や判断力の低下、見当識障害を引き起こすのです。

脳内には、先にご説明した神経伝達物質アセチルコリンを分解する酵素「アセチルコリンエステラーゼ」というものがあります。アリセプト10㎎の有効成分ドネペジルには、脳内のコリンエステラーゼのみを阻害する働きがあり、分解を抑制することでアセチルコリン濃度を高める効果があります。

この効果によりアセチルコリン系の神経伝達が活発になり、記憶障害などの認知症症状を改善することができるのです。

認知症症状を改善できるアリセプト10㎎ですが、認知症を完治させる薬ではありません。そのため病気の進行を遅らせることはできず、薬の投与を中断すると急激に症状が元に戻る可能性があります。

生活に支障をきたす記憶障害などの症状を軽減して穏やかな生活を送るために、正しい用法・用量で内服できるよう家族や周囲の人のサポートも必要です。

有効成分ドネペジルの特徴として、内服後、血中の成分濃度が低下するためには長い時間がかかることが分かっています。

そのため、1日1回のみの内服で十分な効果を発揮し、利便性の高い薬です。


使用方法

【アルツハイマー型認知症の症状進行抑制】

成人にはドネペジルとして1日1回3㎎の投与から開始します。

1日3㎎の内服は、症状改善に有効な用量ではありません。これはアリセプトの副作用である消化器症状の有無を確認することと神経伝達物質量の変化に体を慣れさせることが目的で、低用量からの投与が勧められています。

投与開始から1~2週間後に、1日1回5mgに増量します。

高度のアルツハイマー型認知症の場合には、1日あたり5mgの内服を4週間以上行った後、10㎎/日に増量します。1日投与量が10㎎になると、消化器症状が起こりやすいため注意が必要です。

1日10㎎まで増量された後は、症状に応じて減量されます。

【レビー小体型認知症の症状進行抑制】

アルツハイマー型認知症と同様に、1日1回3㎎から開始します。

1~2週間後、1日あたり5mgに増量します。

1日5mgを4週間以上投与した後、1日10㎎に増量します。

症状の程度によって、1日5mgの用量まで減量することができます。

認知症患者の多くは、記憶や見当識の障害あります。薬の管理は患者本人のみに任せず、家族や周囲の人、医療者の管理・確認のもと投与してください。

いずれの用量でも内服は1日1回で、毎日同じタイミングで行うことが望ましいです。

アリセプトは、1日1回規則的であればどのタイミングでも内服可能ですが、患者の生活に合わせてタイミングを決めておくことが多いです。

内服し忘れた場合には、気付いたときにできるだけ早く内服するようにしましょう。ただし、内服するべきタイミングから12時間以上経過している場合には、その日の分はお休みしてください。次の日から本来のタイミングで内服を再開します。

過剰な内服は、重大な副作用につながる危険性があります。

必ず指示通りの量を、規則的に内服するようにしてください。

飲んだかどうか分からない場合には、過剰投与を避けるためにもその日の内服はお休みした方が安全です。

もし誤って多く内服した場合には、すぐに主治医や薬剤師に相談しましょう。

また、内服を中断すると体へ悪影響が出る可能性もあるので、医師の指示に従いましょう。


副作用

代表的な副作用として、食欲不振、吐き気・嘔吐、下痢などの消化器症状があります。

消化器症状は多くの場合、内服開始後や増量後に起こると言われています。軽度であれば、数日~1週間ほどで体が慣れて自然と治ることが多いです。

症状が強い場合には、整腸剤や吐き気止めなどが処方されることもありますが、重度の消化器症状が出ている場合には医師の判断に基づき、内服中止・減量を行われます。

その他にも、興奮やイライラ、落ち着きのなさ等の精神症状が出ることがあります。

またレビー小体型認知症の患者において、パーキンソン病のような手足のしびれや歩行障害等の症状が現れることもあります。

ごく稀ですが、除脈や不整脈、意識消失、消化管潰瘍、筋肉に障害が及ぶ「横紋筋融解症」などの重大な副作用も報告されています。

体の変化が現れていないか注意しておきましょう。


使用・併用禁忌

既往症に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、心疾患、気管支喘息、パーキンソン病などがある人は、必ず医師に伝え、内服する際には症状の増悪に注意してください。

薬の飲み合わせによって、体へ悪影響が出る場合があります。市販薬も含めて、現在内服・使用中の薬は医師に報告しましょう。

妊娠中の投与は、医師が必要かどうか慎重に判断したうえで行われます。

また、授乳中の場合には原則投与は避けますが、内服が必要な場合には断乳をします。


保管方法

アリセプトを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。

特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。

また、ピルカッターなどで割った錠剤は取り間違いの起こる可能性がございますので、アリセプトと判別がつくようなケースに入れておくことをおススメします。元々錠剤の入っていたシートの中に丁寧に戻し、そのシートごとフタつきの容器に入れて保管する方法もOKです。


個人輸入について

アリセプトの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。

メーカー・発送国

Eisai (エーザイ) / 発送国:シンガポール

内容量

100錠

有効成分

Donepezil(ドネペジル)10 mg

カスタマーレビュー

2 レビュー | 評価 3.5 / 5
星5つ 0%
星4つ 50.00%
星3つ 50.00%
星2つ 0%
星1つ 0%

70% のお客様が
この商品をオススメしています

アリセプト10mgの口コミ (2件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT