エルトシン(エリスロマイシン・エストレート)250mg

 本日1561人がチェックしました
(0 件の口コミ) | 口コミ・レビューを投稿する

様々な感染症に使われるエリスロマイシンのジェネリック

有効成分:エリスロマイシン 250mg


ブランド Ipca Laboratories Ltd. (アピカ・ラボトラリー)
獲得ポイント 27ポイント
在庫 残り22個 残り僅かです。ご注文はお早めに。

セット
1箱
あたり
販売
価格
 
1箱 ¥2,680 ¥2,680 購入する
2箱 ¥1,540 ¥3,080 購入する
3箱 ¥1,193 ¥3,579 購入する
5箱 ¥836 ¥4,180 購入する
同じ有効成分(エリスロマイシン・エストレート)を含む他の医薬品

エルトシン(エリスロマイシン・エストレート)とは

マクロライド系抗生物質のなかではもっとも古くから使用され、長い使用実績があります。

咽頭炎、副鼻腔炎、膀胱炎などの感染症の他、梅毒や淋病、クラミジアなどの性感染症の治療に用いられる場合もあります。


商品詳細・効果

エルトシンはエリスロマイシンのジェネリック医薬品です。エルトシンはマクロライド系抗生物質です。

国内のエリスロマイシンは1錠に200mgのエリスロマイシンを含む規格です。このエルトシンは、国内のエリスロマイシンよりも1錠に含まれる成分の量が多いため、摂取量にはご注意ください。

エルトシンはマクロライド系と呼ばれる抗生物質です。マクロライド系抗生物質にはエリスロマイシンの他に、クラリスロマイシン、アジスロマイシンなどの抗生物質があります。

3種類のなかではエルトシン(エリスロマイシン)が最も開発が古く、新しいマクロライド系抗生剤が開発されるにつれて使用される機会が減りつつありますが、長い期間使われてきた実績があります。

他のマクロライド系にくらべると、薬剤が作用する時間が短い薬剤になります。そのため短期間だけ薬剤の効果が欲しい場合に適しています。

細菌による感染症がおきたり悪化するのは、ヒトの体内に侵入した細菌が体内で増殖してしまうからです。薬を服用する事で細菌を殺すのですが、この時に困るのが、細菌もごく小さいながらヒトと同じように細胞やDNAを持つ生物である事です。

そのためヒトの細胞は殺さず細菌の細胞だけに作用する薬剤にするためには、何か仕組みが必要です。

マクロライド系抗生物質は、細菌の細胞のなかのリボソームという器官に作用する事で細菌の増殖を抑えます。細胞にあるリボソームはタンパク質の合成を行う器官です。このリボソームはヒトと細菌では大きさが異なっています。

この性質を利用して、マクロライド系抗生物質は細胞のリボソームのみを攻撃します。とくにマクロライド系には、リボソームの中でも50sと呼ばれるリボソームに働きかけ細菌の増殖を妨げる、という薬剤の特長があります。


使用方法

エリスロマイシンは様々な感染症の治療に使われる抗生剤です。

エリスロマイシンが適応となる感染症はとても多いのですが、その中でも一般的なものや、よく遭遇する感染症を列記すると皮膚感染症、怪我や火傷の後の二次感染、咽頭、喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、マイコプラズマ肺炎、膀胱炎、腎盂腎炎、尿道炎、麦粒腫、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、淋病感染症、梅毒、子宮内感染、ジフテリア、百日咳、破傷風などの感染に適応があり、治療に使用されています。

また、エリスロマイシンはマクロライド系と呼ばれるグループの抗生物質ですが、このマクロライド系の特長として、リケッチア、クラミジア、マイコプラズマなどの感染にも効果を持っています。

これらの菌類や感染症に対して、成人にはエリスロマイシンとして1日合計800~1200mgを4~6回に分けて、規則正しく服用します。

このエルトシンは1錠当たり250mgのエリスロマイシンを含有しています。1回1錠を1日4回服用する場合には、エリスロマイシンの1日合計は1000㎎になります。

1日4回以上に服用回数を増やす場合には、ピルカッターなどで錠剤をカットし、1日合計で4錠と5分の4錠以上は服用しないようにご注意ください。

エリスロマイシンは小児の感染症にも使用されますが、小児の服用量は服用する子供の体重によって細かく変わるため、大人と同じ用量は服用できません。小児の服用の際には医師または薬剤師にご相談ください。

エリスロマイシンの服用は治療上必要な最低限の期間のみとしてください。これは長期間に漫然と服用を続ける事で、感染した菌類が突然変異で進化し、体内にエリスロマイシンに耐性をもつ菌が出現するリスクを減らすためです。

また、抗生剤は服用する事で体内の有用な菌類も同時に減らしてしまう事があります。

有用な腸内細菌まで減少し、エリスロマイシンでは倒す事のできない腸内細菌ばかりが増加してしまう、菌交代という現象が腸内で起こる場合があります。この症状が重症になると偽膜性大腸炎という重い症状がおこる場合もあります。

水の様な酷い下痢がいつまでも続く、発熱がおこるなどの症状がおこった場合にはエリスロマイシンの服用を中止し、医療機関を受診してください。

また、腸内の環境を保つために、エリスロマイシンの服用は治療に必要なできるだけ短い期間とし、服用を終えた後は乳酸菌(ヨーグルトやサプリメントなど)などの有用な腸内細菌を積極的に摂取し、腸内環境を回復させる事もおすすめです。


副作用

エルトシンは使用する事で偽膜性大腸炎、発疹、食欲不振、悪心、嘔吐、胃痛、下痢、胃部不快感、便秘、腹部痙攣などの副作用がおこる場合があります。このような症状のある場合には使用を中止し、医療機関を受診してください。

また服用中や服用後は体調に留意し、気になる体調の変化があった場合には医師にご相談ください。


使用・併用禁忌

エリスロマイシンに対して過去に過敏性の症状のあった方や、エルゴタミン製剤、ピモジド、アスナプレビルを服用中の方は、重大な副作用の危険があるためを服用する事が出来ませんのでご注意ください。

服用中の薬剤のある方、治療中の疾患のある方のご使用は医師にご確認ください。


保管方法

エルトシンを保管するときは、直射日光・高温多湿を避け、涼しい場所においてください。また、お子様が誤って服用しないように、手の届かない高い場所や鍵のついた棚に保管してください。

特に、梅雨時期は湿度が高まり、錠剤・カプセル剤・散剤は水分を吸収して変化を起こしやすいので、できるだけフタのついている缶などに乾燥剤を入れて保管してください。

また、ピルカッターなどで割った錠剤は取り間違いの起こる可能性がございますので、エルトシンと判別がつくようなケースに入れておくことをおススメします。元々錠剤の入っていたシートの中に丁寧に戻し、そのシートごとフタつきの容器に入れて保管する方法もOKです。


個人輸入について

エルトシンの個人輸入は法律で認められています。医薬品は、医師の診察・処方箋がなくても、個人での使用に限り海外からの輸入が厚生労働省により認められています。

なお、個人輸入には、面倒な通関手続きは必要ありません。国内の通信販売と同じように、商品の到着をお待ちいただくのみです。個人輸入について、詳しくはこちらをご覧ください。


郵便局留め対応・中身のわからない梱包

ベストケンコーは、お客様のプライバシーや匿名性を尊重しております。お届けする外箱に商品名の記載は一切ありません。

また、ご自宅でのお受け取りを避けたい場合、郵便局でのお受け取りをご指定いただける「局留め」に対応しております。「局留め」ご利用の場合は、お届け先住所に【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Ipca Laboratories Ltd. (アピカ・ラボトラリー) / 発送国:シンガポール

内容量

1箱 30錠入り

有効成分

エリスロマイシン 250mg

カスタマーレビュー

0 レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

エルトシン(エリスロマイシン・エストレート)250mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open

1箱無料キャンペーン対象商品


ALSO BOUGHT