本日597人がチェックしました
(0 件の口コミ)  |  口コミ・レビューを投稿する

イバビッド(イバブラジン)5mg

心拍調整によって冠動脈疾患や慢性心不全の予防や治療に期待!

有効成分:イバブラジン 5mg

ブランド Abbott (アボット)
獲得ポイント 78ポイント
在庫 95

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥8,169 ¥8,169 購入する
2箱 ¥6,762 ¥13,524 購入する
3箱 ¥5,908 ¥17,724 購入する
5箱 ¥5,519 ¥27,595 購入する

このようなお悩みの方に

  • 冠動脈疾患もしくはこれまでに冠動脈関連の診断を受けたことがある方
  • 心機能が低下しているために、これまでの薬が使用できない方
  • これまでの薬で期待した効果が得られなかった方

イバビッドの特徴・効果効能

イバビッド(イバブラジン)は、これまでの心拍数低下作用薬が抱えていた問題を改善し、冠動脈疾患、慢性心不全といった症状に対して効果を発揮する薬です。これまでの薬は、心拍数低下作用に合わせて、心臓収縮作用や血圧低下作用を有しているために、心停止の可能性がありました。そのため、心機能が低下している方への投与が難しいとされてきました。ですが有効成分に含まれるイバブラジンのおかげで、心臓においてその動きを制御する細胞に流れるIf電流を抑制することに成功しました。それにより心臓自体の動きを抑制することなく、心拍数を制御することが可能となりました。

心拍数の抑制が治療に効果的だとされている冠動脈疾患にはバビッド(イバブラジン)が有効です。冠動脈というのは、心筋に酸素や栄養素といった私たちの体に必要な要素を運ぶ血管です。その血管に血中のコレステロールが付着することを動脈硬化といい、どんどんその内部が細くなって血流の低下やそれに伴う胸の痛みが起こる状態を狭心症といいます。

イバビッド(イバブラジン)は特に安定狭心症の治療を助けるのに効果的だとされています。なお安定狭心症というのは、発作の頻度やその強さといった条件が毎回似ており、一定の条件を満たせば治るというものです。イバビッド(イバブラジン)はIf電流を阻害する効果から、心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患や心不全や不整脈といった循環器系疾患の予防や治療に対しても効果が期待されます。また、手術時に麻酔の効果で上昇した心拍数を一定の状態に抑える場合にも有用とされています。

効果的なイバビッドの使用方法

  • 使用量の目安
  • 冠動脈疾患の方 : 通常、推奨初期服用量として1回5mgを1日2回、食事中に経口服用してください。3〜4週間後には、症状に応じて1回7.5mgを1日2回に増量します。治療中に1分間の安静時心拍数が持続的に50を下回った場合、またはめまい、疲労感、低血圧などの徐脈の症状が現れた場合は1回2.5mgを1日2回服用まで減量してください。また心拍数が1分間50未満、または徐脈の症状が続くような場合は服用を中止してください。
  • 慢性心不全の方(安定心不全の場合のみ) : 通常、推奨初期服用量として1回5mgを1日2回、食事中に経口服用してください。2週間後、安静時心拍数が持続的に1分間60以上の場合は1回7.5mgを1日2回、また1分間の心拍数が50未満の場合、またはめまい、疲労感、低血圧などの徐脈の症状がある場合は1回2.5mgを1日2回服用します。心拍数が1分間50-60の場合は、服用量を変更する必要はありません。
  • 万一、7.5mgを1日2回または5mgを1日2回服用している人で、治療中に安静時心拍数が1分間50を持続して下回る場合、また徐脈にまつわる症状が現れる場合は、服用量を1段階下げてください。
  • また2.5mgを1日2回または5mgを1日2回服用している人で、安静時心拍数が1分間60を持続的に上回る場合は、服用量を1段階上げてください。
  • 引き続き、心拍数が1分間50を下回る、もしくは徐脈の症状が消失しない場合は服用を中止してください。
  • 上記の使用量は目安のため、実際の服用については医師の指示に基づき、適切な量を服用してください。
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
使用上の注意

以下に該当する方は、イバビッドの使用を控えてください。

  • イバビッド(イバブラジン)の副作用は不眠、めまい、徐脈、動機などです。これ以外に血中のクレアチニンや好酸球の増加が副作用として報告されていますので、血液検査の結果にも注意をしてください。
  • 妊婦や妊娠を考えている方、授乳中の方は服用ができません。心臓関連の疾患を抱えている人や不安がある人は、服用できない可能性がありますので必ず医師に申し出てください。
  • アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール等)、マクロライド系抗生物質(クラリスロマイシン、エリスロマイシン等)、HIVプロテアーゼ阻害薬(ネルフィナビル等)、ネファゾドなど強力なシトクロームP450 3A4阻害薬との併用もできません。
  • 上記をはじめとする副作用が見られた場合には、速やかに医師の診断を受けるようにしましょう。特にアレルギー反応が現れた場合には、即刻使用を中止し、医師の診断を受けてください。

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。


イバビッドと正しく付き合うためのポイント

イバビットを服用することによってあらわれる副次効果は、下記のようになります。

  • 心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患の予防や治療
  • 心不全や不整脈といった循環器系疾患の予防や治療
  • 麻酔時における心拍数の管理

個人輸入について

個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。
個人輸入について、詳しくはこちら

お申し込みの前に

ご利用に際して、必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したものであり、ベストケンコーでは一切の責任を負いかねます。ご使用に際しては、必ず医師など専門家にご相談ください。


※ 商品は、参考画像となります。在庫状況により同じ成分の他のメーカーの商品が配送されることがございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。

メーカー・発送国

Abbott (アボット) / 発送国:シンガポール

内容量

100 錠

有効成分

イバブラジン 5mg

カスタマーレビュー

レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

イバビッド(イバブラジン)5mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

この商品もいっしょに買われました!

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT