パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

アレグラ30mg(アレグラFXジュニア・小児用)10錠の口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

アレグラ30mg(アレグラFXジュニア・小児用)10錠

Sanofi Aventis (サノフィ・アベンティス)

本日7172人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 25pt

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

残り18個 ご注文はお早めに!

超有名な花粉症治療薬アレグラに子供用のアレグラ30mg登場です!久光製薬のアレグラFXジュニアと同じ、有効成分フェキソフェナジン塩酸塩を30mg含有しています。眠くならずにくしゃみや鼻水、目の痒み等のアレルギー症状を抑えることができます。

内容量:10錠/箱

剤形 :フィルムコーティング錠

有効成分:フェキソフェナジン塩酸塩(Fexofenadine)30mg

クレジットカードご利用でストアポイントが通常の2倍もらえます!

ベストケンコーならお買い物も安心!
まとめ買いが経済的!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
7箱 ¥540
(54円/錠)
¥3,780
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥696
(69.6円/錠)
¥3,480
3箱 ¥1,060
(106円/錠)
¥3,180
1箱 ¥2,580
(258円/錠)
¥2,580

同じ有効成分(フェキソフェナジン )を含む他の医薬品

商品詳細

アレグラ30mgは、サノフィ社が製造・販売している抗アレルギー薬です。 日本では病院からの処方だけでなく、市販薬として久光製薬からアレグラFXジュニアという販売名で販売もされています。 有効成分としてフェキソフェナジン塩酸塩を1錠に30mg含有しています。
フェキソフェナジン塩酸塩は、アレルギー症状の治療薬として、日本を含め世界100ヵ国以上の国で承認され販売されています。

アレグラ30mgを1日2回服用することで強力な抗アレルギー作用をあらわし、小中学生(7~14歳)の様々なアレルギー症状を抑えることができます。フェキソフェナジン塩酸塩は第2世代の抗ヒスタミン薬といわれています。 アレルギー症状の原因であるヒスタミンといわれる物質の作用を抑えることで抗アレルギー症状をあらわします。

その強力な抗アレルギー作用により、花粉症などのアレルギー性鼻炎だけでなく蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、湿疹・皮膚炎など皮膚のアレルギー症状にもアレグラ30mgは使用されています。また、花粉症などの季節性のアレルギー性鼻炎だけでなく、ダニやハウスダストなどで1年中アレルギー症状を起こす通年性のアレルギー性鼻炎にもアレグラ30mgは効果があります。

アレグラ30mgは脳内に移行しにくく、眠気の副作用が起こりにくいという特徴があります。ほとんどの抗アレルギー薬は、有効成分が脳内に移行して眠気の副作用を起こしてしまいます。その眠気の副作用があることから、子供の集中力が低下する、勉強に身が入らない、スポーツでのパフォーマンスが低下するという理由で花粉症のお薬を避ける人が多くいました。

しかし、アレグラ30mgは眠気の副作用を起こさない子供用の抗アレルギー薬なので、子供の能力を損なうことなく治療することができるのでおススメです。


日本国内での購入

アレグラ30mgは、日本の病院からも処方してもらうことが可能です。

日本の病院から、1箱10錠分のアレグラ30mgを処方してもらうのにかかるコストは、

病院の診察料や処方料
3,500~4,500円

アレグラ30mgの価格
1錠51.1円×10錠=約520円

合計約4,020~5,020円もかかります。

保険が適用されて3割負担になっても約1,210~1,510円もかかります。

市販薬として日本ではアレグラFXジュニアも薬局やドラッグストアで販売されており、1,600~2,000円で販売されています。

花粉症のお薬を日本で購入するとなると非常にコストがかかるケースが多いです。 そのため、安価で大量に花粉症のお薬を手に入れるには、個人輸入を利用するのがおススメです。


用法と用量

  • 通常、7歳以上12歳未満の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回30mg(1錠)を1日2回、12歳以上の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回60mgを1日2回服用してください。
    なお、症状により適宜増減してください。
    7歳未満の小児の方は、服用することができません。
  • 花粉症のためにアレグラ30mgを服用する際は、花粉症が流行する季節にあわせて、その直前の時期から服用を開始し、花粉の流行が終わる時期まで服用を続けることが推奨されています。
  • 効果が認められない場合には、漫然と長期にわたりアレグラ30mgを服用しないように注意してください。

副作用

アレグラ30mgは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用として、めまい、ねむけ、吐き気、胃腸炎、頭痛、腹痛、倦怠感、喘息憎悪等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、起こることは稀ですがショック、アナフィラキシー、肝機能障害、黄疸、無顆粒球症、白血球減少等が起こることが報告されています。
    これら以外にも、アレグラ30mgを服用して副作用が起こることが報告されています。
  • マイクロジノン21は、血栓症の副作用を起こしにくいといわれていますが、発症すると命にかかわることもあります。
  • 服用してなにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

使用禁忌・併用禁忌

アレグラ30mgは、安全性が高くほとんどの方が服用することができるため、禁忌はほとんど設定されていません。
飲み合わせの悪い医薬品もほとんどなく、安全に服用することができます。

しかし、過去にアレグラ30mgの成分に対して過敏症やアレルギー症状を起こしたことがある方は、再度服用することで過敏症を起こすおそれがあるため服用しないようにしてください。


保管方法

アレグラ30mgは、高温・多湿を避けて室温(1~30℃)で保管してください。
安全のため、子供の手の届かない場所に保管するようにしてください。



原稿作成:白鳥勇磨


個人輸入について

個人輸入は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り、輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら


お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。

カスタマーレビュー

9 レビュー | 評価 4.3 / 5
星5つ 44.44%
星4つ 44.44%
星3つ 11.11%
星2つ 0%
星1つ 0%

86% のお客様が
この商品をオススメしています

9件のカスタマーレビュー

click!!