パッケージは参考画像です。外観は製造国により写真と異なる場合があります。商品によっては簡易箱でお送りすることもございます。内容量は詳細をご確認くださいませ。

イクセル25mg (トレドミン)の口コミと、効果・副作用について医師、薬剤師による原稿で詳しく解説します。

イクセル25mg (トレドミン)

Pierre Fabre (ピエール・フェイバー)

本日1904人がチェックしました

獲得予定ストアポイント 37pt

ポイント還元率は1%~最大10%。 まとめ買いするとポイントアップ!  詳細

入荷待ち

イクセルはトレドミンのジェネリック薬で、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)と呼ばれる第4世代の抗うつ薬です。セロトニンは減少すると不安や焦燥感、落ち込みといった症状が現れ、ノルアドレナリンが減少すると意欲や気力などがなくなります。イクセルはセロトニンとノルアドレナリンの両方の濃度を高める作用により効果を発現します。また頭痛、腰痛、慢性疼痛などに効果があります。

内容量:28錠/箱

剤形 :カプセル剤

有効成分:Milnacipranhydrochloride(塩酸ミルナシプラン)25mg

クレジットカードご利用でストアポイントが通常の2倍もらえます!

ベストケンコーならお買い物も安心!
買えば買うほど安くなる!
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
5箱 ¥1,151
(41.1円/錠)
¥5,755
セット数 一箱あたり
販売価格 購入数
3箱 ¥1,533
(54.8円/錠)
¥4,599
1箱 ¥3,444
(123円/錠)
¥3,444

同じ有効成分(ミルナシプラン塩酸塩)を含む他の医薬品

イクセル25mgとは

イクセル25mgは、第4世代の抗うつ剤です。

従来品とは違い、ノルアドレナリン取り込み阻害作用があるため、うつ症状改善に高い効果があります。

鎮痛効果もあり、疼痛改善にも活用されます。

副作用が比較的少ないことが特徴です。

商品詳細

イクセル25mgは、SNRIと呼ばれる第4世代の抗うつ剤です。
SNRIとは、「セロトニン・ノルアドレナリン取り込み阻害薬」の略です。

脳内には、「セロトニン」と「ノルアドレナリン」という重要な神経伝達物質があります。
セロトニンには、心身の安定させる作用があり、人の精神面に大きな影響を与え、減少すると、精神が不安定になり、うつ病を発症しやすくなると言われています。

ノルアドレナリンには、やる気や意欲を引き出し、体の緊張を高める働きがあります。
SNRIは、この2つが吸収されることを阻害し、脳内のセロトニン・ノルアドレナリン濃度を高めます。それにより、気分の落ち込みやうつ状態を改善し、意欲ややる気を高めることができます。

ノルアドレナリン取り込み阻害作用は、第3世代の抗うつ剤・SSRIには含まれていませんでした。
第4世代の抗うつ剤であるイクセル25mgには、ノルアドレナリン取り込みを阻害する作用が配合され、中~高度のうつ病患者にも高い効果を発揮するようになっています。

またイクセル25mgは、慢性疼痛の改善にも効果があり、鎮痛のために使われる場合もあります。
イクセル25mgは、第1・第2世代の抗うつ剤と比較すると、うつ症状改善の効果が高く、副作用が少ないという特徴があります。

さらに、他の薬との相性も比較的良く、飲み合わせによって起こる副作用や相互作用が少ないと言われています。
これには、有効成分の塩酸ミルナシプランが腎排泄型であることが関係しています。

薬の成分が肝臓で代謝されないため、他の薬と一緒に飲んだ時に副作用や相互作用が起こりにくくなるのです。

使用方法

イクセル25mgの使用方法は、通常、成人では塩酸ミルナシプランとして1日25mgから始めます。
初期用量25mgから少しずつ増量していき、最終的に1日100㎎まで増やします。内服する量は、年齢や症状の程度によって適宜増減します。

高齢者の場合は、初期用量は成人と同じく25mgですが、1日60㎎までの増量にとどめます。

1日2~3回に分けて、食後に経口にて内服します。
服用し忘れた場合には、次の食後に通常通りの一回量を内服してください。
重大な副作用を引き起こす可能性があるため、1度に2回分の量を内服しないようにしましょう。

イクセル25mgの内服開始時や増量時には、普段よりも強く不安感や焦燥感、気持ちの高ぶり、怒りっぽさ、気分が落ち着かない等の症状が現れることがあります。
強く症状が出ている場合には、医師に相談してください。

イクセル25mgは、従来の抗うつ剤と比べて副作用が少なく、短期間で効果が現れやすいという特徴があります。
また、急に服用を止めた時の離脱症状も比較的少ないという報告もあります。
しかし、症状が改善したからと言って、急に薬を中断することは避けましょう。

服用を中止するときには、徐々に内服量を減らしていき、離脱症状や症状の再燃などが起こらないように務める必要があります。
自分自身が症状改善を自覚していても、薬を止めると揺り戻しが起こることがあります。
そのため6か月~2年、場合によってはそれ以上の期間、少量を内服し続けることをお勧めします。
自己判断で服用を中止・減量せず、必ず医師の指示を仰ぐようにしてください。

うつ症状の改善のためには、イクセル25mgの内服だけでなく、ストレスや過労などを減らすことも大切です。
長期間の治療を必要とするうつ病だからこそ周囲の方にも理解・協力してもらい、しっかりとした心身の休養が取れるようにしましょう。

副作用

イクセル25mgの副作用は、吐き気・嘔吐、頭痛、便秘、眠気、排尿障害、発疹・痒み等がありますが、従来の抗うつ剤と比較すると頻度が少なく程度も軽いと言われています。
また、動悸や血圧の上昇といったイクセル25mg独特の副作用が起こることもあります。

これには、イクセル25mgがこれまでの抗うつ剤とは異なり、ノルアドレナリンの取り込みを阻害する成分が配合されていることが関係しています。

取り込みが阻害されることで脳内のノルアドレナリン濃度が高まり、体が興奮状態になるため動悸や血圧の上昇などが現れます。

イクセル25mg内服による重い副作用の報告は、ほとんどありません。
しかし、稀に悪性症候群やセロトニン症候群を起こす可能性があります。

悪性症候群は、高熱、発汗、振戦、頻脈などの症状が特徴で放置すると命に関わる場合もあります。

また、セロトニン症候群は、発熱、不安、震え、体が勝手に動くなどの症状が現れます。
どちらも早期の対応が必要な副作用であるため、服用中は体の変化に注意しておきましょう。

使用・併用禁忌

前立腺疾患などで尿閉の症状がある患者は、症状が悪化する危険性があるため、イクセル25mgの服用は禁忌です。
また、排尿困難、眼内圧亢進・緑内障、肝障害、腎障害、てんかんなどの痙攣性疾患などの既往がある人は、慎重に使用する必要があるため医師に相談しましょう。

イクセル25mgは、MAO阻害薬(フェネルジン、トラニルシプロミン、イソカルボキサジド、塩酸セレギリン)との併用が禁止されています。
MAO阻害薬を使用した後は、2週間以上の間隔を空けてイクセル25mgを服用するようにしてください。

イクセル25mgは、小児への安全性は確立されていないため使用は避けましょう。

また、妊婦の場合は、イクセル25mgの有益性が危険性を上回る場合にのみとしてください。

授乳中は原則服用せず、やむを得ない場合には授乳を中止します。

保管方法

イクセル25mgを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。

また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。

特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。

また、ピルカッターなどで割った錠剤は取り間違いの起こる可能性がございますので、イクセル25mgと判別がつくようなケースに入れておくことをおススメします。

元々錠剤の入っていたシートの中に丁寧に戻し、そのシートごとフタつきの容器に入れて保管する方法もOKです。

個人輸入について

イクセル25mgの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。

郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

0件のカスタマーレビュー

click!!